▼▼ Head Line ▼▼

傑作ちゃんねる -2ch傑作まとめ TOP  >  スポンサー広告 >  SS >  魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」

1 :おつかい:2009/08/26(水) 00:50:52
この世界には、魔王がいました。
侵略や虐殺を繰返す魔王に、人間達は遥か昔から苦しめられていました。
ある時どこかの国の王様が、遂に魔王を封じることに成功します。
これで人々には、平和が約束され……──たかに思われました。

その後少しの時を経て、魔王の封印が解かれてしまったのです。
再び世に現れた魔王は自身を封じた国を滅ぼし、魔王城へと戻っていきました。
こうして振り出し。こうして元の木阿弥です。

ですが少しだけ、以前と異なる点がありました。


魔王の部屋─

魔王「………またか」
娘「………」
魔王「自分の部屋で寝ろと言うのに……年頃の娘が全く…(ブツブツ)」
娘「むー……にゃふ」
魔王「こら、起きろ」
娘「ふぁあ……おとーさんだ」
魔王「ああ父だ。お早う」
娘「おはよー」


魔王に、娘ができていました。
魔王「今日も平和だ飯がうまい」
魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」
魔王「どうか、***」






2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/26(水) 00:53:24
魔王「お前、いい加減にしろよ」
娘「えー……」
魔王「えー、ではない。いつまで私と寝所を共にする気だ」
娘「半永久的?」
魔王「…改める気が全くないという事が理解できた」
娘「いいじゃない、減るもんじゃなし」
魔王「お前の何かが着実に磨耗されているのだが」


娘「お父さんは良い人でもいるの?」
魔王「いいや」
娘「そして、私にもそんな人はいません!」
魔王「ふっ…そんな者、存在を確認した次点で消炭だ」
娘(…自分も大概だって、自覚ないんだろうなー)





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/26(水) 00:59:07
娘「ま、まあ。こういう次第で何も問題はないのです!以上!」
魔王「……腑に落ちん」
娘「ほら、早く食べないと朝ご飯が冷めちゃうよ」
魔王「…ああ」
娘「おいしいねー」
魔王「そうだな、美味いな」


ギイッ

側近「よーっす」
魔王「側近か」
娘「側近おはよー」
側近「今朝も娘ちゃんは魔王と一緒か。物好きだねー」
娘「競争相手が少なくていいもんだよ!」
側近「なるほど」
魔王「待て、お前達」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/26(水) 01:05:11
側近「さて、気を取り直して……今日こそ仕事をしてもらうぞ、魔王」
魔王「む……本日は体調が優r」
側近「うるせえ!お前はいつになったら調子が良くなるんだ!復活してもう何月経った?!!」
娘「気が向いたら元気になるんだよねー」
魔王「そうだな。気が向けばな」
側近「うっぜえええ…」


側近「ったく…娘ちゃんは毎日自分の分片してから、お前と遊んでるっつーのに…」
魔王「うむ。よく出来た、自慢の娘だ」
娘「えへへ…」
側近「娘ちゃんが出来る分、お前のダメさが目立つんだがなあ……」
娘「お、お父さんは駄目じゃないよ!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/26(水) 01:07:48
娘「そりゃ…お父さんはちょっと魔王っぽくないし、ニートだし、取り得といえば園芸くらいだけど…」
娘「それでも、私の自慢のお父さんなの!」
魔王「………ありがとう、娘よ」
娘「……お父さん」
側近「帰りてえ」


側近「駄目かどうかはもういい…とりあえず、今日こそ仕事しやがれ」
魔王「ふっ………愚かな。この机の山に挑むと言うのか」
側近「山を作ったのはてめえだろうが。今日だけと言わず終わるまで監禁して」
娘「あ、それなら全部私が終わらせておいたよ?」
側近・魔王「何、………だと?」





7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:06:15
娘「昨日、夜ご飯の後暇だったから…つい」
魔王「………どうだ」
側近「(パラパラ)……完璧。相変わらず憎たらしいほどチートだねえ」
娘「今日の分も、私がついでにやっておいたの!これで今日も一日遊べるよ!」
魔王「……すまんな、お前に頼ってばかりで」
娘「そんな…っ!いいんだよお父さん!」


娘「お父さんと一緒にいれるなら、私は何だって頑張るんだから!」
魔王「娘……それほどまでに私を…」
娘「だって……親子でしょ?」
魔王「ああ…ありがとうな(ナデナデ)」
娘「えへへー…」
側近「………」




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:08:08
夜─

コンコン

娘「はーい」
側近「…俺だけど、ちょっといいかな?」
娘「もしかして夜這い?」
側近「んな死に直結するような真似誰がする?!入るぞ!」
娘「はいはーい」


娘の部屋─

娘「すぐお父さんの部屋に行くから、手短にね」
側近「すぐ済む。ちょっと魔王のことで話があるんだ」
娘「お父さん?お父さんがどうかしたの?!」
側近「……どうにか、なるかもしれないと言うか…」
娘「?」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:09:32
側近「あいつが不在の間、形式的に魔王は娘ちゃんだっただろ?」
娘「う、うん。側近や城の皆のお陰で、魔王ができたんだよ」
側近「いいや、娘ちゃんが頑張ったからだろ。俺達はちょっと背中を押しただけさ」
娘「…ありがと」


娘「……でも、お父さんが戻ってきた今、私の身分はただのお付き。側近と大して変わらないよ」
側近「ああ…でもそれが問題なんだ」
娘「……私、何かやっちゃった?」
側近「とんでもない。娘ちゃんは完璧だ」




10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:11:38
側近「ただ、完璧すぎる」
娘「完璧、すぎる……?」
側近「あいつは…魔王は元々仕事が出来るというよりも…その人柄で、それなりにまあまあの支持を得ていた」
娘「先代様がやり手な魔王だったから、逆にお父さんが魔物の皆に受けたんだっけ」
側近「ああ……先代様は魔物に対しても無慈悲なお方だった…だから皆、疲れてしまった」


側近「だが、魔王の支持が今後揺らいで来るかもしれない」
娘「……私が、出しゃばるから? やっぱり元々が人間だと…皆嫌なのかな……」
側近「城の魔物は皆娘ちゃんの味方だ。誰も文句は言わんし、応援してるよ」
娘「な、なら別に……」
側近「世界中に、魔物は数多く存在している。城にいる魔物なんざ、ごく僅かだ」
娘「あ…」




11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:12:40
側近「率直に言おう。大半の魔物たちは未だ、娘ちゃんのことを快く思ってはいないんだ」
娘「………」
側近「最近噂になってるんだよ。魔王が復活したのに、偽の魔王が実権を握ったままだ…って」
娘「偽……か。私はまだ、本物にはなれないのかな…」
側近「無責任な話だよ。あんまり気にすんな」


側近「しかし、このまま娘ちゃんが活躍して、魔王がニートのままだと……城にいる奴等は娘ちゃん、それ以外は魔王を立てるだろう」
娘「対立の火種になるかもしれない……か」
側近「ああ。どれくらい大きくなるかも分かんねえし、あくまで可能性の話だがな」
娘「ごめんなさい…私、何も考えてなかった……」
側近「いや…娘ちゃんが謝ることはねえよ。十割方あいつが悪いんだし」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:14:59
娘「……どうすればいいのかな」
側近「娘ちゃんには少しの間休んでもらって…あいつにみっちり仕事をさせようと思う」
娘「そ、それは……どっちも無理だよ」
側近「おお。言い切ったか」
娘「だって…私がやった方が確実で正確だと思うと……ついつい手が」
側近「だからそれが駄目なんだって」


娘「うん、分かった。心を鬼にして…お父さんを頑張らせる」
側近「難しく考えなくても、娘ちゃんが言えばあいつはやる気を出すと思うぞ」
娘「ふふ……そうだったね。あの頃はお父さん、私が見てるからって、一生懸命お仕事してたなあ」
側近「大体娘ちゃんは働きすぎだ。たまには気分転換でもしたらどうだ?」
娘「うーん…それも難しいよ…」




13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:18:09
娘「私、ずっと魔王だったから……お休みって、何をやればいいのか分からないよ…」
側近「好きなことをして時間を潰せば…ああ、駄目だな……」
娘「私の趣味は仕事とお父さんだからね!」
側近「まあ…その辺は明日考えようか…じゃあ、お休み」
娘「うん。お休みなさい」




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:19:03
魔王の部屋─

娘「……」
魔王「全く、また今夜もか…………どうした」
娘「え」
魔王「顔色が優れぬ。何かあったのか」
娘「何でもないよ!この通り、ピンピンしてるよ!」
魔王「…そうか」


