月別アーカイブ  [ 2014年04月 ] 

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

▼▼ Head Line ▼▼

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

娘にエロゲの名前つけたのが嫁にばれたw

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/05(水) 11:42:07.29 ID:Gv0Doadv0
昨日仕事から帰ったらキーボードの上に隠してたエロゲの箱が置いてあった。

加奈 -妹-

最初はごまかそうとしたが、
嫁は完全にエロゲから名前を取ったと決め付けてるし、
事実そうなのでごまかせず。
その後は加奈がいかにいい子かを力説するも通じず。
今日帰ったら両家の両親を加えての話し合いが待っている。




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/05(水) 11:43:16.52 ID:/xVCuqJj0
それなんてエロゲ?





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/05(水) 11:44:18.33 ID:t4h95R210
加奈ちゃんカワイソス
スポンサーサイト
[ 2014年04月30日 19:30 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

私が池沼と付き合ってた時の話をしていく




18:名も無き被検体774号+:2011/11/21(月) 15:59:09.22 ID:g/MtPCruO

スレ立てた者です

すみません、邪魔する人が出てきてたので
落ち着いたみたいだから書きます

高校のクラス替えがあってからは毎日楽しくやってました

クラスには知的障害者が一人いて
みんなからイジメというか無視されたり避けられたりしてました

名字が大池だったので池沼とか冷やかしで池メンくんとか呼ばれたりしてました
[ 2014年04月27日 15:40 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

姉の閲覧履歴におぞましいもの発見した・・・・・・・・・・

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 02:28:44 ID:x/ChIPnN0
立ったら書く





2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/10 02:29:06 ID:4XEvX7aF0
期待上げ

[ 2014年04月27日 14:48 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

月「ニューゲーム・・・?」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/21(土) 19:44:50.20 :p4wkBik00

月(ここはどこだ・・・?)

月(教室・・・高校で授業を受けているようだが)

月(僕はリュークに名前を書かれて死んだんじゃなかったのか?)

月(!?校庭にノートが落ちたぞ・・・)

月(黒いノート・・・デスノートか?)




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/21(土) 19:47:35.67 :p4wkBik00

~放課後~

月「授業内容は・・・確かにあの日と同じものだった」

月「そして!目の前にデスノートが落ちている!」

月「今日があの日なのは間違いなさそうだ・・・いやしかし・・・」

月「くっ・・・とりあえず家に帰ろう」
[ 2014年04月27日 14:29 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

Pizza Pizza PIZZAEGIS!!






─────── 7月8日… 朝…。






                                               \
                                                 \
                              ┼┼ ヽ ,    ───────  ○  ───
                               ノ   /             /    、
                                      ┼┼ ヽ ,     /  / | γ⌒ヽ
                                r´⌒ヽ.     ノ   /  /   /  |(   ⌒
                      , ⌒ヽ    γ⌒  ⌒ヽ        /    / ,'⌒
 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ      ⌒ヽ⌒ヽ、 /     γ'⌒
 |     | ll                         |             )      (⌒
 |    し  ~~~~~~~ ー┼__      |ヽ, '⌒         ヽ- 、 γ⌒
 廴____________ /|  )___ ノ
   l  .!.    .‐.~   `'|   ┛
  _l_l_    ,':..     :|.._  |`'‐
 .  l| |¬` ー-_ノ:::::::... ......::::| . l ┛.:::i._
  [ll| |ll]_ ,;'" .、::::::::::::::::....| : l=.| ..:::: :;')  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   | |l'   !:::::::::::;;;;;.... 、..::::| ' l | :::: _ノ.   |     | ll                         |
   | | . _~ー、_:::::::::;;;\、 :| ; l | ,;'"     |    し  ~~~~~~~ ー┼__      |
   | |./|    ~ゝ:::::;;='、_:| : l=.|─┬─┬廴____________ /|  )___ ノ
   | | |     l、...:::::::::.. !|__」゙..|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   | | |      ^ー-、::. |   |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   | | |           '~l_____.|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   | | |   _,r-‐(⌒`ヽー-|l l l l|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   | | |  ,ソ;;::: ゝ;;::::::::::: |l l l l|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
   | | 、!_ .{`:: . ノ_;;::::::::::. . |_ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
       L;_::  ノ;;;::: .   l文|. |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
          ~ ー 、_i ::... | ̄ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
                 ヽ.,._|_  |─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴

                "" ^"~

[ 2014年04月26日 12:55 ] カテゴリ:やる夫舞浜シリーズ | TB(0) | CM(0)

Bunnies on the Moon



──────── ?????








:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::、:::─:-:″:′::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-"::′″″;;;;;;;;;;;;;;::;;:::::::;;:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/:: 丶ミゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::δ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::: ヾ″°;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::;;;;;;;::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-::::″ゞ;;;;;;;;;;;;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::/′°″丶;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヾ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;″"::ゞ ′;;;;;;;;;;;:::::     ::::::::::;;;::::::;;;;;;;;;;:
:::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::;:::ヾ ″′ ;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::     :;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::":: :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::;;    :::::::;;;::::::::::″
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: :::::::: ;    :::::;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::       :::;ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::         ゞ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ::: :::



[ 2014年04月26日 11:49 ] カテゴリ:やる夫舞浜シリーズ | TB(0) | CM(0)

めがねの恩返し



─────── 七夕…













. . .: .  .  . : :  . ゜ '  ; ゜ ; . * . .  , . .゚ . , ' . :. . .: .  .
  ゚., ' . . '    .: : :.゜  ゜. , ; ' .. . .;   。'.    * . . .: : . . .; ' .
。  . ' .   '  :  : : :.゜  .. ' ., ' . . '    .: : :.゜  ゜・。  ゜.゜: ,. . +
  .  ,.゚  .  ゚ ゚  + , . ゚., ' . . '    .: : :.゜ .: :・  ゚., ' . . '゚., ' . . '
 ゚ . ,  ' . . .  '   * . . .: : .゜  ・ ゜ .゜ ;. ... ' . . '  。 ゚ . ,  '
  ゚., ' . . '    .: : ゚  + , .. ; , ,・ ;,  ,. .  , . .゚ . , ' .  .: : :., '   ゚., '
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。            。 
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'         .  '     
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。         .            。        +      ゜   。    
。         +       。     *  .          ゜      ゜    。        
   ゚   ,;    。   .          +      。  .     '
     。          ,;   '   ゜                     o     ゚      ゚


        __  _     __   ,_     __     __  _
   .  __ |ロロ|/  \ __ |ロロ|/  \ __ |ロロ| __..|ロロ|/  \
   _|田|_|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_|田|.|ロロ|_|田|.|ロロ|_| ロロ|_
   .........................................................................................................................................



[ 2014年04月25日 18:09 ] カテゴリ:やる夫舞浜シリーズ | TB(0) | CM(0)

