▼▼ Head Line ▼▼

傑作ちゃんねる -2ch傑作まとめ TOP  >  スポンサー広告 >  SS >  女戦士「勇者様に会いに行くよ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女戦士「勇者様に会いに行くよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:28:45.59 ID:tAu7/VWVO

女戦士「ねぇパパ。パパは昔、勇者様と一緒に魔王をやっつけたんだよね?ね?」

父「うん?ああ…ずいぶん昔の話だ」

女戦士「良いなぁー。ボクも男の子に生まれて、一緒に戦いたかったよ」

父「平和が一番だ。それに、女の子だから戦えない事なんてはない」

女戦士「そうなの?」

父「そうさ。勇者殿も女の子だったんだ」

女戦士「そうだったんだ!勇者様もやっぱり強かった!?」

父「ああ、それは強い人だった。お前よりもずいぶん小さかったのにな」

女戦士「え!?勇者様が魔王をやっつけたのって、いくつの時なの!?」

父「旅立ちの日が、ちょうど8つの誕生日だったな」


女勇者「強くてニューゲームっ♪」
女勇者「勇者になんて、生まれたくなかったんだよ?」
女戦士「勇者様に会いにいくよ」






2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:29:56.00 ID:tAu7/VWVO

女戦士「そうなんだ…。やっぱり凄いなぁ、勇者様。憧れちゃうよ」

父「…そうだな。俺も、未だに尊敬しているよ」

女戦士「良いなぁ。ボクも会ってみたいなぁ、勇者様に」

父「…」

女戦士「ねぇパパ、ボクも頑張ったら勇者様みたいに強くなれるかな?」

父「お前も十分強いじゃないか」

女戦士「えへへ、そうかな?パパが剣を教えてくれたら、もっともっと強くなれるのになぁ」

父「…言っただろう。俺は剣をやめたんだ」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:32:39.68 ID:tAu7/VWVO

女戦士「どうしてやめちゃったの?パパ、うんと強かったんでしょ?」

父「どうだろうな?」

女戦士「だって魔王をやっつけたんだから!強いに決まってるよぉ」

父「剣はな、倒す為だけのものじゃないんだよ」

女戦士「?」

父「お前もじきにわかる。…いや、わからなくて良いのかも知れんが」

女戦士「よくわかんない…」





5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:34:58.46 ID:tAu7/VWVO

女戦士「パパ、あのね?お願いがあるんだけど…ダメ?」

父「うん?言ってみなさい」

女戦士「ボクも、旅に出てみたいなぁ…ダメ?」

父「旅に?」

女戦士「うん。ボクも世界の色んな場所を見たいんだよ…。パパや勇者様みたいに」

父「…」

女戦士「平和な世界だけど、ボクも…正義の味方になりたいんだよ」

父「……ダメだ」

女戦士「!」

父「と言うのが本音だが、お前も俺の子だ。…昔、俺もそう思って旅に出た」

女戦士「じゃあ…!」





6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:37:39.97 ID:tAu7/VWVO

父「止めても行くんだろう?」

女戦士「え?えへへ……うん」

父「…お前は言ったら曲げぬ子だからな。いつかは出ていきたがるとは思っていたよ」

女戦士「パパ、淋しい?」

父「……少しな」

女戦士「そっかぁ。やっぱり、家に居てあげようか?」

父「行って来るといい。黙って行かれるよりはマシだ」





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:42:11.37 ID:tAu7/VWVO

女戦士「えへへ、やっぱりパパは優しいなぁ」

父「!」

父「昔、勇者殿もそんな事を言っていたな」

女戦士「そうなんだ。ボク、勇者様に会いたいな」

父「……それは無理だが、世界を見てくると良い。きっと成長できるだろう」

女戦士「…なんで会えないの?」

父「それは、自分の目で見て来るといい」

女戦士「…うん、わかった!」

父「これを持って行きなさい。少しだが、足しになるだろう」

女戦士「わぁ!ありがと、パパ!」

女戦士は500Gを手に入れた。▼





8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:43:36.13 ID:tAu7/VWVO

父「気をつけてな。1番近くの町でも、丸一日はかかる」

女戦士「はい、パパ。どうやって行ったら良いの?」

父「東にまっすぐだ。森を一つ抜けなければならん」

女戦士「そうなんだ。わかった、じゃあパパ…ボク、行くね?」

父「うむ。世界を見て、色んな人に会って…俺に見つけられなかったものを、見つけて来い」

女戦士「…?」

父「さぁ、行っておいで」

女戦士「うん!パパ、行ってきます!」

ガチャ

バタン





9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:46:36.92 ID:tAu7/VWVO

父「…」

父「…行ってしまったな」

父「正義の味方になりたい…か。昔を思い出す…」

父「…」ギリ…

父「…世界を見れば、俺が正義の味方などではなかった事もわかるだろう」

父「あの子なら、見つけてくれるかも知れんしな」

父「…」





10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:51:30.87 ID:tAu7/VWVO

【フィールド】

トテトテ

トテトテ

女戦士「ボクも、いよいよ旅に出ちゃったな!」

女戦士「昔はフィールドを歩いてたら魔物が出たんだっけ」

トテトテ

女戦士「魔物を倒して、強くなって…」

女戦士「仲間達と色んな冒険をして。あーあ、ボクも冒険したかったなぁ」

トテトテ

女戦士「パパは全然冒険の話をしてくれなかったし…。ボクは自分の目で確かめよう」

女戦士「パパや勇者様達がどんな冒険をしたのか」

女戦士「そして、いつか勇者様に会って、お話を聞かせてもらおう!」

トテトテ








12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:54:56.02 ID:tAu7/VWVO

【森】

女戦士「うーん…だんだん薄暗くなって来ちゃったな」

女戦士「夜の森は危ないって言ってたけど、それは昔の話だよね」

トテトテ

女戦士「ふぅ、疲れたあ…。今日はこの辺で野宿になりそうだな…」

女戦士「あ!なんだろうあれ…?焚火の後?」

女戦士「ちょうど良いや、あそこで寝ようかな」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 19:58:07.98 ID:tAu7/VWVO

女戦士「…む…火ってどうやって起こすんだろ」

女戦士「木とか使うんだっけ?うーん…」

女戦士「…火の使い方も、パパに聞いてくればよかったなぁ」

女戦士「もう真っ暗だし…早く火を起こさないと。寒くなってきた」



ガササッ

女戦士「っ!」ビクッ





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 20:02:04.86 ID:tAu7/VWVO

女戦士「…何だろう、今の音…。野性の動物かな…」

女戦士「…」ドキドキ


ガササッ

女戦士「う…!近づいてくる…?」

ガササッ

ガササッ

女戦士「だ、大丈夫大丈夫。剣もあるんだから、動物なんかに負けないよ…!」

女戦士「…」チャキ

女戦士(人…!?)