魔王「まあいい。ほら、こちらに来い」
娘「……うん」
魔王「お前が言いたくなるまで、私は何も聞かんよ。さあ、眠れ」
娘「お父さん…」
魔王「何だ?」




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:21:31
娘「私ね、お父さんを守るの」
魔王「ほお…」
娘「昔お父さんが私を攫って守ってくれたみたいに…今度は私が守ってあげるの」
魔王「………私も、お前を守って…共に生きたい」
娘「同じだね」
魔王「ああ。同じだな」


魔王「心配はいらん。私はもう、どこにも行かない」
娘「うん……ねえ、お父さん」
魔王「何だ?」
娘「私ね、魔王やってる、お父さんが見たいなあ…」
魔王「……分かった。お休み、娘」
娘「お休みなさい、お父さん」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:25:27
娘(……お父さんは仕事…なら、私は何をすべきなんだろ)

娘(私は私で…魔物の信頼を築かなきゃいけない……)

娘(元人間の私が、そう簡単に受け入れてもらえるとは思わないけど…何とかしなきゃ)

娘(あ…)

娘(そうだ。あれ…あの仕事、私が片付けちゃお……)




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:32:43
次の日─

魔王「お早う……今朝は、早いんだな」
娘「おはよ。ちょっと準備があるから、早起きしたんだ」
魔王「準備?」
娘「うん。ちょっとの間、出張します」
魔王「な……………………?!」


魔王「側近!側近!!」
側近「朝からうるせえよ…」
魔王「一体どういうことだ?!!」
側近「何がだよ」
魔王「娘が出張すると言い出した!!」
側近「……あ、ああ…なるほどね」




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:33:16
娘「報告書によると……この地域に住む魔物が、最近暴れてるみたいなの」
側近「最近、近くの人間を食い散らかしてるようだ…ってあれか。討伐隊が出るって噂もあるみたいだな」
魔王「そんな所に何をしに行くと言うのだ?!」
娘「報告の事実確認と、今後の対策を練るために現地調査をしに行くの」
魔王「だ、だが別にお前が行かずとも…」
娘「ううん。私が行くよ」


娘「私、ずっと城の中でばかりお仕事してたから…たまには外の仕事もいいかな、って」
魔王「しかし、外は危険だ!お前にもしものことがあれば…私は……私は!」
側近「国一つ余裕で滅ぼす魔王後継者に、何を言ってんだお前は」
娘「そうそう。私のことなら、心配いらないよ!」
魔王「くっ………!!」




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:34:43
魔王「側近!」
側近「何だよ」
魔王「魔王直々に命ずる!お前が代わりに行け!!」
側近「あー、それ却下」
魔王「何故だ?!!!!!」


側近「娘ちゃんは仕事がもう他に無い。俺とお前にはある」
魔王「何を言うか私も無いぞ!昨日娘が片付けてくれたからな!」
娘「お父さん、威張れることじゃないよ」
側近「残念。今日の分がほれ、この通り山と」
魔王「な、ん………だと?」




20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 02:35:41
魔王「この量は、私一人分………か?」
側近「勿論、留守中の娘ちゃんの分も入れてっから。ま、死ぬ気でやればいつか終わるんじゃね?」
娘「私も頑張るから、お父さんも頑張ってね♪」
魔王「く……っ!何だお前達その満面の笑みは!」
娘・側近「別にー」
魔王「実の娘と側近にハブられる、だと…?!」




22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:06:03
魔王「……娘」
娘「じゃあ、行ってくるね!」
魔王「待て。忘れ物は無いか?」
娘「大丈夫だよ。それじゃ」
魔王「待て、顔色が冴えぬぞ。熱があるのではないか?やはり出張は取り止め」
側近「はいはい。そこまで」
魔王「む………」


娘「大丈夫だよ。そりゃ、私もちょっとは不安だけど…未来の魔王として、色んなことに挑戦して、経験を積まないとね!」
魔王「娘…」
娘「だから、お父さんは私がいない間、ちゃんと現役魔王らしく仕事すること!」
魔王「……分かった。お前がそう言うなら…努力しよう」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:07:32
娘「約束だよ?」
魔王「ああ。お前も、くれぐれも無茶はするなよ」
娘「約束します!」
魔王「……良いだろう。行け」
娘「…ありがと」
魔王「お前は一度言い出したら、他の言葉など聞かんからな」


側近「娘ちゃん、娘ちゃん」
娘「何?」
側近(…気ぃ使わせちまって、悪かったな)ヒソヒソ
娘(いいよ。お父さんのことよろしくね)ヒソヒソ
側近(ああ……みっちり仕事漬けにしてやんよ)ヒソヒソ
娘(ふふ…これで仕事する習慣がつけばいいね)ヒソヒソ
魔王「あからさまな内緒話をするな。気になるだろうが」




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:08:37
側近「じゃあま…気をつけてな」
娘「うん!」
魔王「本当に共はいらんのだな…?」
娘「私一人の方が人の町に潜り込みやすいしね。そんなに大きな仕事じゃないし、平気だよ」
魔王「そうか……分かった」


魔王「では……行って来い」
側近「行ってらっしゃい」
娘「ありがと!行ってきます!!」

娘はワープの呪文を唱えた!

魔王「本当に、気をつけてなーーー!!!」


魔王「……はあ」
側近「早々に溜め息か。長くても五日で帰ってくるんだから、ちっとは我慢しろよ」
魔王「いや。昔は泣いてばかりいたというのに…大きくなりおったな…と」
側近「………そうだよな。お前にとっちゃ、ついこないだまで娘ちゃんはちっちゃくて…」
魔王「よし、私も負けてはおれんな。リハビリがてら、仕事でもするか」
側近「おおうツッコミ待ちか?」




25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:25:33
某国某街─

娘「わあ……(キョロキョロ)」
娘(報告書にもあったけど…本当に大きな街…)
娘(どこを見ても人間ばっかり…当たり前だけど)
娘(人も一杯だけど……お店も一杯…)
娘(平和そうだけど…本当にこの近くで、魔物が暴れているのかなあ……)


娘「……?」
娘「……」
娘「……(パク)」
娘「……♪」




26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:27:41
娘「はっ………?!」
娘(違う!何で私観光しちゃってるの?!何で買い食いしちゃってるの?!)
娘(こんな庶民派な魔王は……駄目だよね、そうだよね……)
娘(うう…魔物に認めてもらうため、まず手近な所からポイントを稼ごうっていう緻密な計画が……)
娘(こんなところ誰かに見られたら…もう消すしか)


店主「なあ。お嬢ちゃん」
娘「ふぶっ?!」
店主「何だい、そんなに驚くこたねえだろ…」
娘「ご、ごめんなさい……何かご用でしょうか…?」
店主「いやなに。ちょっと気になったもんだから」
娘「?」




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:29:30
店主「お嬢ちゃんはこの街の人間ってわけでもなさそうだし…ひょっとして一人旅かい?」
娘「はい、そうです…けど」
店主「じゃあ……ここから南の方角に、山脈があるだろ?」
娘「あ、はい…」
店主「あの山脈の奥には、凶暴な竜が住んでいるんだ」


店主「最近、その竜が山を下りて人を襲うようになってね……山近くの街道で出くわすことがあるらしい」
娘「それは…本当なんですか?」
店主「昨日も犠牲者が出たところだ。だから南には行かないほうがいい」
娘「……ご忠告、ありがとうございます」
店主「何、お嬢ちゃんみたいなべっぴんさんを、危ない目に会わせらんねえからな」




28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:31:00
店主「しかし物騒な世の中になってきたもんだねえ」
娘「……半年ほど前に滅んだ隣国、ですか?」
店主「王都に残った国王も兵も、一人残らず皆殺しだろ…本当、世も末だよ」
娘「そ、そうですね……」
店主「その上、魔王の封印が解けたとあっちゃ……次に狙われるのは、この国かもしれん」
娘「今のところ、そんな予定は…」
店主「え?」
娘「い、いえ!なんでもありません!」



店主「まあ何にせよ…あの山にだけは近付かん方がいい。命が惜しいならな」
娘「分かりました。そんなに恐ろしい場所があるだなんて、私ちっとも知りませんでした…」
店主「最近の話だしなあ。ま、国王様から直々に討伐隊が派遣されるって噂だし、もう少しの辛抱さ」
娘「……そうですか。貴重なお話、どうもありがとうございました」
店主「いやいや。まあ、気をつけてな」
娘「はい」