めがねとまつり




─────── 同時刻…






  |.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:....~"'''‐- ...,,,_..:. .. .:. : :;;;;;i| |: : :: :. :. : :. .:. :. : :. .:. :  .  . i             i
  |.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:..:. .:..::....~"'''‐- |iiiii|}={}-o: :. :. : :. .:. :. : :. .:. :  .  . ',           ,'
  |.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:..:. .:.:. .:.: .:. :: : : :|,i,i,i|];;}~"'''‐- ...,,,_.:. :. : :. ;;;;  : .   . .'、          .'
 ̄i.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: :: :. .:.: : : :: : : : : | |: : :. :. :: : :. .~"'''‐- ...,,,_| |;}:  .  .  .` 、     ,. '
文|.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: .:.:. .:.: .:.: :: : : : : | |: : :: :. :. : :. .:. :. : : [];;{}‐- ...,,,_.   .,, "''''''"
_i.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: :: :. .:.: : : :: : : : : | |: : :: :. :. : :. .:. :. : :. :| |: :: .:. : : ::~"''||‐- ...,,,_
.:.::}.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: :: :. .:.: : : :: : : : : | |: : :: :. :. : :. .:. :. : :. :| |:: :  .     ||:: : .
;;;;;}.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:.:: :: :. .:.: : : :: : : : : | |: : :: :. :. : :. .:.: :. ... ._,,,,...| |-‐'''"""~~" ||''ー- .,
  |''‐- ...,,,___,.、-ー'''"~~""''ー- .,_,. --ー'| |~~"' ,_,,,... -‐'''"~    | |        ||
  |                     ' .,,_  {;;;;}     ~"'ー-、..,,,_    | |        ||
  |.:.:: .:.: .:. :: :: :: :: : :: : :: :: :: : : :: : : : :{;;;;} : : : : : : :  :   |_|: .       ||
  |.::::::.:. .:.:::.:. .:.::.:. .:..:.: .:..:. .:.:: .:.: .:. :: : : : : | |: : :. :. :. : :. .:. :. : :. :|_|:. :  .     ||
  | i田l`i  i;;i|Ⅲ|~"i   [LL]`;-;illi`i  | |   /~|''i`lli  {「「]`i | |      i~||田llii;;}
  |"~'~~""~'"~'"~'"~'"'~`'"~'"~`'~`~~'~"'~| |~"'~"'~`~""`'~"~"~`'"`| |"'~`"''""`''"||"~' ~ ` " '
,__,i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,....................    ----------─────'''''''''''''''''''''""""""""~~~~~~~~~ ̄
                                                 _,,...-‐''"~
                                           _,,...-‐''"~

[ 2014年04月25日 17:57 ] カテゴリ:やる夫舞浜シリーズ | TB(0) | CM(0)

カツラずらして部下に説教するの楽し過ぎワロタwww

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 00:12:49.13 ID:RoX077710

「お前の頑張りはズレてるんだよ!」
と言ったときの部下の顔wwww


[ 2014年04月24日 14:48 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

俺の上司が定年だから、プレゼント渡したら泣かれたwwwww

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/12/14(土) 22:46:09.00 ID:d3uzOF220
毎日、1000円も飯おごってもらってたwww
上司と仲いいの、今年入社した俺だけwwww
百均で買った置物wwwwwwプレゼントしたら、大泣きwwwwww
俺が死んだらお前に全部やるってwwwwww
うはwwwwwwww






5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/12/14(土) 22:48:02.21 ID:bGbDNW310
無慈悲すぎワロタ
[ 2014年04月23日 15:00 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

コナン「博士、もう止めにしようぜ」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/21(火) 23:15:47.13 ID:jO0XlYmr0
博士「なんのことじゃ?」

コナン「こっちはとっくに気づいてるんだよ」

博士「・・・・・・・?」

コナン「阿笠博士が・・・いや、コードネームアガサが」

コナン「黒の組織の黒幕だってことはな」

博士「な、なにを言っとるんじゃ・・・」

コナン「最初から分かってたんだぜ?」

博士「・・・・いつからじゃ」

コナン「最初からだよ」

博士「・・・・・・・・」

コナン「アンタが俺と出会った時からだ」

[ 2014年04月23日 03:39 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

コナン「警察まで敵に回してしまった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/04/20(土) 21:50:11.49 ID:skCnRBog0
本庁

目暮「本日、政府からの命令で正式に決まった」

高木「そうですか……」

佐藤「となると、あの件は」

目暮「これ以上、殺人事件の増加を食い止めるには」

目暮「命令どおり毛利君たちを暗殺するしかないようだ」

千葉「そ、そんな……」
[ 2014年04月23日 03:28 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