ガサッ

女戦士「だ、誰っ!?」

「ひゃあ!?」





17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 20:21:43.15 ID:tAu7/VWVO

女戦士「うわっ!?」

「すす、すみませぇん!失礼しました!」

女戦士「び、びっくりしたぁ…。こんな所で人に会うなんて思わなかったよ…」

「あ、あの…」

女戦士「あ、ごめんなさい。びっくりしちゃってて…あなたは?」


「私は…えっと、魔法使い…………見習いです」





18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 20:28:33.68 ID:tAu7/VWVO

女戦士「魔法使いさん?うわぁ、ボク初めて見た…!」

魔法使い「…ボク……?」

女戦士「ん?ああ、ごめんなさい。癖なの」

魔法使い「……そうですか。…あなたは?」

女戦士「ボクは戦士だよ。今日旅に出たばっかりなの」

魔法使い「私も一緒です…。…私、魔法が下手だから、修業してきなさいって言われて…」





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 20:32:10.58 ID:tAu7/VWVO

女戦士「そうなんだ。魔法使えないの?」

魔法使い「えと、ちょびっとだけ……」

女戦士「本当!?見せて見せて!ね?」

魔法使い「…あ…」

女戦士「ん?」

魔法使い「……恥ずかしい…」

女戦士「恥ずかしいって、魔法が?」

魔法使い「…」コク

女戦士「そっかぁ…残念だなぁ。ボク魔法見た事ないんだ」

魔法使い「……ごめんなさい」





22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 20:37:13.76 ID:tAu7/VWVO

女戦士「ねぇねぇ」

魔法使い「?」

女戦士「せっかくボク達戦士と魔法使いなのに、もっと昔に会いたかったねぇ」

魔法使い「えっと…」

女戦士「だって、今は平和じゃない?昔だったら正義のために戦えたのにね」

魔法使い「出来るなら…戦いたくない…かな」

女戦士「ええ?そうかなぁ…。ボクも魔王をやっつけたかった」

魔法使い「怖いもん…」

女戦士「えへへ、大丈夫大丈夫!その時はボクが守ってあげるからね」ニコ





23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 20:42:30.88 ID:tAu7/VWVO

女戦士「ねぇ、知ってる?」

魔法使い「?」

女戦士「あのね、魔王をやっつけた英雄のパーティって勇者様と、戦士、僧侶、魔法使いだったんだよ」

魔法使い「あ、知ってます…」

女戦士「えへへ、でね?ここでたまたま会ったボクとあなた。なんか縁がありそうだよね」

魔法使い「…」クス

女戦士「あ、初めて笑った!うわぁ…かわいいね!」

魔法使い「え…」ビクッ

女戦士「良いなぁ。ボクってこんなだから、可愛いなんて言われた事ないの」





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 20:45:51.88 ID:tAu7/VWVO

魔法使い「戦士さんも、かわいいです…すごく」

女戦士「お世辞ばっかり!」

魔法使い「本当です。髪も…短いけど、とても綺麗な髪…」

女戦士「髪だけは自慢なんだ。そう言ってくれたら嬉しいな」

魔法使い「…」クス

女戦士「ねぇ?ここで会ったのも何かの縁だし、一緒に旅しない?」





26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 20:54:27.07 ID:tAu7/VWVO

魔法使い「え…!」

女戦士「ボク、これから東の町に向かうの。一人じゃ心細かったから…ダメ?」

魔法使い「私も、怖かったから…嬉しいです」

女戦士「決まりだね!魔法使いさん、よろしくね」

魔法使い「魔法使いと呼んで下さい。よろしくお願いします…」ペコ





28:以以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 21:02:28.04 ID:tAu7/VWVO

女戦士「うん!じゃあ、魔法使いはいくつ?」

魔法使い「私は…今年17になります」

女戦士「え!年上!?」

魔法使い「!」ビクッ

女戦士「どう見たってボクより2つは年下なのに…。へぇ、びっくりしちゃった」

魔法使い「…」

女戦士「あ、ごめんなさい。気にしてた…?」

魔法使い「…ううん。お母様も、小柄な人でしたから」

女戦士「ふぅん、そうなんだ。さて、と」

魔法使い「…何してるんですか?」

女戦士「えっとねぇ、火を起こそうと思ってがんばってるんだけど、なかなか」

魔法使い「あ、じゃあ…私がつけます」





29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 21:07:23.37 ID:tAu7/VWVO

女戦士「え?どうやって?」

魔法使い「あの…」もじもじ

女戦士「ん?」

魔法使い「ま、魔法で……下手ですけど…」

女戦士「わぁ!見たい見たい!」

魔法使い「……ダメです。恥ずかしい…」

女戦士「どうして?魔法、カッコイイじゃない!」

魔法使い「わ、私はまだ見習いだから…カッコ悪いんです…」

女戦士「えー、見たい!ね?お願い、良いでしょ?」

魔法使い「……」もじもじ

女戦士「お願い!」

魔法使い「……」コク

女戦士「やったぁ!」





30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 21:11:20.44 ID:tAu7/VWVO

魔法使い「じゃあ、いきますね…?」

女戦士「うん!」

魔法使い「…ブツブツ」

女戦士「…」ワクワク

魔法使い「…ブツブツブツブツ」

女戦士「…」ワクワク

魔法使い「…ブツブツ」

女戦士「…」わくわく

魔法使い「…ブツブツブツブツ」

女戦士「…」





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 21:15:31.50 ID:tAu7/VWVO

女戦士「ねぇ、まだ?」

魔法使い「あっ!」

女戦士「え?」

魔法使い「あ、あ、あ…危ないです…」

女戦士「え?何なに?」

魔法使い「きゃっ!」

ぽんっ!