娘(………報告書通り)
娘(嘘をついているようには見えなかったし、そんなことをしてもメリットが無い)
娘(討伐隊の話は噂でも…魔物は本当に騒ぎになっている様子……)
娘(これは……やっぱり直接確かめるのが一番か……な)




29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:38:36
山─

娘「うっわあ……」
娘「どうやら…人はあんまり来ないみたいだね…手付かずの大自然か…」
娘「はあ…暗いしジメジメするし進みにくいし…」
娘「木とか切り倒しながら進んじゃ駄目……だよねー…」
娘「うう……独り言が多くなる虚しさ…」


娘「……はあ」
娘「……」
娘「………」
娘「……………」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:39:12
洞窟・入り口─

娘「……この奥、か」
娘「大丈夫。きっと、いい人…いや、いい魔物だよ…」
娘「別に戦いに来たわけでもないんだし……でも城の外に住む魔物に会うのは初めてだし…」
娘「うう…………よし!」
娘「行くか」


洞窟・奥─

娘「………」
竜「………」
娘「お前がここの主か?」
竜「………」
娘「答えろ」




31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:45:42
竜「貴様は……人、か?」
娘「違う。もう、人ではない」
竜「…そうか、ならば貴様が…あの偽の王か」
娘「……」
竜「ふん」


竜「陛下が消え……側近殿が救出の算段を立てていると聞いてはいたが……」
娘「………」
竜「真相を知り驚いたよ。人間が魔王を騙るとはな」
娘「………私はもう、魔王ではない。その名は父上にお返しした」
竜「父、か…陛下もお戯れが過ぎたようだ」
娘「その言葉……父上への侮辱と取るが、構わぬな?」
竜「くっくっく………若い。若いな偽の王よ」




32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:47:47
竜「与太話はここまでだ。わざわざ訪ねて来るとは、何用だ」
娘「お前が人間を襲っているという話を耳にした」
竜「……ふん」
娘「何故、今頃になって人間を煽るような真似をする?これまで、お前は縄張りである山を出ることは無かったと聞くが…」
竜「言えぬな……」


竜「…貴様には、言わぬ」
娘「………そうか」
竜「どうする、偽の王。従わぬ我を殺めるか?」
娘「そのような無粋な真似は好まぬ。喋りたくなるまで私は待つよ」
竜「…………」
娘「それに、今日は顔を見せに来ただけだ。また明日来る」
竜「……勝手にしろ」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/02(水) 22:48:32
洞窟・入り口─

娘「……ふう」
娘「き、緊張した…」
娘(気難しそうだけど……別に訳ありって感じはしなかったな…)
娘(気長に頑張ろう………きっと、分かってくれるはずだから)


娘「『偽の王』、か……」
娘「私はいつまで経っても…偽物のままなのかな」
娘「………ううん」
娘「こんなこと言っちゃ、お父さんが悲しむよね」
娘「私は私の本物」
娘「それで……いいんだよね」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:31:38
街─

娘「さてと。宿を探さないと……ん?」
娘「あっちの方が騒がしいな…」
娘「まさか…また人間が襲われたとか」
娘「時間もあるし、見に行ってみよう」


ザワザワ…

騎士「皆の者、長旅ご苦労だった。今夜はゆっくり体を休めてくれ」
騎士「明日からはこの周辺の巡回と、遺族への聞き込みを行う」
騎士「気を引き締めて、任務に臨んでくれ」
兵達「はっ!!」




36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:32:20
娘「これは…」
店主「おお、さっきのお嬢ちゃん!見ろよ!すげえ事になったぞ!」
娘「…本当に来ちゃったんですね……兵が」
店主「ああ!国王様も仕事が早いぜ!これでひとまずは安心だな!」
娘「ええ……」


娘(確かにあの鎧に刻まれた紋章は王家のもの……つまり本物)
娘(数は二十ほど。装備を見る限り、今回の目的は討伐ではなく視察)
娘(しかし、事態が悪化したことに変わりはない)
娘(下手をすると……本当に厄介なことになる…!)
娘(とりあえず私は目立たないようにしないと……)




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:32:56
店主「お嬢ちゃんどうした、顔色が悪いようだが…」
娘「あ……すみません。ちょっと考え事をして…大丈夫です」
店主「そうかい?ああそうだお嬢ちゃん、今夜の宿はもう決めてあるのかい?」
娘「い、いえ。まだですけど」
店主「俺は宿屋もやってるんだ。お嬢ちゃんは何やら訳ありみたいだし特別に安くしとくよ、どうだい?」
娘「では……よろしくお願いします」
店主「おう!」


騎士「……?!」
兵「どうしました、隊長殿」
騎士「あの女性は……」
兵「おお…すっげー美人ですね。隊長殿はああいうのが好みで……って聞いてますか隊長殿」
騎士「まさか…いや、そんなはずは……」
兵「もしもーし」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:33:39
翌日─

娘「ふああ……むう」
娘「一人で寝たのは久々だー」
娘「そしてやっぱり…未だに一人じゃ起きられない私……」
娘「もうお昼か…これじゃ、お父さんのこと馬鹿にできないなぁ…」


娘「お昼ご飯を食べたら、また主の所に行こーっと」
娘「兵に見つからないようにしないとなあ…絶対止められちゃうもの」
娘「とにかく、今日からはなるべく目立たないようにして…」
娘「目を合わせないで、姿を見かけたらすぐ逃げて……って」
娘「私…犯罪者みたいだなあ……まあ、悪いことは色々したけどさ…」




39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:34:25
娘「おは……ううん。今日は、おじさん」
店主「お、やっと起きたかお嬢ちゃん」
娘「ははは…お部屋が良くって、ぐっすり眠れましたよ」
店主「そりゃあ嬉しいね。…って、そうだ、お嬢ちゃんにお客さんが来たんだよ」
娘「へ?私にですか?」


娘(お父さんか、側近かな。全くもう心配性なんだから…)
娘「どんな人ですか?」
店主「聞いて驚くなよ…?昨日見た、あの兵達を率いていた騎士様だ」
娘「え……ええええええええええ?!」




40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:35:45
娘「な、何でですか?!」
店主「俺に聞かれてもなあ。朝早くにやって来て、お嬢ちゃんに会いたいと言ってきてね」
娘「それでその人は?!!」
店主「お嬢ちゃんが起きて来ないから、また昼過ぎに来るって一旦帰ったよ」
娘「あ…あわわわ」
店主「どうしたお嬢ちゃん、昨日に増して顔面蒼白だぞ」


娘「す!すみません!私今すぐ宿を出」
騎士「今日は…あ」
娘「……………?!」
店主「おお、騎士さん。お嬢ちゃんが起きたぞ」
騎士「…………」
娘「あ……あの、その」


店主「そこいらの怪しい奴ならお嬢ちゃんに近付けねえんだけど、騎士様なら安心だろう」
娘「あ、あの…おじさんちょっと」
店主「おっと失礼。後は若いもんに任せねえとな」
娘「え、ちょ?!違」
店主「まあまあ、表の喫茶店でも行って来いって。な?」
娘「う、うあ……は、はい」
騎士「………」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:38:26
喫茶店─

娘「………」
騎士「………」
娘「………」
騎士「………」
娘「………」
騎士「………」


娘(う、うう……もう半時間も黙ったまんま)
娘(思わずサクっと殺っちゃいそうだよ……街中だし、我慢我慢…)
娘(正体がバレてるわけではないみたいだけど…この人の目的が分からない……)
娘(私に何の用なんだろう……)
娘(…………あれ)
娘(この人……どこかで…?)