一年前の今日、震災の日に女の子と出会った話

1:名も無き被検体774号+:2012/03/11(日) 18:35:27.73 ID:MC/VE22j0

書き溜めてないです。
だれかに聞いてもらいたくてスレたてました

のんびり聞いてくれるとうれしいです



3:名も無き被検体774号+:2012/03/11(日) 18:39:58.80 ID:kQZIh4K00
聞こうじゃまいか


[ 2014年04月18日 20:56 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

求人広告「奇声をあげて威嚇するだけの簡単なお仕事です」

1:名も無き被検体774号+:2012/02/13(月) 20:12:58.03 ID:9YZzFpZv0

求人広告「奇声をあげて威嚇するだけの簡単なお仕事です」

社名:ショッカー
職種:世界征服
待遇:一般職・月収14万~(幹部登用制度あり) 総合職・月収70万~
必要資格:無し(ただし経験者優遇)
募集人数:若干名
※世界征服を目指す悪の組織です! 明るく元気な職場が、アナタのやる気を待ってます!
採用:簡単な筆記試験と集団面接

先輩社員からのメッセージ
5年目・企画部 Aさん
昔から悪の組織に憧れていたので、業界最大手であるショッカーを選びました。
若手とベテラン社員が壁がなく、風とおしのいい社風です。
私の所属する営業部は怪人となって作戦を実行するいわば前線チームです。私がこれまで参加したプロジェクトでは貯水池へ毒を(略




ニート「うーん。なんかわからないけど、とりあえず面接受けてみるか、カーチャンがうるさいしな」
[ 2014年04月18日 19:31 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

カンボジアで少女抱いた話する。

1:名も無き被検体774号+:2012/01/08(日) 13:22:11.97 ID:dS17mNN40
立ったらね。




2:名も無き被検体774号+:2012/01/08(日) 13:22:38.36 ID:dS17mNN40
あ、立った。




4:名も無き被検体774号+:2012/01/08(日) 13:26:01.35 ID:dS17mNN40
3年前、アンコールワットを見たくて一人でカンボジアに旅行に行った。
シアンコールワットとアンコールトムを一日かけて歩き回り、
その日の夜は繁華街に繰り出した。
白人の観光客や、現地人で繁華街はあふれかえっていた。
[ 2014年04月17日 18:39 ] カテゴリ:長編スレ | TB(0) | CM(0)

パチンコでエリートから人生詰んだ話

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 22:39:49.28 ID:Wulfk0jL0
立ったら書く




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 22:40:28.59 ID:Wulfk0jL0
たったみたいだ。iPhoneだからどうしても遅くなるがマターリ聞いて行ってくれ




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 22:41:19.93 ID:Wulfk0jL0
俺のスペックは27歳元リア充非童貞だ。




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/11(土) 22:41:53.84 ID:78HcKpqWO
聞こう
[ 2014年04月17日 18:17 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

とんでもない変態がいたwwwwwwwwww

1:名も無き被検体774号+:2012/02/13(月) 22:46:42.26 ID:/5EmVFka0
立ったら書く


2:名も無き被検体774号+:2012/02/13(月) 22:47:22.27 ID:6T+n3DaI0
おまわりさんここです

4:名も無き被検体774号+:2012/02/13(月) 22:48:09.17 ID:UMYlQ/1OO
数日後、そこには取調室で泣いている1がいるのであった
[ 2014年04月17日 17:58 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

接客めんどくさいからボイスレコーダー導入したら店長にキレられた

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/03(木) 05:33:44.39 ID:ukdqsdXK0
客「じゃあ1000円からで」

俺「はい、300円」 ポチッ

レコーダー「のお釣りと、レシートのお返しになります。
      お確かめくださいませ。またのご来店お待ちしております~♪」


なにがあかんの
店内アナウンスも録音を延々流してるだけじゃん
[ 2014年04月17日 17:25 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

コナン「何だ?こんな所にチ○コが落ちてる」阿笠博士「ワシじゃよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/18(月) 19:51:38.70 ID:zVmekyKV0
コナン「博士!?」

阿笠博士「お前を元の姿に戻す薬を開発したつもりがチ○コになってしまう薬を開発してしまった…」

コナン「そんな…!」

阿笠博士「もうワシは自力では満足に動ける事もできん…」

コナン「弱気になるなよ博士!現実を受け入れてチ○コとして生きていくしかない!」

阿笠博士「………」

コナン「俺が協力するからさ。まずは元太の肛門に入ってみないか?」

阿笠博士「お前がそこまで言うなら…」
[ 2014年04月17日 17:11 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

「ドラえもん、振りかぶって、投げ・・・ない!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/15(土) 12:44:21.87 ID:IR5FDLU30
2312ee1f

ボークドラえもんです



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/15(土) 12:44:59.28 ID:70ZSalfm0
???????????????????????