女戦士「熱っ!」

魔法使い「ごご、ごめんなさい…!私、本当に下手で…やけどしてませんか?」

女戦士「え…えへへ、大丈夫。びっくりしたけど」

魔法使い「…ごめんなさい」

女戦士「良いよ良いよ!ほら、焚火も付いた事だし!今日はここで休もう?」





43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 23:28:21.46 ID:tAu7/VWVO

パチ…パチ…

女戦士「うん、あったかい。ありがとう魔法使い」

魔法使い「いえ…。下手で申し訳ありません…」

女戦士「ううん。ねぇ魔法使い」

魔法使い「…?」

女戦士「魔法使いは、どうして魔法の修業してるの?こんなに平和な世界なのにさ」

魔法使い「私は…お母さんが、すごく優秀な大魔使いだから…」

女戦士「へぇ…そうなんだ」

魔法使い「…私もがんばったけど…なかなかお母様の言う通り出来なくって、それで…」

女戦士「旅に出たんだね。…ボクとは真逆だな」





44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 23:33:50.22 ID:tAu7/VWVO

魔法使い「え…?」

女戦士「ボクのパパも戦士だったんだけど、もう剣をやめちゃったんだ」

魔法使い「…」

女戦士「だから、ボクにも全然剣を教えてくれなくて…」

女戦士「もっと強くなりたいし、パパが旅した世界を見たくて、それで旅に出たの」

魔法使い「戦士さんは…偉いですね」

女戦士「そうかな?どうして?」

魔法使い「誰にも習わず強くなりたいだなんて…私は、そんな事思えないです…」

女戦士「だってさ、パパがどんな冒険して、どんな戦いをしてたか知りたいんだもん」





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 23:39:24.41 ID:tAu7/VWVO

女戦士「パパみたいに強くって、世界を救う英雄に憧れてるんだ」

魔法使い「…凄いなぁ…」

女戦士「でね?ボク、勇者様に会いたいんだ」

魔法使い「え?でも…」

女戦士「会って、色んな話聞きたいなぁ。どんな冒険したのか、魔王ってやっぱり強かったのか」

魔法使い「…」

女戦士「えへへ、やっぱりちょっと恥ずかしいかな」

魔法使い「えっと、ちがくって…」

女戦士「?」

魔法使い「勇者様は、旅が終わった時に…お亡くなりになったんでは…」

女戦士「え?」





46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 23:45:44.15 ID:tAu7/VWVO

魔法使い「私は…そうお聞きしました…」

女戦士「…そう……なんだ」

魔法使い「伝説では、魔王と相打ちになったって…」

女戦士「…本当?」

魔法使い「……わかりません…けど…」

女戦士「知らなかった…」

魔法使い「私も話に聞いただけだから…」

女戦士「…そうだよね。そうだったとしても、ボクは確かめたいな…」

魔法使い「…」

女戦士「どんな戦いだったんだろう。魔王と相打ちって、きっと凄いんだろうな」





47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 23:50:45.05 ID:tAu7/VWVO

女戦士「これから世界中を旅して、色んな人から話を聞いて、それを確かめるよ!」

女戦士「それに、勇者様だってもしかしたら生きてるかも知れないんだし」

女戦士「ボクは勇者様を探す!良いでしょ?」

魔法使い「…わかりました。お供します…」

女戦士「うん!旅の目的は決まったね!じゃあ明日も早いし…」

魔法使い「そろそろ、お休みになられますか…?」

女戦士「そうしようか。じゃ…お休みなさい、魔法使い」





49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 23:54:17.19 ID:tAu7/VWVO

魔法使い「はい…お休みなさい…」

女戦士「おやすみー…」

魔法使い「…」

女戦士「…」

魔法使い「あの…戦士さん…」

女戦士「ん?」

魔法使い「…もう少し…近くで寝て良いですか…?」

女戦士「良いよ?どうしたの?」

魔法使い「えっと……」

女戦士「?」

魔法使い「……野宿、怖いです…」

女戦士「えへへ、ボクもだけどね。どうぞ」

魔法使い「…ありがとう」すすっ





50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 23:57:39.48 ID:tAu7/VWVO

【翌朝】

魔法使い「…すぅ……すぅ……」

女戦士「ん…」パチ

女戦士「あ、もう朝だ。ん~~…よく寝たなぁ」

女戦士「魔法使いはまだ寝てる…。よし、今のうちに稽古しとこうかな」がばっ

女戦士「んっしょ、んっしょ」ぐいっ ぐいっ

女戦士「…よし、と」





52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 00:01:54.43 ID:EzvqCY/pO

ブン!ブン!

女戦士「ふっ!ていっ!」

ブンッ!ブン!