42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:39:36
娘「あ、あの」
騎士「私の名は騎士と言います」
娘「え……は、はあ」
騎士「君の名前を……教えてくれますか」
娘「えっと……娘です」
騎士「娘さん、か。ありがとう」
娘「……はい」
騎士「ああ、すみません」


騎士「昨日古い知り合いに似ている貴女を見かけて……それで気になったんです」
娘「知り合い……ですか」
騎士「ええ。ですが、どうも私の勘違いだったようです」
娘「はあ」
騎士「お詫びに、今日はお昼をご馳走させてください。お願いします」
娘「はあ……(よかった…ナンパか……)」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/03(木) 23:40:16
一時間後─

騎士「女性の一人旅とは……さぞかし苦労していることでしょう」
娘「い、いえ。私は少しその……魔術の心得がありまして」
騎士「しかし貴女はか弱い女性です。強い魔物に襲われでもしたら、どうするのです」
娘(知り合いなら談笑で済むんだけどなあ……あ)
娘「すみません、私用事がありまして……この辺で失礼します」
騎士「そうですか、残念です。もしよろしければ、送らせて頂いても……」
娘「け、結構です!失礼します!!」
騎士「あ!!」


騎士「行ってしまった……」
騎士「そうだよな」
騎士「そんなわけが無い」
騎士「あの人は違う……」
騎士「姫は……ずっと昔に亡くなったのだから」




44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:42:08
娘「疲れた……」
娘「目立っちゃいけないのに……どうしてこんなことに……」
娘「まあ……」
娘「お昼ご馳走してもらったのはいいんだけどね!」
娘「……はあ」


洞窟─

竜「……また来たのか偽の王」
娘「その呼び名はやめてくれ。もう私は王ではない」
竜「では、偽の姫」
娘「あまり変わらんな……」
竜「貴様はどちらつかずの紛い物。そう呼ぶ他、ないだろう」
娘「……まあいい。好きにしろ」
竜「ふん」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:43:00
竜「しかし偽の姫よ。貴様、人の臭いが染み付いているな」
娘「ああ。麓の街で寝泊りしているからだろう」
竜「不愉快だ。今直ぐ頭から齧ってやりたくなるくらいには、不愉快だ」
娘「気難しい奴だな……。今更人間の臭いなど、気にするものでもあるまいに」
竜「言っておけ」


娘「ところで、だ。お前がむやみやたらと暴れるものだから、国から調査の人間がやって来たぞ」
竜「知らぬ。邪魔になれば、そやつらを食ろうて仕舞いよ」
娘「やめておけ。本格的に人間を敵に回す気か」
竜「ふん。偽の姫は今も人を捨てきれずにいると見た」
娘「そうではない。支援するこちらの身になれと言っている」
竜「先の戦いで、軍が疲弊でもしているのか?」
娘「いや。また新たに一つ国を落とす労力を考えろ」
竜「……くっくっく」





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:44:07
竜「随分と血の気が多いな、偽の姫よ」
娘「一度衝突が起これば、いずれそうなるのは必至だろう。何せ私は手加減などできぬからな」
竜「聞けば……先の戦いで、貴様は配下の魔物を中々戦いに出さなかったと聞くが」
娘「ああ。皆が傷つく様など見たくもなかったからな」
竜「ふん。人のくせをして」
娘「もう人ではない。魔物だ」


娘「父上をお助けするには人間でいなければならなかった……もうその必要も無くなったからな」
竜「人から魔物への転変の術か。そのようなものが実在するとはな」
娘「だから私は魔物だよ。お前の同胞だ」
竜「ふん。心の底では人間を捨てきれていないとも限らんだろう」
娘「……平行線だな」
竜「分かったのならば早く消えろ」





47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:45:00
竜「私は貴様と違い、忙しい身だ。もう一度だけ言う。消えろ」
娘「……分かった。先ほども言ったが、人を襲うのはなるべくやめておけよ」
竜「……貴様に指図を受ける謂れはない」
娘「また明日来る」
竜「…………」


娘「…………」
娘「はあ……」
娘「がんばろ」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:47:34
娘「さーてと」
娘(おじさんには悪いけど、宿を変えないとね)
娘(あの若い騎士さんとこれ以上会わないためにも……)
娘(とりあえず、裏通り辺りで古くて安くてダメそうな宿でも探すかな)
娘(犯罪者が潜伏していそうな、ね!)
娘(…………強く、生きるもん)


宿─

娘「い、いえ、ですから……」
店主「金のことなら負けてやるって。何ならタダでもいいくらいだ!」
娘「あ……えっとそのでも悪いですし」
店主「気にすんなって!」
娘「いやあのその……うう」





49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:53:01
騎士「こんにちは」
娘「う?!」
店主「おお、どうした騎士さん。またお嬢ちゃんに用かい?」
騎士「ええ。今日の任務が終わったので、夕飯もご一緒できないかと思いまして」
娘(しつこいよこの人!!)
店主「いやあ、実はね」


店主「お嬢ちゃん、金がなくなってきたからもっと安い宿に移るって言うんだよ」
騎士「それはそれは……」
店主「ウチより安いとこなんて、治安も質も悪いとこばっかだ。だからもっと安くしてやるからって止めてた所なんだよ」
娘「いや……やっぱりそれは悪いですし」
騎士「……分かりました」
娘「え」
騎士「私が宿代を立て替えておきましょう」
娘「えええ?!」




50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:54:07
娘「そ、そんな!悪いです!今日会ったばかりの方にそこまでして頂いては……!」
騎士「貴方のような女性が困っている時に力になれなかったとあらば、一生の恥となります。お気になさらず」
娘(爽やかにいい人しないでお願い!!)
娘「でも何もお返しできるものがありませんし……」
騎士「では、お願いがあります」


騎士「夕食もお付き合い願いませんか?勿論私がご馳走します」
娘「え、えええ?!」
店主「あはは。騎士さんもすみに置けないねえ」
騎士「如何でしょう?」
娘「あ……えっと、その」





51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:56:07
夜─

娘「ご馳走様でした……」
騎士「お気になさらず。私が誘ったのですから」
娘「はい……あ、あの」
騎士「はい」
娘「あ、ありがとうございます」
騎士「どういたしまして」


娘(結局宿代も立て替えてもらったし、ご飯もまたご馳走になって……)
娘(こういうの、良くないよね……)
娘(私はもう人間じゃない)
娘(人と関わりを持ってはいけない)
娘(……はずなのに)





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 19:58:43
騎士「娘さん」
娘「は、はい」
騎士「先ほどから黙ったままですが、どうかしましたか?」
娘「え、えっと……あ、あの一つ聞いてもいいですか?」
騎士「ええ、何でもどうぞ」
娘「私に似ている古い知り合いって、どんな方なんですか?」
騎士「…………」


娘「少し気になって。だから、私に親切にして下さるんですよね」
騎士「……恥ずかしながら」
娘「あ、別に言い辛ければ無理にお聞きするつもりはありませんから」
騎士「いえ……構いません。貴女になら、話してもいいかもしれません」





53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 20:01:35
騎士「まず、私の身分を明かしておきましょう」
娘「騎士様ではないんですか?」
騎士「私は……この国の王位継承権を持つものです」
娘「?! じゃ、じゃあ」
騎士「はい。恥ずかしながら、王子と呼ばれることの方が多いですね」


娘「そんな方がどうしてこんな所に」
騎士「一度王となってしまえば、自由が効かなくなりますから。今の内に我が国を見て回りたいと思いましてね」
娘「それは……ご立派ですね」
騎士「いえいえ。危険な任務など貰えないため、申し訳程度に遊んでいるような放蕩者ですよ」
娘「は、はあ」
娘(……私も似たようなものか)





54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 20:09:18
騎士「そして、貴女は」
娘「は、はい」
騎士「私の許婚によく似ているのですよ」
娘「…………え」
騎士「まあ、今となっては元許婚ですが」


騎士「親の決めた許婚で、子供の頃に何度かお会いしただけですが……」
騎士「優しく、笑顔の似合う、とても可愛い女の子でした」
騎士「許婚の意味すら分かっていなかった私でしたが、彼女と会えるのを、いつも楽しみにしていました」
騎士「ご存知ありませんか?その昔魔王に殺められた……隣国の姫君のことを」
娘「あ……あ」




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 20:11:00
騎士「最後にお会いした時、なぜか彼女はとても辛そうだった」
騎士「私が言葉をかける度に俯いて、終いには涙を流してこう言いました」
騎士「『ごめんなさい』と。何度も何度も」
騎士「あの時、彼女が何を謝っていたのか、私には分からぬままです」
騎士「その少し後に、彼女は魔王に攫われましたから」」
騎士「折角、次に会った時は喜んでもらえるようにと、子供ながらに色々と策を練っていたのに」
娘「…………」


騎士「生きていたら……彼女はきっと、貴女のように素敵な女性になっていたと思います」
娘「……」
騎士「あはは、勿体無いことです。私はこんな美人と結婚できたかもしれないのに」
娘「魔王を」
騎士「はい?」
娘「恨んでいますか」
騎士「そうですね」





56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/08(火) 20:29:16
騎士「当然、憎んでいます」
娘「……はい」
騎士「確かに、親の決めた相手でした」
騎士「会ったのもほんの数回。私は彼女の好きな花、好きな言葉、何一つ知らない。今も知らないままだ」
騎士「それでも……大事な、初恋の人でした。今から思えば、ですがね」