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/15(土) 12:45:17.63 ID:hYE4OskC0
俺は笑ったよ

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/15(土) 12:46:19.83 ID:dZCdJecLO
ワロタ
[ 2014年04月17日 16:55 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(0)

500mlペットボトルのコーラを4ヶ月ほぼ毎朝飲んだ結果www

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 15:02:29.67 ID:uAhtJ/P50


リハビリを含めて3ヵ月入院したお。
身体に障害が残ったお・・・
もうコーラは懲り懲りだお・・・

毎日コーラを飲んでる人は要注意だお・・・



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 15:03:11.54 ID:XUwcD1X30
そんな奴ざらにいそうだが

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/12(金) 15:03:32.66 ID:SCaOw4Uz0
こーらいかんね
[ 2014年04月17日 16:35 ] カテゴリ:単発スレ | TB(0) | CM(1)

娘「セックーー」男「いわせねーよ!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:31:31.61 ID:DqR+DxUQ0

男「最近まで蝉がうるさいだとか、死ぬほど暑いだとか思ってたけど、もうすっかり肌寒いな。十月の終わりってこんなに寒かったっけ?」

 毎年経験しているはずなのに、季節の変わり目はいつも新鮮だ。寒空とはまだ言えないが、しかし両手をポケットに突っ込みたくなるぐらいにはしっかり寒い。

男「あー寒い。こんな時は恋人と手でもつなぎたいなー。なんて」
 
 恋人が居たことなんてないけど。だからこそそう思った。上京してからというもの、何故か時より人恋しい。今までそんな事無かったのに。
[ 2014年04月16日 21:15 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

王様「お前には辺境村の再興を頼む」隊長「なにそれこわい」その2

440:オクラトウフ復興委員会 ◆fSfU0o85Qo:2011/11/23(水) 16:10:14.06 ID:PLhX38iL0

こんなよびかた あんなよびかた そんなのひとのかって >>1はハチビって呼んでるけどまあなんでもいいんじゃない


エルフ長「本当はキサマら蛮族の力なぞ借りたくないが仕方ない」ハァ

妖精「相手はそんなに強いの」

エルフ長「……まあな」

妖精「ところで隊長はどこに行ったの?」キョロキョロ


幼エルフ「なんでにんげんがここにいるのー!?」

隊長「女王様に泣きつかれちゃってね」

幼エルフ2「うそつけー!! ニンゲンとエルフははなさないってカーチャンがいってたんだからな!!」

隊長「バレたか 実は俺は……お前たちエルフを食べに着たんだー!!」ガオー

幼エルフ「きゃーーーっ!!」

エルフ長「やめんか」パシンッ

隊長「いたっ!?」バタン

エルフ長「子供相手になにをしているんだ まさに蛮族だな」

幼エルフ「お姉ちゃんありがとー!!」

エルフ長「当然のことをしたまでだ」フン
[ 2014年04月16日 15:54 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

王様「お前には辺境村の再興を頼む」隊長「なにそれこわい」その1

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/07(月) 19:25:19.07 ID:XJyH3XPk0

王様「最近魔王軍との交戦が激しくなっておるのは知っておるじゃろ」

隊長「……まあ」

王様「勇者がおるとはいえ 油断は出来ぬ状況じゃ」

隊長「それもわかりますけど」

王様「だから辺境村にお主を送り あそこの土地を守って欲しいのじゃ」

王様「出来たら村の再興もお願いしたい」

隊長「わかりました 頑張ってきます」

王様「これは心ばかりの餞別じゃ」


隊長は50Gを受け取った
[ 2014年04月16日 14:45 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