女戦士「やぁ!たぁぁ!」

女戦士「ふぅ…。こんなもんかなぁ」

女戦士「素振りばっかりじゃ、強くなってるのかわかんないや…」

女戦士「やっぱり、戦ってみたいなぁ…。パパは褒めてくれたけど、ボクちゃんと強くなってるのかな…」

女戦士「さてと。そろそろ魔法使いも起きたかな?」





91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 15:55:41.45 ID:BeQtOS3AO

トテトテ

女戦士「魔法使い、起きて」ぺちぺち

魔法使い「…やぁ……」

女戦士「もう、魔法使い!ボクよりお姉さんなんだから、シャキッとしてよ」

魔法使い「…ふぇ?え…あ…」ぱち

女戦士「起きた?」

魔法使い「…すす、すみません…!起きました…」

女戦士「えへへ、ごめんね起こしちゃって。そろそろ出発しよ?」

魔法使い「はい……あの、すみません…」

女戦士「良いよ良いよ!今日は多分お昼ごろ町に着くよね?」

魔法使い「…そうですね。多分…」

女戦士「よかった。ボクお腹減っちゃったよ。もうペコペコ」

魔法使い「クス…そうですね。私も…」





92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:01:34.58 ID:BeQtOS3AO

トテトテ

トテトテ

魔法使い「戦士さん……」

女戦士「ん?どうかした?」

魔法使い「これ、何の足跡でしょう……?」

女戦士「わ、おっきい足跡。なんだろうね?野性の動物かな」

魔法使い「こんなに…おっきな足の動物、居るかな…?」

女戦士「…なんだろね。ま、気にしなくても良いんじゃない?」

魔法使い「…」

トテトテ

トテトテ





95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:06:31.69 ID:BeQtOS3AO

【東の町】

魔法使い「…やっと着きましたね」

女戦士「うん!あぁ、疲れちゃったぁ」

魔法使い「そうですね。…お食事にしましょうか…?」

女戦士「そうしようか!宿屋さんにも行かなくちゃね」

魔法使い「はい…。あ、あのお店…」

女戦士「ん?あ、美味しそう。あそこにする?」

魔法使い「…」コク





96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:10:01.62 ID:BeQtOS3AO





魔法使い「…美味しいですね。すごく」

女戦士「んっ!おかわりっ!」

店員「かしこまりました」

魔法使い「…」

女戦士「はぁ、本当に美味しいね。つい食べすぎちゃう」

魔法使い「…」クス

女戦士「ん?」

客1「なぁ、占い聞いたか?」

客2「ああ…なんだかよくないような事言われたけど」

客1「あの婆さんももう随分な歳だからなぁ。心配する事もないさ」
客2「それもそうか。昔は有名な占い師だったらしいがなぁ」

客1「らしいなぁ。あの勇者様一行も占ってもらいに来たらしいしな」





97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:13:53.52 ID:BeQtOS3AO

女戦士「ねぇ、聞いた?勇者様が占ってもらったんだって」

魔法使い「…はい。占って貰いたい…かな」

女戦士「だよね!後で行ってみようか?」

魔法使い「…」コク

女戦士「じゃ、宿を取りに行こうか!」

魔法使い「…え…でも…」

店員「お待たせしました。新しい注文の品をお持ちしました」

女戦士「あ…えへへ、忘れてた」

魔法使い「もう…」クス





99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:24:37.47 ID:BeQtOS3AO





女戦士「わぁ…立派だけど、なんだか古いお館だね」

魔法使い「…」

女戦士「じゃ、入ろうか?」

魔法使い「…えっと…」

女戦士「ん?」

魔法使い「…………怖い」

女戦士「へ?なんて?」

魔法使い「……えっと、怖いです…」

女戦士「あはは、大丈夫大丈夫!食べられはしないよ。魔物相手じゃないんだから」

魔法使い「…怖いもん」

女戦士「ほら、行こう?怖くないよ!」ぐいっ

魔法使い「きゃ…!?」
ガチャ
ギイィィ…





100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:32:01.49 ID:BeQtOS3AO

【占いの館】

婆「……おやおや……どんな屈強な男が来るのかと思ったら…」

婆「………何の因果か…またかわいらしいお嬢さんじゃな……」

女戦士「こんにちは。占って貰いに来ました」

魔法使い「…」びくびく

婆「儂の最後の仕事じゃな……待っておったよ。ゆっくりしてお行き……」

女戦士「?」





102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:40:23.83 ID:BeQtOS3AO

女戦士「ボク達が来るの、知ってたの?」

婆「ふぉっふぉ……儂はもう80年以上占い師を続けて来たからのう…」

魔法使い「すごい…」

婆「かつて勇者様を占った時に…儂の占いは終わりじゃと思ったが…。どうやらもう一仕事残っておった…」

女戦士「ねぇ、お婆ちゃん。勇者様達はどんな事を占ってもらったの?教えてくれる?」

婆「さて……なんじゃったかの…。もうずっと…ずっと昔の事じゃ……とうに忘れてしまったよ…」

女戦士「嘘!意地悪言わないで、教えてよぅ!」





103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:46:23.29 ID:BeQtOS3AO

魔法使い「……私も、知りたいなぁ…」

婆「おやおや。困った子達じゃ…」

女戦士「ね?お願い!良いでしょ?ね?」

婆「………ちょうど、嬢ちゃん達のように……元気のよい子じゃった」

女戦士「うんうん!それで?」

婆「…『魔王を倒すの!』じゃったかのう……?まさしく勇者に相応しい、強き心を持った子…」

魔法使い「…8歳ですもんね…。凄いなぁ…」





105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/08(水) 16:53:24.00 ID:BeQtOS3AO

女戦士「それで?それから、どんなお話したの?」

婆「…昔話はこのへんにしておくよ……お嬢ちゃんには自分の道がある……」

女戦士「えぇ!?ボク、勇者様みたいになりたいの!聞かせて?」

婆「ふぉっふぉっ…当たったかどうかもわからん占いじゃよ。占いなど所詮占いでしか…ないんじゃからのう…」

女戦士「むぅ…。じゃ、勇者様がどんな人だったかだけでも聞かせて?ね?」

婆「勇者様は……不思議な色を持った子じゃった……」

魔法使い「……色?」





108: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:03:06.12 ID:YxOU0q0Y0

女戦士「色ってどういうこと?変な色だったの?」

魔法使い「…?」

婆「ふぉっふぉ…。そう、人は誰しも、色を持っておる…」

婆「その時の仲間じゃった3人にも、強い色が見えたものじゃ……」

魔法使い「!」

女戦士「そうなの?!その色、教えて!何色だったの…?」

婆「勇猛なる戦士は、燃えるような紅……じゃったな……」

女戦士「赤色…」

婆「聡明な魔法使いは、凛とした蒼…」

魔法使い「……」

婆「慈愛に満ちた僧侶は、柔らかな桃色…」

女戦士「勇者様は?勇者様の色は、どんなだったの?」

婆「不思議な色じゃよ……透明のようにも見え、幾色も塗り重ねられた色にも見える…」

婆「本当に……不思議な色じゃったのう…」





109: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:12:22.12 ID:YxOU0q0Y0

女戦士「そっかぁ…色なんてあるんだね。じゃあ、ボクは何色?」

婆「……おやおや。なんの巡り合わせだろうねぇ…」

女戦士「え?」

婆「ふぉっふぉっ……正義は受け継がれるのじゃな…。勇者様や仲間たちの意志は…」

魔法使い「あの……私、何色ですか……?」

婆「……ふむ。ワシはどうやら…今日の為に生まれてきたのやも知れん…」

魔法使い「へ?」

婆「再び手繰り寄せられる……彼の者達の絆は、それほどに強かった……」

婆「……甦りつつある悪もまた……手繰り寄せられるかのように……」

婆「……お嬢ちゃん達…南へ向かいなさい。…そこにも、彼の者達の遺した正義がある」

魔法使い「えっと…どういう事ですか……?よくわかんなくて…」

女戦士「ボクも……」





111:◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:21:39.78 ID:YxOU0q0Y0

パキィン……!