騎士「魔王は姫を殺めただけでなく、国さえも滅ぼした」
騎士「そのせいで民は国と王を失い、何もかも奪われました」
騎士「私の国が彼らを受け入れるのにも限度があります。食料も住居も、何もかもが足りません」
騎士「我が国の民にも不安が広まっています。大きな混乱が起こる可能性だって、十分にある」
騎士「その全ての元凶は魔王です。魔王さえいなければ、誰も不幸にならなかったはずなんです」
騎士「だから私は……絶対に魔王を許さない」
娘「……」




58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:02:21
宿─

娘「ふう」
娘「……だから、か」
娘「だから見覚えあったんだなあ」
娘「ふふ……あんな昔に一度だけ会った人のことなんか、よく覚えてたもんだよ」
娘「本当に。人間の、ことなんか……」


騎士『私は……絶対に魔王を許さない』
娘『許さない、と言うのであれば』
騎士『……』
娘『貴方は魔王を討つ気でいるのですか』
騎士『ええ』
娘『無謀以外の何物でもありませんよ』
騎士『そうでしょうね』





59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:03:45
騎士『私個人に出来る事など、たかが知れています』
騎士『ですが、私は特別な人間だ』
娘『……王として、魔王に挑むと言うのですか』
騎士『はい。時代は確実に、人と魔王との戦争へと流れています』
騎士『このままでは人が滅ぶかもしれない』
騎士『我が国もそうですが、他の国々も皆一様にそのような危惧を抱いています』
騎士『ここだけの話。近々この近辺の国王同士で話し合いが設けられる予定なのです』
騎士『そこで、魔王への対抗策などを話し合うことになっています』


娘「困ったなあ……」


騎士『私が父上から王位を授かる頃には、きっと争いが眼に見える程近くにあることでしょう』
娘『……』
騎士『ですが私は恐れない』
騎士『人の未来のため、守れなかった彼女のためにも』
騎士『王として最後まで民を守り、戦い抜くと誓います』
娘『……』





60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:04:50
騎士『ああ、すみません。突然こんな話をしてしまって……』
娘『いえ……ですが、良かったのですか? そんな話を、私のような素性の分からぬ者にしてしまって』
騎士『貴女だからですよ。貴女なら、むやみやたらに吹聴して回ったりしないと思いまして』
娘『もう。一国の王子様がそんなに口が軽くていいんですか?』
騎士『美人の前では、私はただの騎士ですからね』
娘『ふふ、お上手ですね』


娘「戦争か。戦争になったら……」
娘「私の仕事が増えちゃうじゃない」
娘「……」





61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:07:22
───………

『正気ですか王!!』
『仕方があるまい……この縁談を白紙にするのはあまりに惜しい』
『だからといって! 死んだ娘の代わりなど……おぞましいことです!!』
『もう、決めたことだ』
『王! 何故ですか! 何故、何故私達の娘は死に』

『あのような下賤な産まれの子供を、娘と偽り育てなければならないのですか?!』


『王妃も死んでしまうとはな……』
『しかし、私はこの血を次に繋げる義務がある』
『お前はその時間を稼げ』
『隣国に嫁ぎ、我が国のために生きろ』
『分かったな』


『どうしたの?』
『ぼくだよ。いっしょに遊ぼうよ』
『泣いてるの?』
『どうして?』
『どうしたの? 姫さま』


『姫だな?』
『わりぃんだけど、ちょっと攫わせてもらうわ』
『うちの王様がお前をご所望なんでね』
『ん? 俺は魔物で、俺らの王様は魔王様だ』
『まー多分殺しはしないと思うから、せいぜい大人しくしてくれよな』


『……?』

『お前』

『姫か?』




62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:08:27
偽姫「…………」
偽姫「…………」
偽姫「…………」
偽姫「…………」


偽姫「…………」
偽姫(しんじゃうの、かな)
偽姫(あのおんなのひとがいっていた)
偽姫(『おまえは、なんでしなないのか』って)
偽姫(たぶんそうなる)
偽姫(しんじゃうのか)




63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:09:33
偽姫(こわくない)
偽姫(ずっと、しんでいたから)
偽姫(いっしょ)
偽姫(いっしょのこと)
偽姫(こわくなんか、ない)
偽姫(しぬのって……いたいのかな)
偽姫(やだな)


偽姫(まもののひとはこわいし)
偽姫(まおうのひとは、もっとこわい……)
偽姫(ひとりぼっちでしぬのかな)
偽姫(こわいな)
偽姫(やだな)
偽姫(…………)
偽姫(……う)
偽姫「……うぐ」




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:10:32
ギィッ……

偽姫「ひっぐ……えう」
魔王「?!!」
偽姫「う…えぐ、あ、う」
魔王「お前…全く食事に手をつけていないではないか!」
偽姫「ひっ………!」
魔王「あ、ああすまん。そんなに怯えるな、寿命を縮めてしまうだろう」
偽姫「ひっ…………う」


魔王「…ほら、食え。口を開けろ」
偽姫「……(フルフル)」
魔王「くそ……どうすれば」
偽姫「………」
偽姫(あ)
偽姫(おこっちゃったかな……)
偽姫(ころされちゃうのかな……)
魔王「そうだ!」
姫「……?」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:11:33
魔王「ほら、これならどうだ」
姫「…え」
魔王「わざわざ持ってきてやったのだ。ケーキなら、食えるだろう?」
姫「……」
偽姫(いちごのけーきだあ……)
魔王「食わんのか?子どもなら、甘いものが好きなはずだろう」


魔王「食ってくれ。お前に食ってもらわねば、私が困る」
姫「………」
魔王「ほれ」
姫「……(パク)」
魔王「よしよし、もっとあるぞ。沢山食え」
姫「……(パク)」
偽姫(あまい……おいしい)


魔王「平らげてしまったな。これなら、普通の食事も食えるだろう」
姫「あ、あの」
魔王「何だ」
姫「あ……ううん」
魔王「変な奴だな」
姫「……」
偽姫(まおうさん……か)




66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:12:51
夜─

偽姫(あの、まおうさん)
偽姫(まおうさんはこわくない)
偽姫(ひどいことしないし、いやなこともいわないから)
偽姫(おっきくて、こわくって、まっくろだけど)
偽姫(あのひとたちより……いやじゃない)


偽姫「あしたも」
偽姫「……」
偽姫「けーき、くれるかな」




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/19(土) 01:14:55
───………

朝─

娘「……ふぁあ」
娘「懐かしい夢……」
娘「お父さん、どうしてるかな」
娘「……今日はもう、今から主の所に行こう」
娘「あの人に会っちゃ駄目だから……」


洞窟─

娘「お早う」
竜「む……」
娘「今日は朝から来てやったぞ」
竜「誰も頼んでなどいないはずだが」
娘「こちらにも事情というものがあるのだ」
竜「身勝手な奴め」





68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:44:37
竜「……人間の臭いが日増しに強くなっている」
娘「仕方ないだろう。私だって出来る事なら早く城に帰りたいんだ」
竜「帰ればいいだろう」
娘「この一件に片がつけば、そうさせてもらう」
竜「……ふん」


竜「全く……陛下のことは昔から存じ上げているが、何故このような人間を飼う気になったのやら」
娘「……え」
竜「む」
娘「ごほん……お、お前父上とは古い知り合いなのか」
竜「ああ。あの方が即位なさる前からな」
娘「う…………うむ」




69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:45:41
娘「主よ……一つ頼みがある」
竜「ふん、嫌だと言ったら?」
娘「頭を下げる。この通り……」
竜「……何だ。聞くだけ、聞いてやる」
娘「父上の話を……聞かせて欲しい」
竜「む……」


娘「私が父上と過ごせた時間は……今この時を合わせてなお、一年にも満たない」
娘「だから、私は父上のことをもっと知りたいんだ。私を拾い、側に置いてくれたあの人のことを」
竜「……ふん」
娘「だから、色んな者から見た父上の姿を知りたい」
竜「陛下の話が……聞きたいのか」
娘「頼む」
竜「ふん。満足したら、帰るがいい」
娘「わ、ありがとう!」
竜「む」
娘「ご、ごほん。頼む」





70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:46:42
竜「……」
娘「……」
竜「……」
娘「……!」
竜「……」
娘「!!」


竜「……こんなものか」
娘「……お父さんって、本当に魔王なの? 全然魔王らしい逸話が出てこないんだけど」
竜「我に聞くでない」
娘「でも、主はお父さんのこと認めているんだよね」
竜「当然だ。あの方ほど、我等魔物を慮って下さる王はいない」
娘「引き篭もりでも?」
竜「…………ふん」