勇者「お前が勇者をやってみろ」魔王「どうしてそうなる?」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 00:36:39.89 ID:wqn4CCQG0
勇者「どうしてだと? お前のような自己中がいるせいで一番迷惑している人間が俺だからだ」

魔王「ほう・・・・・・」

勇者「モンスターを人間の住む村や町に送り人を殺せば、棺桶屋だけじゃなく俺の仕事が増える。
   これくらい言う権利はあるだろう」

魔王「権利はあるだろうが、それがなぜ我が勇者をやらねばならん事と直結するのだ」

勇者「理由はいろいろあるが、極論を言えば・・・・・・いいかげん疲れたからだよ」

魔王「疲れただと? 貴様、それでも人類の希望を背負った勇者か?」

勇者「そこだよ、問題は」

魔王「何?」

勇者「歴代の勇者がどうだったかは知らないが、俺は神様だか精霊だかの勝手なお告げのおかげで
   ある日突然勇者に抜擢されたんだ。 剣も、槍でさえもったことのない俺がな。
   翌日からは修行修行また修行。 青春を感じる暇もなくモンスター退治の日々だ」

魔王「そういう事なら我にだって言い分はあるぞ。 歴代魔王がどうであったかは知らぬが、
   先代が勇者に破れて以来、モンスター達は大人しく暮らしていた。
   それを貴様ら人間が残党狩りよろしく異形だからと、相容れないからという理由で殺しまくったから、
   別にそんな気もなかった我が無理やり担ぎ出されたのだ」

勇者「各国の宝剣、宝玉、宝石に太古の文献や装飾品を片っ端から奪い去っていく癖に、そんな気はなかっただと?」

魔王「そんな気がなかろうと、それらしい所を見せておかねば周りが納得せんのだ。 これでも我は魔界の統治者だからな」

勇者「私情は一切ないと?」

魔王「言うなれば、それが唯一の私情だ。 我は欲しいと思ったものは必ず手に入れる」
[ 2014年04月15日 15:59 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

魔王「……来ちゃったっ」勇者「えっ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/01(金) 22:11:41.30 IID:RoJ7kE/N0
魔王「へへ」

勇者「いや……えっ?」

魔王「……どうしたの?」

勇者「ど、どうしたのって……ま、まさか」

魔王「何?」

勇者「ま、まままま、まお、まま、まお、魔王!?」

魔王「……そうだけど?」

勇者「えええええええええっ!?」

魔王「あれ? まずかった?」

勇者「ま、まずいも何もこれから旅立つところなんですけどー!?」

魔王「だよね、始まりの町だもんね、ここ」

勇者「えぇぇ……」
[ 2014年04月15日 15:05 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

勇者「魔王死ななきゃ俺不死身じゃね?」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟県):2012/06/29(金) 20:48:38.13 :IYjLLkqe0

―魔王城・王室―


ザシュッ!

魔王「ぐっ、しまった……!?」ヨロッ

勇者「弱いな……。拍子抜けだぞ魔王」

勇者「お前を倒すためだけに戦い続けて、やっとここまで来たってのにさ」

魔王「なめるな……!」ブンッ

勇者「……」ヒョイ

勇者(このままこいつを倒したら、俺はもう普通の人間に戻るのか)




2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(新潟県):2012/06/29(金) 20:53:47.19 :IYjLLkqe0

勇者(魔王を倒した後は、……また戦いに駆り出されるんだろうか)

勇者(…………俺は)

勇者(俺は、魔王を倒して何になるんだ?)

魔王「どうした、勇者……! まだ、勝負は終わってないっ……!」

勇者(今までなら、少なくとも一人で自由に暮らしてきた。だけど、魔王を倒したら最後、騎士になって、王の下で延々と働かされるだけ)

勇者(そんなの、魔王を倒さない方がいいじゃないか)

勇者(……俺、勇者になってから、何かいいことあったかよ?)