魔法使い「きゃっっ…!?」ビクッ

女戦士「うわっ!?す、水晶が…?」

魔法使い「割れ…ちゃったぁ……」

婆「…ふぉっふぉっ…神様も言っておられるようじゃ…もう終わって良いと……」

女戦士「…お婆ちゃん、もう占いできないの?」

婆「そうじゃよ……100年…思えばよく生きたのう…。それもすべて、今日ここでお嬢ちゃん達に会うためじゃった…」

女戦士「…」

魔法使い「あの…甦りつつある悪って…いったい何…ですか…?」びくびく

婆「……どうだろうねぇ。ワシにももう、わからなくなっちゃったねぇ…」

魔法使い「そんな……」





112:◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:22:49.20 ID:YxOU0q0Y0

婆「さて……お嬢ちゃん、お行きなさい…。今日はもう店じまいじゃな……」

魔法使い「……悪って何……怖いよ…」

婆「…ひどく眠いのう……ふふ、さぁ、お嬢ちゃん…」

女戦士「わかった!南だよね?ありがとうお婆ちゃん!行こう、魔法使い!」

魔法使い「あ、はい……。ありがとうございました…」ペコリ

婆「ふぉっふぉ…。頑張っておいで……」

ガチャ

バタン!





114:◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:31:59.87 ID:YxOU0q0Y0

ガチャ……
スタ…スタ…

婆「おや…どちらさまかのう……?今日はもう店じまいなんじゃよ……」

婆「…すまないねぇ…。もう目も見えなくなってしもうたよ…」

婆「誰じゃかわからんが…わしはひどく眠いんじゃ……そっとしておいておくれ……」

『お疲れ様』

婆「……?」

『…久しぶりだね。ありがとう…おかげで、私は……』

婆「………ふぉっふぉっ……占いは…………当たった……かのう……?」

『えへへ…。うん』

婆「……よか………っ………」

『おやすみなさい……』

婆「………」

『……おばあちゃん』

婆「……」

婆「…」





118: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:38:38.75 ID:YxOU0q0Y0

【宿屋】

女戦士「ねぇ、魔法使い」

魔法使い「…はい?」

女戦士「ボク達、結局何色だったんだろうね?」

魔法使い「うーん……。わかんない…です」

女戦士「…じゃあさ、魔法使いは何色が良かった?」

魔法使い「えっと……蒼、かな」

女戦士「えへへ、だよねぇ」

魔法使い「戦士さんは…?」

女戦士「ボクは紅が良いな。…うん、紅がいい」




119: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:41:35.81 ID:YxOU0q0Y0

魔法使い「そういえば……」

女戦士「うん?」

魔法使い「…昔、聞いたことのある詩に、今日のお話に似た……なんだったっけ…?」

女戦士「なになに?聞きたいな」

魔法使い「えっと…私も全然、覚えてないんですけど……」

女戦士「頑張って思い出して!ほら、頑張れ魔法使い!」

魔法使い「…………忘れちゃった」

女勇者「えー…」





121: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:46:31.02 ID:YxOU0q0Y0

魔法使い「……あふ…」

女戦士「ん?眠い?」

魔法使い「あ…ご、ごめんなさ…」

女戦士「もう、魔法使いはすぐ謝りすぎだよ」

魔法使い「ごめ………あ、えっと……」

女戦士「あはは、まぁ良いけどね。ボクよりも年上なのに、なんだか変な感じ!」

魔法使い「………ごめんなさい」

女戦士「ほらまた。じゃ、寝ようか!」

魔法使い「…」コク

女戦士「明日は南だね。彼の者達が遺した正義…かぁ。なんだろうね」

魔法使い「えっと…」

女戦士「えへへ、なんだか楽しいね。ボク、ワクワクしてる。勇者様たちも、こんな感じだったのかな」

魔法使い「……違うと思います…」

女戦士「そうかな?ま、いいや。じゃあおやすみなさい、魔法使い!」

魔法使い「…おやすみなさい…」





123: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:53:58.64 ID:YxOU0q0Y0

【翌朝】

女戦士「魔法使いー。起きてよ」

ぺちぺち

魔法使い「……むぅぅ……」もぞもぞ

女戦士「ねぇ、南に行くんでしょ?早く起きて」

ぺちぺち

魔法使い「やぁ……」もぞもぞ

女戦士「こうなったら…おりゃ!」

ぽこっ

魔法使い「…!?」がばっ

女戦士「起きた?おはよ、魔法使い」ニコ

魔法使い「あ…?おはよ……ございます……。ふあぁ……」





126:◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 17:58:05.05 ID:YxOU0q0Y0

女戦士「さて、今日は南に向かうんだよ?覚えてる?」

魔法使い「……」コク

女戦士「もう、本当に朝弱いんだから。じゃ、出発しようか!」

魔法使い「……ごめんなさい…」

ガチャ
バタン!