71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:47:29
娘「今日はありがとう。でも、長々と喋らせちゃってごめんなさい」
竜「偽の姫よ」
娘「なあに?」
竜「言葉は、それでいいのか?」
娘「え…………あ」
竜「ふん」
娘「い、いつから私……ちゃんと喋ってなかった?」
竜「さあな」
娘「う、うう……やっちゃった」


竜「偽の姫よ、何故自身を偽る必要がある」
娘「だって、私はこんな外見だし……せめて威厳が出るように、って思って」
竜「…………」
娘「あと……あの喋り方をするとね、元気が出てきたの」
娘「お父さんが側にいる気がして……ちっちゃい頃から真似してたんだ」
娘「だから……」
竜「やめろ」




72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:48:39
娘「え」
竜「もういい。やめろと言った」
娘「……」
竜「貴様の生い立ちになど興味はない」
娘「……ごめんなさい」
竜「ふん」


竜「……貴様は」
娘「な、何?」
竜「それほどまでに、陛下を慕っているのか」
娘「うん! たった一人のお父さんだからね」
竜「『父』……か」





73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:50:39
竜「貴様は、陛下のお父上。先代様のことは、存じ上げているのか」
娘「あ、うん。人間に……倒されちゃったんだよね」
竜「…………」
娘「それでもお父さんは、私を娘だって言ってくれたの。親を殺した人間なんか、憎いはずなのにね」
竜「……そう、か」


竜「陛下はきっとあの時の事を、墓にすら持ち込む気は無いのだろうな」
娘「え、何?」
竜「お前には関係の無いことだ」
娘「そ、そう」
竜「……」





74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/23(水) 21:52:20
娘「そろそろ日も暮れてきたし、私はもう行くね」
竜「ああ」
娘「じゃあ、また明日来るから」
竜「偽の姫」


竜「……いや、何もない」
娘「そ、そう」
竜「…………」
娘「じゃあね」
竜「また、明日」
娘「え」
竜「ふん」
娘「あ、うん! また明日ね!!」




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:05:10
娘「……」
娘「えへへ……」
娘「うん。仲良くなれそう」
娘「これならきっと、魔物の世界で生きていけるはず」
娘「大丈夫。私が生きるのはあっちの世界」


娘「でも……」
娘「いい人も、いない訳じゃないんだよね」
娘「あの王子様も、宿のおじさんも、いい人だし」
娘「あの人達を……私は躊躇いなくこの手に掛けることが、出来るのかな」
娘「『出来る』」
娘「……口ではどうとでも言えるけど」





76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:06:02
娘「ああもう。もやもやする」
娘「こんな気持ち久しぶりだな。昔は悩む暇なんて無かったからかな」
娘「悩むことも、余裕がある証拠かな」
娘「そう思っておこう」


娘「もうこれだけのことをしてきたんだもの。今更何人誰を殺めようと変わりはない」
娘「あの日、私は決意したんだから」
娘「人を辞めて、お父さんのために生きるんだって……」
娘「……お父さん」
娘「今何してるんだろ」





77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:06:59
─城

魔王「はあ……」
側近「手を休めるな」
魔王「…………娘は、今何をしているのだろうか」
側近「お前、十分おきくらいにそれ言ってて飽きねえの?」
魔王「気になるものは気になるんだ。仕方が無いだろう」
側近「過保護なのか、子離れできてねえだけなのか」


魔王「そういえば、あいつはどこに行ったのだ」
側近「あれ、知らなかったっけお前。ここだよ、ほれ」
魔王「ん?」
側近「どうかしたか?」
魔王「お前、ここに住んでいる魔物といえば……」





78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:07:49
娘「はーあ……早く帰って親孝行しよ」
娘「お土産も何買って帰ろうかなー」
娘「こんなの初めてだし、迷うな。でもそれが楽しいのかも」
娘「旅の醍醐味ってやつだね」
娘「……独り言が増えるのも、醍醐味なのかな」
娘「はぁ……」


男「待て」
娘「え」
男「お前、そこのお前だ」
娘「は、はあ」
娘(こんな山の中に人か。いやまあ、私も人のことは言えないけどね)





79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:08:54
男「この山には人を食う魔物が住み着いているんだぜ。女が一人うろついていいような場所じゃあない」
娘「そ、そうなんですか? 私余所者なので、全く知りませんでした……ご親切にありがとうございます」
男「いやいや、いいんだよ。さ、俺が安全な場所まで送ってやるよ。ついて来い」
娘「私一人でも大丈夫ですよ?」
男「遠慮するなって、な」
娘「え……でも」


男2「あ…………がっ」

バタン……!





80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 00:10:24
男「な……」
娘「女性の背後を狙うような方々、信用なりませんし……」
男「てめえ! 一体何をしやがった?!」
娘「見て分かりませんか? ちょっとした魔法を使ったんです」
男「ま、まさか……魔女?!」
娘「えーっと、ちょっと違うけど……まあいいです」
男「く、くっそおおお!」
娘「わわ……もう、いきなりナイフなんか投げちゃ危ない……って」


娘「逃げられちゃった」


娘「うーん……」
娘「そこに転がっているお仲間はひとまず放置するとして」
娘「追うべき? 放っておくべき?」
娘「うーん……そろそろご飯時だし……」
娘「あれ」
娘「まさか……」




91 :みんなの暇つぶしさん:2009/10/09(金) 13:20:19
前の話の偽姫視点がいいね
つうか、娘強えーな。ときどき娘が言う「私はもう人間じゃない。」ってどうゆうこと?





95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 02:31:48
>>91
人間のままでないと魔王を救えなかったので、全部落ち着いた後、魔物に転生(転職)しました。
娘が人間時でも強かったのは才能他。この他は、いつか書けたらなあ、と思います。





96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 02:33:18
街─

騎士「……それで、お怪我はありませんでしたか?」
娘「ええ……何とか」
騎士「本当に良かった。賊に襲われたという知らせを聞いて、気が気じゃありませんでしたよ」
娘「……ご心配をお掛けして、申し訳ありませんでした」
騎士「お気になさらず。それにしても本当にお強いのですね、大の男を昏倒させるとは」
娘「そ、そんな! たまたま魔法がうまく当たっただけですよ!」
娘(殺さない程度にね)


娘「でも、本当にすみません。倒したのはいいのですけど……やっぱり運ぶのはどうも難しくって」
騎士「無理をなさらないで下さい。その男の確保に、部下を今向かわせていますから」
娘「……よろしいのですか? 調査とは無関係の余計な仕事をしてしまって」
騎士「余計ではありませんよ。それに、この街の駐屯兵には私達の調査の一環だから、任せてくれと断りを入れていますから好きに出来ます」
娘「では……やはり」
騎士「ええ。これで、近頃の魔物の悪事は全てその、盗賊の偽装だった可能性が出てきました」




97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 02:34:15
騎士「調査の結果、魔物に襲われたとされた三十四の遺体には、どれも同じような傷が残っていたと言います」
騎士「どれも一様に、鋭利な刃物……例えば魔物の爪などで切り裂かれたような傷だったと」
騎士「そして、一部は腕などが欠落した状態で発見されました」
騎士「魔物に食われたのだという話でしたが……」
騎士「それにしてもおかしな話ですよね」
娘「はい」


娘「あの山に住むのは……小さな家くらいなら、余裕で踏み潰してしまえるほどの巨大な竜です」
騎士「あれ、よくご存知ですね」
娘「あ……えっと、噂で聞いただけで、正しいかどうかは」
騎士「正解みたいですよ。実際、これまでに何度か目撃されていますしね」
娘「じゃあ」





98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 02:36:00
騎士「そのくらい大きな魔物なら、人間など一飲みのはずです」
娘「ええ……腕の一本や二本じゃ、彼のお腹は膨れません」
騎士「ははは……中々怖い冗談を」
娘「あ、ふ、不謹慎でしたね?! すみません!」
騎士「ま、まあ……そんな所です。これだけ死者が出ているのに、一人たりとも満足に食われていないのは、おかしい」


娘「人間を……食わず嫌いしているとかは」
騎士「それはないはずです。以前は年に一度あるかないかで、山に入った物が被害に合う例が報告されていますから」
娘「え、えっとその例は」
騎士「勿論、原型を留めていなかったり、血まみれの遺留品が残っていたりと」
娘「はあ……」
娘(そういや、『食ってやろうか』ってこの前言われたっけ……)





99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 02:37:29
騎士「あ……ああ、すみません。女性にこんな話をしてしまって……」
娘「い、いえ、お互い様です。それより」
騎士「ええ。全く、拍子抜けしましたね」
娘「……魔物ではなく、人間の仕業だと気付いていたのですか?」
騎士「調査を進める内に、ですがね」


騎士「てっきり、これまでの被害が単に増えただけだろうとばかり」
娘「私も……です」
騎士「上に立つ者として、あらゆる可能性を考慮する必要がありますね。勉強になりましたよ」
娘「ええ…………本当に」
騎士「当面は貴女が出会ったという、もう一人の男について捜索を進めます」
娘「……お願いします」




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 02:40:22
騎士「……やはり顔色が悪いですね。宜しければ宿までお送りしますよ? もう日も暮れかかっていますし」
娘「いえ、結構です。寄る所がありますから」
騎士「そうですか? では、また何か分かりましたらお知らせします」
娘「ありがとう……ございます」
騎士「礼など。騎士として、当然のことをしているだけですよ」
娘「……失礼します」


娘(そうだよ)
娘(主は一度も、近頃頻繁に『人間を襲っている』とは言わなかった)
娘(私には何も言わない、何も知らないって……)
娘(本当に、何も言うべき事が無かったから……?)
娘(確かめないと……)
娘(もう一度、主の所に……!)