勇者(せいぜい、神の加護で何度殺されても生き返れたことと、歳をとらなかったこと……)

勇者(ん?)

魔王「…………?」
[ 2014年04月15日 14:19 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

僧侶「ひのきのぼう……?」その2

420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/27(火) 03:19:40.91 ID:UW5dTRYB0
――――――――――――――――――――

【魔王城・B1F】

僧侶「いてて……」

僧侶(やっと揺れが収まった……)

僧侶(それにしてもよく助かったなぁ、僕。持ち物も全部無事だったし)

僧侶(途中で放り出されて、あちこち振り回されて、転がって……)

僧侶(あ、でも、まだ助かったわけじゃないか)

僧侶(あっちこっち瓦礫の山で道が塞がってる。もうこの城からは出られないかも……)

僧侶(勇者たちは、ちゃんと脱出できたかな)

僧侶(そうだ、勇者は魔王を倒したんだった!)

僧侶(良かったなぁ、ホントに良かった。勇者は、見事平和な世の中を取り戻したんだよ)

僧侶(それに比べて僕はダメだなあ)

僧侶(ここまで駆けつけときながら、結局何の役にも立てずに右往左往だよ)

僧侶「よっと」 パッ パッ

僧侶「とにかく、出口を探さなきゃ」 ――
[ 2014年04月15日 01:58 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(1)

僧侶「ひのきのぼう……?」その1

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/26(月) 21:55:30.53 ID:UW5dTRYB0
戦士♂「そうだ。お前は『ひのきのぼう』だ」

商人♂「ガハハ、そりゃいい例えですな!」

僧侶♂「どういうこと?」

戦士「口に出さねば分からないか。はっきり言って、お前にはこの旅は荷が重過ぎる」

戦士「今まで大目に見てやったが、お前は勇者と違い、能力的には平凡な小僧だ」

戦士「貧弱で力はない、頭の回転は鈍い、攻撃呪文は弱い。ヒノキの棒のように役に立たんということだ」

戦士「回復呪文、一部の補助呪文だけが取り得だったが、それももう用済みになった」

僧侶「用済み?」

賢者♂「私がこのパーティーに入ることになりました」

僧侶「えっ? あなたは?」

賢者「はじめまして、賢者です」

賢者「私は強力な攻撃呪文・補助呪文に加え、あなたの使用できる呪文もすべて習得しています」

賢者「私があなたに代わって勇者様を支え、打倒魔王を為す一助となります」

戦士「そういうことだ」

僧侶「……そっかぁ……」
[ 2014年04月15日 01:26 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)

魔王「どうか、***」

1 :おつかい ◆5G.VrtfN/g:2010/01/05(火) 23:14:12 ID:SADUfMuw
僭越ながら、再び場所をお借りします!

このSSは、魔王「今日も平和だ飯がうまい」及び、魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」の過去編となっています。
前作二つを読まずとも楽しめる。または、読めば細かい点が繋がり、楽しめるようなものを目指すつもりです。
考えながら書くため今回もゆっくり目の進行となりますが、またのんびりお付き合い下さると嬉しいです。




2 :おつかい ◆5G.VrtfN/g:2010/01/05(火) 23:15:34 ID:SADUfMuw
魔王城─

魔王「話はそれで終わりか?」
息子「……」
魔王「私に意見するつもりならば、もう少し出来た物を持って来るがいい」
息子「……そう、ですか。休むおつもりは、ないと」
魔王「くどい。今進撃を止めて、利になる点は一つもない」
息子「分かりました……失礼します」
魔王「ああ」


息子「はあ……」
息子(父上は相変わらず、か)
息子(このようなことを続けていて、何になると言うのだろうか)
息子(悪戯に人間共の領土を侵略し、無益な戦いを引き起こす)
息子(人間がいくら減ろうと私は構わない。だが、それが魔物となれば話は違う)
息子(最早魔物の誰一人として、戦いを望んではいない。皆、疲れ果ててしまったと言うのに……)
[ 2014年04月14日 17:22 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。