女戦士「ん~~…気持ちいい朝!平和だね」

魔法使い「…はい」

トテトテ

トテトテ

女戦士「ん?なんだろあれ…?」

魔法使い「占いの館…。人がいっぱいですね…」

女戦士「やっぱり流行ってるんだね。すごいなぁ…」

魔法使い「…」コク

女戦士「さ、ボク達は先を急ごうか!」

魔法使い「…そうですね。南に…」





129:◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:02:37.27 ID:YxOU0q0Y0

【フィールド】

トテトテ

トテトテ

女戦士「そういえば、南の目的地まではどれくらいかかるんだろうね?」

魔法使い「…確か、半日くらいだたと思います」

女戦士「そうなんだ!意外に近いんだね」

魔法使い「はい…。昨日は疲れたから…助かります…」

女戦士「…昔はこの道のりを、魔物と戦いながら進んだんだもんね。すごいな」

魔法使い「私は…戦いなんて無理です…」

女戦士「えへへ、そんなことないよ!大丈夫!」

魔法使い「…どうしてですか」

女戦士「だってボクは戦士だよ?危ないときは、ボクが必ず守ってあげるよ」ニコ

魔法使い「…ありがとうございます」





130: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:07:36.57 ID:YxOU0q0Y0

女戦士「あれ…分かれ道だ」

魔法使い「本当ですね……。どうしますか…?」

女戦士「…うーん。どうしよっか?」

魔法使い「じゃあ…ジャンケンで…」

女戦士「ジャンケン?」

魔法使い「あ、えっと…だめですか?」

女戦士「ううん、良いけど。勝ったほうが決めるの?」

魔法使い「えと…じゃあ、私が勝ったら…右に」

女戦士「よし、ボクが勝ったら左だね?いくよっ!ジャーンケンポン!」

魔法使い「…ぽいっ」

女戦士「……悔しい」





132: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:10:02.65 ID:YxOU0q0Y0





トテトテ

トテトテ

女戦士「…森だね」

魔法使い「……」コク

女戦士「もうすぐ暗くなりそうだねぇ。朝出発したのに…」

魔法使い「…」

女戦士「半日で着くはずなのに。……おなか減ったね」

魔法使い「…ごめんなさい」

女戦士「迷ったね…。今日はこのあたりで野宿かな」

魔法使い「…野宿……ですか」





133: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:15:48.54 ID:YxOU0q0Y0

カラカラカラ…

女戦士「薪、これくらいで良いかな?」

魔法使い「…はい。たぶん…」

女戦士「食料もちょびっとだけど買っておいてよかったねぇ。今日は大丈夫そう」

魔法使い「…」きゅるる…

女戦士「!…ボクもお腹減ったな。ご飯にしよっか」

魔法使い「…す、すみません」

女戦士「じゃあ魔法使い、また魔法で火をつけてよ!ね?」

魔法使い「……また……ですか……?」

女戦士「うん!ボク、今日は離れて、静かに見てるから。ね?良いでしょ?」

魔法使い「………わかりました……」

魔法使い「…ブツブツブツブツ」

ガサガサ…

女戦士「?」

『ぐるるるるる…!』ガサ…




135: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:20:30.12 ID:YxOU0q0Y0

魔法使い「…ブツブツブツ」

女戦士「なんだろう?また何か居るな…」

『グルルルル…!!』

女戦士「え?」

『グガァァ!!!!!』ばっ

魔物が現れた!▼

女戦士「きゃあああっ!!!?」

魔物は鋭く尖った爪で女戦士に襲い掛かった!

ズバッ!

女戦士「きゃうっ…!!」

女戦士に12のダメージ!▼


魔法使い「え?え…?」





136:◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:25:20.56 ID:YxOU0q0Y0

女戦士「あっう…!!」ズキッ…

女戦士「痛い…!ち、血が出てる…!!お腹から血が出てる…!?」

女戦士「うぅぅぅ…!痛いよぅ…!」

魔法使い「戦士さん!助けて!!助けて…!」

魔物「ガゥゥゥ…!」

魔法使い「あ…あう…いやだ…!!」

魔物は少しずつ魔法使いににじみ寄る!▼

女戦士「魔法使いっ!」ばっ

女戦士の攻撃!
女戦士は背中の剣を抜き、魔物に斬りかかった!

ズバッ!

魔物に11のダメージ!▼

魔物「ぐがぁぅ…!」




137: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:29:54.36 ID:YxOU0q0Y0

魔法使い「あ…うああ…!!」じわ…

魔物「グル…グルル…」

魔物は鋭い爪で魔法使いに襲い掛かった!

魔法使い「うわぁああああん!!」

女戦士「はぁぁっ!!!!」だっ

女戦士は飛び掛った魔物に剣を振り下ろした!

ズバァッ!
魔物に20のダメージ!
魔物を倒した。▼

魔法使い「はっ…!はっ…!せ、戦士さん…!戦士さん!」ぽろぽろ

女戦士「う…うぅ…!だ、大丈夫…?魔法使いは…」

魔法使い「私は…!それより、戦士さん!お腹が…!!」

女戦士「ん…!痛い…うあ、血がこんなに…!…うぅぅぅ…痛いよぉ…!」




139: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:33:29.64 ID:YxOU0q0Y0

魔法使い「どうしたら…薬草、持ってますか…?!」

女戦士「…うぅぅ…!!」

魔法使い「ど、どうしたらいいの……?お母様…!」

女戦士「はぁ…はぁ…はぁ…」

ぽた…
ぽた…

魔法使い「どうしたら良いのぉ…!?」ぽろぽろ

女戦士「あ…」ぐら…

どさっ…!

魔法使い「戦士さん!戦士さん!!誰か…誰か助けてください…誰か…!」ぽろぽろ







142: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:37:14.97 ID:YxOU0q0Y0





『……きて』

女戦士「え?」

『…おきて。だいじょ……』

女戦士「…誰?」

『大丈夫?もう痛くないですよ…』

女戦士「あれ…ボク…?どこだろ、ここ?…話しかけてくるのは誰?」

『うーん。もうちょっとかかるかなぁ…?』

女戦士「!」がばっ!!

女性「あ、起きましたね。よかったぁ…。大丈夫ですか?」




145: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:47:56.51 ID:YxOU0q0Y0

女戦士「…ここは…どこ…?」

女性「ふふ、良かったぁ…気がついて。ここは大聖堂ですよ」ニコ

女戦士「大聖堂……?あれ、ボク…たしか、あれ?」

女性「びっくりしましたよぉ。たまたま裏手の森を歩いていたら、人が倒れてるんですもん…」

女戦士「へ?裏手?」

女性「ふふ、あなた達は、この町を目指してたんでしょう?あと500メートルも歩けば到着したのに」

女戦士「…そう…だったんだ…。あ!!」

女性「どうしました?」

女戦士「魔法使い!魔法使いは!?」



147: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:52:50.26 ID:YxOU0q0Y0

女性「お連れの女の子ですか?ふふ、安心してください。お隣の部屋で休んでますよ」

女戦士「そっか…良かった…」

女性「あなたは強いんですねぇ。びっくりしちゃいました」

女戦士「え?そうだ…!あのね!!裏手で、魔物が…!!」

女性「大丈夫、落ち着いて?大丈夫ですからね」ニコ

女戦士「うん…」

女性「見ましたよ、魔物も。あなたがやっつけちゃったんですね」

女戦士「そう…だけど、どうして魔物が居たの?ボク、あんなの初めて見た…!」

女性「…もしかしたら…。ううん、きっと、魔物が出たということは…」

女戦士「?」

女性「魔王が、生き返っちゃったのかも…。それとも、新しい悪が生まれちゃったのかなぁ…」

女戦士「そう…なんだ…!!」



148: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 18:59:34.35 ID:YxOU0q0Y0

女性「…今はそんな事よりも、ゆっくり休んでください。ね?」

女戦士「うん…。あれ、ボク、傷は…?」

女性「うふふ、私が治しちゃいましたぁ。あれくらいの傷なら、ちょいちょいっですよ」ニコ

女戦士「うわぁ…!」ぴら

女戦士「ホントだ!!跡も残ってない!!魔法?ねぇ、魔法?」

女性「そう、魔法ですよ。回復魔法は初めて?」

女戦士「うん。なんだか変な感じ…」さわさわ

女性「すぐに慣れますよぅ。それよりも、お怪我するような無茶は、できるだけしちゃダメですよ?」

女戦士「はぁい…。ありがとう!」


ガチャ

魔法使い「戦士さん…?お怪我…大丈夫ですか?」

女戦士「あ、魔法使い!」ぱぁっ



150:◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 19:05:00.50 ID:YxOU0q0Y0