106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 00:45:18
洞窟─

竜「む」
娘「……」
竜「帰ったのではなかったのか。何の用だ」
娘「……仕事」
竜「そうか」


娘「貴方じゃ……なかったの?」
竜「何がだ」
娘「この報告書の、内容」
竜「ああ」
娘「どうなの?」
竜「私ではない」




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 00:47:08
竜「私はここ一年以上、この洞窟から出ていないし、人間など見てもいない」
娘「じゃあ……この近くの街道にも、行っていないのね?」
竜「ああ」
娘「そっか……」
竜「仕事は終わりか? ならば早く去れ」
娘「ごめんなさい」


娘「ごめんなさい……私……私は、貴方に何も聞かずに」
竜「私を疑うのは至極当然だろう。お前でなくとも、な」
娘「でも……決め付けて掛かったのは……私」
竜「興味が無いな」
娘「私が……もっと、ちゃんと調べて、貴方の声を引き出せていたなら……」
竜「偽の姫よ」




108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 00:48:39
竜「私は何も感じない。お前が気に病む必要はない」
娘「ありがとう……でも、そんなわけにはいかないよ」
竜「お前は陛下に似ず、頭が固いな」
娘「駄目……かな? やっぱり、私は魔王には程遠いのかな……」
竜「さあな。ただ、偽の姫よ」


竜「陛下が“魔王”に相応しいかと聞かれれば、私は首を横に振らざるを得ない」
娘「え? だって、主はお父さんのこと、認めてるって」
竜「真の“魔王”とは、先代様のような方のことを指すのだろうよ」
娘「じゃあお父さんは何なの?」
竜「我らの“王”だ」
娘「王……」




109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 00:50:57
竜「とは言え、陛下も生来から王として在った訳ではない」
娘「い、今もそうは見えないけどなあ……」
竜「陛下はある時、王になられた。それ以降、我らの王はあの方しかいない」
娘「……そっか」
竜「あのお方は王だよ……我らの、唯一の王だ」


竜「だから、お前も今は駄目かも知れんが、いつか……まともになるのではないか?」
娘「え」
竜「その……疑われる私にも、非があったと言うか」
娘「そ、そんなことないよ! 私が全部悪くて」
竜「いや。私が」
娘「私が!!」




110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 00:52:35
竜「……」
娘「……ごめんなさい」
竜「いや……」
娘「あ、あの。本当に、これだけは言っておくね」
竜「何だ」


娘「貴方のこと信じてあげられなくて、ごめんなさい」
竜「止せ。上に立つ者が、軽々しく頭を下げるな」
娘「仲間に上とか下とか関係ないよ」
竜「……全く、そのような所だけ陛下に似おって」
娘「え、似てる? 私、お父さんに似てる?」
竜「ああ」
娘「え……えへへ」




111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 00:53:41
竜「しかし、だ。私が嘘を付いていた場合などは考慮しないのか?」
娘「仲間の言葉は、信じるよ」
竜「そうか」
娘「今の私が言っても……あんまり説得力無いけどね」
竜「己を卑下して、良いことなど一つもありはしない」
娘「卑下じゃないよ。反省だよ」
竜「違いが分からんな」


竜「これで仕事は済んだな。もう帰るのか?」
娘「ううん、まだ終わってないよ。貴方に迷惑を掛けた人間を、どうにかしてやらなきゃ気が済まない」
竜「難儀なことだな」
娘「自己満足だって分かってる。でも、出来る事をしてみたいの」
竜「そうか。ならば、何も言うまい」




112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 00:54:44
竜「また明日来るがいい」
娘「ごめんね、そしてありがとう。またね」
竜「さらばだ、姫」
娘「うん…………え」
竜「……」
娘「あ、あの今」
竜「何だ、姫」
娘「う、ううん! 何でもない! ありがとう! また明日来るね!!」


竜「全く。騒がしい奴だ」
竜「しかし」
竜「陛下は良き子を持ったのだな」
竜「……陛下」
竜「貴方はようやく、救われたのですね……」





114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:47:02
娘「はあ……」
娘「主はああ言ってくれたけど」
娘「こんな調子で、よくお父さんの代わりが出来たものだよ」
娘「側近がいたからかな」
娘「私は一人じゃ、何の力にもならないのかな……」


娘「そりゃ、頭使うより、暴れる方が好きだけど」
娘「お父さんよりはデスクワークが出来る方だと思うんだけど」
娘「何だろうなー……」
娘「“王”か」
娘「私は王になれるのかな」
娘「なれなくてもいいけど……王のお父さんを支えることは出来るのかな」
娘「分かんないなあ……」





115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:48:49
娘「人か魔物か」
娘「勿論、私は魔物の世界で生きていきたい」
娘「でも……このままで、本当に大丈夫かな」
娘「私が主を迷わず疑ったのは、人間の心が残っているから?」
娘「私は肝心な部分を棄てきれていない?」
娘「私は……魔物として、生きていけるの?」


娘「これまで沢山の人間を殺めてきた」
娘「私と彼らは別の種族なのだから、気に留める必要は無い」
娘「そう思って……排除してきた」
娘「でも本当に、そう思い切れている?」
娘「私には魔物の自覚が、ちゃんと備わっているのかな」





116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/12(月) 22:49:56
娘「私は人間と変わらない姿をしているし、人間に紛れて動かなきゃならない場面がまたいつか、きっとある」
娘「その度魔物と人間の間で揺れて」
娘「人の優しさに触れて……」
娘「こんな風に悩むつもり?」
娘「不毛だなあ」


娘「不毛すぎる」
娘「我武者羅になれる目標がないと、私は駄目なのかもね」
娘「お父さんがまたいなくなるのは困るけど……」
娘「『全ての魔物に認めてもらえるように頑張る』っていうのも、なんかこー、曖昧だしなあ」
娘「……はあ」
娘「とりあえず、この仕事を終わらせてから考えよ……」




122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:34:20 ID:7q2CWRQU
街─

娘「さすがにもう暗くなっちゃったなあ……」
娘「灯りがついてるのは酒場くらいか」
娘「今から宿に戻るのも、ちょっと寄り道して戻るのも、きっと変わらないよね」
娘「確かあっちの方だったかな」
娘「……あの人が泊まっている、駐屯所は」


娘「ここか」
娘「偉い人なんだから、自分だけ良い所に泊まったっていいはずなのに、真面目なんだなあ」
娘「……さて」
娘「結構リークして貰ってるけど、まだまだ機密情報とかがあるかもしれないし」
娘「早速、裏に回って侵入ルートの確保といきますか」





123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:35:14 ID:7q2CWRQU
娘「っとと……危ない危ない」
娘(声……)
娘(男が二人)
娘(見張りか)
娘(何の話を?)
娘(…………)

「計画……思った以上に」
「女が…………」
「仕方ない……明日……決行……王子……」
「手筈は…………」
「……紛れ……始末……」

娘「あらまー」





124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:36:03 ID:7q2CWRQU
娘「つまりまとめると魔物の被害を訴え、標的を連れ出し」
姫「人目につかない森などで殺害」
姫「魔物のせいにすれば完璧……と」
姫「世間知らずで希望まみれの王子様なら、食い付くネタと踏んだのかな?」


姫「そして被害者の数字を出すために、街の人間を無差別に殺していった……と」
娘「同胞の利益のために他の同胞を平気でその手に掛ける」
娘「どんな物でも利用する。それが弱者であればより気軽に、使い棄てる」
姫「これだから人間は」