女戦士「魔法使い、良かったぁ。無事だったんだね」

魔法使い「戦士さん…!」

トテトテ

魔法使い「よかったぁ…!心配しましたよぉ…」ぎゅう…

女戦士「ボクもだよ。良かったねぇ、怪我しなくて」ぎゅっ

魔法使い「…私より、戦士さんのお腹が…」ぽろぽろ

女性「ふふ…微笑ましいなぁ。昔を思い出しちゃう…」

女性「良かったね、妹ちゃんを守れて。よく頑張りましたねぇ」なでなで

女戦士「へ?妹じゃないよ?魔法使いの方が年上だしね」

女性「ふぇ?そうなんですか?」




151:◆r3yksmPHg2 :2009/07/08(水) 19:13:03.37 ID:YxOU0q0Y0

魔法使い「戦士さん、お腹は…?大丈夫でしたか……?」

女戦士「うん、平気。このお姉ちゃんが治してくれたんだよ。ほら」ぴらっ

魔法使い「おね……せ、戦士さん…」

女性「ふふ、良いんですよぅ。お姉さんなんて呼ばれるの、嬉しいなぁ」ニコ

魔法使い「戦士さん…このお方は…」

女戦士「うん?」

魔法使い「大教母様なんです……お姉ちゃんなんて…」

女戦士「へ?」

魔法使い「昔、勇者様と一緒に魔王を倒した、僧侶様です…!」

女戦士「ええええええええぇっ!?」



187: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 00:21:16.34 ID:XaR8X+ln0

女戦士「お姉ちゃん、勇者様と旅したんだ…すごい」

大教母「ふふ、そうですよぉ。懐かしいなぁ…」

魔法使い「戦士さん…だから…」

大教母「良いんですよ、お姉ちゃんで。この年でお姉ちゃんなんて呼んでくれる人、いないんですから」

魔法使い「…そうですか…?」

大教母「ええ。魔法使いちゃんも、お姉ちゃんって呼んでくれますか?」

魔法使い「え……」

大教母「うふふ、冗談ですよぅ。あなたは真面目そうだもんねぇ」ニコ

魔法使い「あ…」



188: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 00:28:35.32 ID:XaR8X+ln0

女戦士「ねぇ、お姉ちゃん」

大教母「はぁい?」

女戦士「勇者様との旅のお話、聞かせて?ねぇ、お願い」

大教母「ふふ、そうですねぇ…」

魔法使い「?」

大教母「もうずいぶん経ちますからねぇ…」

魔法使い(大教母様、なんだか辛そうな顔してる…?)

女戦士「お姉ちゃんも、覚えてないの?」

大教母「も?」

女戦士「あのねぇ、占い師のお婆ちゃんにも覚えてないって言われた…みんな忘れちゃったのかな?」

大教母「占い師…って、もしかして北の町の占い師さんですか?」

女戦士「そうだよ!もうしわしわのお婆ちゃん!」

大教母「あの占い師さん、まだ元気だったんだぁ…ふふ、懐かしい。私、あの人にピンクって言われて喜んだなぁ」

女戦士「あ!それも言ってたよ!慈愛に満ち満ちた僧侶は、桃色だったって!」

大教母「そうそう…。そんな風に言われました。勇者様もピンクが言いって拗ねてたな…」クス



190:◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 00:35:54.75 ID:XaR8X+ln0

女戦士「へぇ…勇者様がそんな事言ってたんだ」

魔法使い「私は…青色っていわれました」

女戦士「ボクは赤だったよ!」

大教母「ふぇ?そうなんですかぁ…。偶然なのかなぁ」

女戦士「…」

大教母「あのときのパーティによく似てますね。真紅、蒼、桃…。勇者様は結局、何色だったんだろうな…」

魔法使い「たしか、無色って言われたんですよね…?」

大教母「そうですよ。…でも、色んな色が重なってるとも言ってました」

魔法使い「それ…どういう意味なんでしょうか…」

大教母「私にもよくわかんなかったなぁ…。えへへ、私、バカでしたから…」

魔法使い「そんな…大教母様は、人々の希望なんですから…バカだなんて…」

大教母「ふふ、私はそんなにすごくないですよぅ」



191:◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 00:40:20.19 ID:XaR8X+ln0

女戦士「ねぇ、お姉ちゃん」

大教母「はい、なんですか」ニコ

女戦士「…勇者様って、どんな人だったの?」

大教母「素敵な方でしたよ。本当に小さいのに、すごく強くって」

女戦士「やっぱり!勇者様は強かったんだ!」

大教母「でもね?戦って強かったじゃなかったんですよ?」

女戦士「え?」

大教母「ふふ、だって…勇者様は、魔王との決戦の直前まで剣も振れなかったんですから」

女戦士「そうなの?剣を…」

大教母「そう。勇者様が強かったのは、体じゃなくて心」

魔法使い「…こころ…」



192:◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 00:47:08.21 ID:XaR8X+ln0

大教母「…勇者様はねぇ。本当にやさしくて、強くって…勇者に相応しい人でしたよ」

女戦士「…」

魔法使い「…」

大教母「だから私達は、命を勇者様に預けてお供したんです」ニコ

女戦士「命を…」

魔法使い「…預ける」

大教母「そう。仲間だった戦士さんがよく言ってました」

女戦士「!」

大教母「『勇者殿を命に替えてもお守りする』ってね。かっこよかったなぁ。勇者様は命を賭けないでって言ってましたけど…」

女戦士「…そうなんだ。すごいね」

大教母「そうですね。戦士さんは、本当にすごい人でしたよ」

大教母「…私達は、命に替えても勇者様をお守りするって誓ったんです…」

魔法使い(また…大教母様、どうしてあんな顔するんだろう……)

大教母「!」はっ

大教母「ふふ、いけない。しゃべり過ぎちゃったかな?」ニコ



193: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 00:51:16.08 ID:XaR8X+ln0

女戦士「ううん!全然そんな事ないよ!もっと聞かせて欲しい!」

大教母「そうですねぇ…また今度にしましょう。今日は私もお仕事があるんです」

女戦士「おしごと?」

大教母「そう。今日は礼拝の日ですからね」

女戦士「そうなんだぁ…」しゅん

大教母「…あ、そうだ。お二人とも、礼拝を見ていきますか?」

女戦士「え?良いの?」

魔法使い「あ……見てみたい……」

大教母「じゃあ一緒に行きましょうか?そこの扉から聖堂に行けるんですよ」

魔法使い「はい……」

トテトテ

トテトテ

ガチャ



195:◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 00:58:38.00 ID:XaR8X+ln0

トテトテ トテトテ

大教母「この扉を開けたら大聖堂です。二人とも、先に入っててください」

魔法使い「…はい」

女戦士「お姉ちゃんは?」

大教母「私は着替えなくちゃいけないんですよぅ…」

女戦士「そうなんだ。じゃ、先に入ってるね!」

トテトテ
ガチャ…
【大聖堂】

女戦士「うわぁ……。すっっごい綺麗……」

魔法使い「……すごいです…」

女戦士「天井高いね。あのガラスも綺麗…」

魔法使い「ステンドグラス……わぁ…」

女戦士「ボク、こんな綺麗な建物初めて見たよ…」ぽかーん…

魔法使い「…私も…」ぽー…


大教母「ふふ、二人とも。お口が開いてますよぅ」ニコ



197:◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 01:04:14.63 ID:XaR8X+ln0

女戦士「わ!お姉ちゃん…?」

魔法使い「うわぁ……すごく綺麗……それが法衣…ですか…?」

大教母「そうです。えへへ、法衣にしてはちょっと派手でしょう?」

魔法使い「…はい。なんだか、ドレスみたいです…。ドレスにしては質素だけど…」

女戦士「うん。でもすごい可愛いよ。良いなぁ」

大教母「これにはね、由来があるんですよ。…あ、もう始まっちゃう。じゃあ、また後でね」

女戦士「はぁい」

スタ…

スタ…

スタ…

女戦士「ねぇ、魔法使い。すごい人だねぇ…」

魔法使い「…世界中から集まってますから……。大教母様が皆から愛されてる証拠……ですよね」

女戦士「うん。なんだかおねえちゃんなら、何でも癒してくれそうな気がするもんね」

魔法使い「…はい。なんでも許してくれそう…」



200:◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 01:09:01.32 ID:XaR8X+ln0





女戦士「すごかったね、礼拝。いろんな人がいた」

魔法使い「はい…。ちょっと感動しました…」

女戦士「うん。ボクも…。お姉ちゃんって、すごい人なんだなぁ…」

魔法使い「じゃあ、戦士さん…。占い師さんの言ってたの…探しますか?」

女戦士「そうだね!その前に、お姉ちゃんに挨拶に行こうよ」

魔法使い「……はい」

トテトテ

トテトテ

『きゃぁああああああああ!!!!!』

女戦士「!!」

魔法使い「ひぁ…!?」ビクッ





201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:09:02.07 ID:WMb/RPL1P

!vip2:stop:
---
まほうつかいたんのつよめの攻撃
MP152使ってへっぽこの呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ 0)
このスレは1回目のダメージを受けた (150/1000)
ぼうそうがはじまった!! さらにこのスレは2回目のダメージを受けた (300/1000)
追加攻撃!! さらにこのスレは3回目のダメージを受けた (310/1000)

202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:09:02.70 ID:SLT4yJ6QP

!vip2:stop:
---
真の勇者のさすがの攻撃
MP386使ってへっぽこの呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ 310)
このスレは4回目のダメージを受けた (460/1000)
こうかは ばつぐんだ!! さらにこのスレは5回目のダメージを受けた (610/1000)
ぼうそうがはじまった!! さらにこのスレは6回目のダメージを受けた (760/1000)
追加攻撃!! さらにこのスレは7回目のダメージを受けた (780/1000)

203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:09:06.32 ID:Rfj8Xoa30

お疲れ様でしたー

!vip2:stop:
---
真の勇者のさすがの攻撃
MP185使ってへっぽこの呪文を唱えた。★ミ (スレのダメージ 780)
このスレは8回目のダメージを受けた (930/1000)
こうかは ばつぐんだ!! さらにこのスレは9回目のダメージを受けた (1080/1000)
ぼうそうがはじまった!! さらにこのスレは10回目のダメージを受けた (1230/1000)
追加攻撃!! さらにこのスレは11回目のダメージを受けた (1250/1000)
このスレは・・・

停止しました。






1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:15:25.55 ID:PUDlNtbp0

スレストしねと言わざるを得ない

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:16:12.55 ID:vYZTt46v0

何故落とされたのだ?

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:22:26.19 ID:SCg7TYVg0

何で落とされた?

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:26:39.62 ID:LxBHSWaiO

スレストしね

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:30:39.89 ID:+pfsqyXLO

なんださっきのスレスト
意味がわからん

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:35:45.40 ID:tDqPkZEy0

さて黙って作者待つか







16:◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 01:58:27.38 ID:XaR8X+ln0

あ、新スレ立ててくれたのか。thxです
しかし今日は心が折れてしまった・・・






17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:58:29.66 ID:vYZTt46v0

今書いても落とされたら嫌だし書き溜めてるんじゃない?
ここみてるなら今後の流れを教えて欲しいなぁ。

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 01:58:46.97 ID:r21wuzQY0

おお!きてくれた

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 02:00:07.68 ID:PUDlNtbp0

いつでも好きなときに書いてくれ
あれはあんまりだ




20: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 02:02:30.50 ID:XaR8X+ln0

とりあえず落としてくれて結構です。
さすがに今から続きを書く気にはなれません…
期待してくださった方には申し訳ありませんが



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 02:05:37.06 ID:tDqPkZEy0

お疲れさんです

また新たにスレが建ったら参加させてもらいます

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 02:07:03.44 ID:vYZTt46v0

お疲れ様。次の機会を楽しみにしてるよ。

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/09(木) 02:07:28.98 ID:JfXgibop0

おつです
続き楽しみにしてる!




26: ◆r3yksmPHg2 :2009/07/09(木) 02:09:07.33 ID:XaR8X+ln0

ほんとうに結構人居たんだな…
またよろしくです。

女勇者「強くてニューゲームっ♪」
女勇者「勇者になんて、生まれたくなかったんだよ?」
女戦士「勇者様に会いにいくよ」





関連記事
スポンサーサイト
・無料で女の子と出会ったったwwwwww
[ 2014年04月14日 14:05 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。