125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:37:19 ID:7q2CWRQU
姫「……さて困った」
娘「おいしいかもしれない情報は、真偽を問わないなら手に入ったけれど」
娘「私には使い道の無いシロモノだなあ……」
娘「魔物の私には、彼の命を救う理由が無い」
娘「人間の私であっても……そんな理由、あるはず無い」
娘「……お腹減ったし帰ろ。用は済んだし」


娘「ご飯食べれるとこないかなー……とりあえず、うろうろ探して」
騎士「あれ、娘さん? 用事はお済みになったんですね」
娘「……あはは今晩はー」
娘(セーフ! 何かもう色々セーフ!)
騎士「まさか……わざわざ駐屯所までいらしてくれたんですか?」
娘「え、えっと……はあ、そんなところです……はい」





126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:38:22 ID:7q2CWRQU
騎士「それは嬉しいですが……女性がこんな夜中に出歩くなど、感心しませんよ」
娘「えっと……兵の方々が近くにいますし、この辺なら安全だと思いますよ」
騎士「よ、余計に駄目です! 部下達が貴女を紹介しろとうるさくて」
娘「え、どうしてですか?」
騎士「い……いえ、何でもありません」
娘「はあ」


騎士「ごほん……そ、それで何かご用でしょうか」
娘「あ、あの……そうですね、あの男の人、どうなりましたか?」
騎士「ああ、部下達が着いた時には殺されていたようです」
娘「……そうですか」
騎士「仲間が戻ってきて口封じをしたのか、それとも別の何かなのか……経緯は不明ですがね」
娘(その『部下達』ってのを疑わないのね)





127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:39:47 ID:7q2CWRQU
騎士「とりあえず明日、街道沿いに調査に向かうつもりです」
娘「……そうですか」
騎士「これでまあ、一段落ですよ。問題は山積みですがね」
娘「ええ……これで山の魔物も安心して暮らせますね」
騎士「え?」
娘「え……?」


娘「えっと、私何か変なことを言いましたか……?」
騎士「いえ……娘さんはその……お優しい方ですね」
娘「な、何故ですか?」
騎士「魔物などに同情を寄せるなど……普通の人間では、考えられないことですからね」
娘「……そうです、よね。普通じゃ、ないですよね」
騎士「あ、いえ! 娘さんがおかしいというわけではなくて……その」
娘「いいんですよ。ちょっと変わってるのは、自覚していますから」
騎士「……すみません」




128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:41:04 ID:7q2CWRQU
騎士「山の魔物の件ですが……このまま放置というわけにはいきません」
娘「今回の一連の出来事が、全て人間のせいだったとしてもですか?」
騎士「はい。魔物が住んでいるという事実が不味いのです」
娘「……被害は年に一度くらいだと」
騎士「それでもです。今回のことで、魔物に対する恐怖心が人々の心に深く刻まれてしまった」


騎士「魔物は存在するだけで、人々の生活に悪影響を及ぼしますからね」
娘「……隣国が滅んだせいで敏感ですものね、そういう話には」
騎士「ええ。まだ調査が始まったばかりだというのに、街には魔物討伐が近いという噂まで流れていて、ほとほと参っていますよ」
娘「討伐……するんですか?」
騎士「これはまあ、極秘なんですが……いずれはそのつもりでいます」
娘「……そうですか」
騎士「出来ればの話ですよ。正直、魔物の力量も分かない今では何とも言えません」





129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:42:15 ID:7q2CWRQU
娘「魔物は……この世界で生きていてはいけないのでしょうか?」
騎士「え」
娘「どう思いますか?」
騎士「そうですね……人間の立場から言わせて貰えば、身を引いて貰いたいな、と。我が身と同胞が可愛いですから」
娘「……ええ、その通りだと思いますよ」


娘「夜分遅くに失礼しました。私、そろそろ帰りますね」
騎士「では、お送りしましょう。こんな時間ですし、断らないでくださいね」
娘「ありがとう御座います。では、お言葉に甘えます」
騎士「光栄ですね。さ、参りましょうか」
娘「はい」




130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:43:47 ID:7q2CWRQU
娘(同胞が可愛い?)
娘(同胞だった私を棄てたのは……人間だろう)
娘(私は絶対に同胞を裏切らない。裏切られたとしても、だ)
娘(賢く生きるくらいなら馬鹿を通して、高潔な魔物として死んでやる)
娘(……なら、この人を助ける必要なんてないか)


騎士「どうかなさいましたか? 娘さん」
娘「いえ、今のうちにその……お別れを言っておこうかと思いまして」
騎士「え?!」
娘「私、明日にはこの街を発とうと思います」
騎士「そ……そうですか」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:44:38 ID:7q2CWRQU
騎士「いつ頃ですか? 出来ましたらその……見送りたいな……と」
娘「そうですね……恐らく夕方になると思います」
騎士「……私が仕事を終えて戻ってくるまで、待って頂くことは」
娘「構いませんよ。是非、お願いしますね」
騎士「は、はい!」

娘(…………)
娘(これで、いい)




132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:45:41 ID:7q2CWRQU
───………

魔王「ほら、薬だ。飲め」
偽姫「……おいしくない」
魔王「我慢しろ。風邪が治ったら、何でもうまいものを食わせてやろう」
偽姫「あ、あ。じゃあね、じゃあね、けーきがいい」
魔王「分かった」
偽姫「いっぱいたべてもいい?」
魔王「腹を壊すから、二切れまでだ」
偽姫「ぷう」
魔王「拗ねても駄目だ」


魔王「さて……少し出てくるが、大人しくしていろよ」
偽姫「どこいくの?」
魔王「お前の食事を作らせてくる。すぐ戻る」
偽姫「……ほんと?」
魔王「ああ。だから離せ、な」
偽姫「……はやくかえってね」
魔王「分かった」




133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:46:40 ID:7q2CWRQU
偽姫「まだかな」
偽姫「……まだかなー」
偽姫「『ちゃんとねておけと、いっただろう』」
偽姫「……おこられちゃうかなー」
偽姫「ごめんなさいしたら、ゆるしてくれるもん」


偽姫「だって、まおうさんはやさしいもん」
偽姫「こわくないもん」
偽姫「まっくろで、こわいかもしれないけど……」
偽姫「わたしは……すき」
偽姫「えへへ……」




134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/19(月) 01:47:45 ID:7q2CWRQU
偽姫「て……」
偽姫「あったかかったなあ……」
偽姫「あしたも……」
偽姫「ううん、ずっと……」
偽姫「いっしょにいれるかな」
偽姫「いれたら、いまよりもっとすきになるのかな」


偽姫「すき」
偽姫「まおうさんは、わたしのことすきかな」
偽姫「すきだったら、うれしいな」
偽姫「わたしはまおうさんがすきで、まおうさんはわたしがすき」
偽姫「いっしょで、おそろい」
偽姫「おそろいは、うれしいな」






138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:25:56 ID:5wApOi/I
魔王「む……」
偽姫「おかえりなさい」
魔王「ちゃんと寝ておけと、言っただろう」
偽姫「ごめんなさい」
魔王「仕方の無い奴だな。ほら、飯を持って来てやったぞ。食わせてやる」
偽姫「はあい」
魔王「うむ、良い返事だ」


魔王「うまいか?」
偽姫「うん。おいしい」
魔王「そうか。良かったな」
偽姫「わ……」
魔王「ん……ああ、すまん」




139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:27:54 ID:5wApOi/I
魔王「頭を触られるのは、嫌か」
偽姫「い、いやじゃない」
魔王「そうか。なら、もっと撫でてやろう」
偽姫「……えへへー」
魔王「ペットの世話をしている気分だ」
偽姫「わたし、ぺっと?」
魔王「いや、何か違うな。お前は私の、何だろうな」
偽姫「なにかなあ」


魔王「ああ、そうだ。姫ではないということを、他の者に言いふらすなよ。しばらくは私達だけの秘密にしておこう」
偽姫「う、うん。わかった!」
魔王「よし。お前は聞き分けが良いな。偉いぞ」
偽姫「わたし、えらい?」
魔王「ああ」
偽姫「じゃ、じゃあね……わがまま、いってもいい?」
魔王「何だ?」
偽姫「あ、あのね」




140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:29:29 ID:5wApOi/I
夜――

偽姫(……)
偽姫(えへへ……)
偽姫(きょうは、いっしょ)
偽姫(いっしょにねんね)
偽姫(いいこにしてる、ごほうびだって)
偽姫(あったかいな……)
偽姫(こんなにあったかいのは……はじめて)
偽姫(やさしいのも、はじめて)
偽姫(まおうさんはひとじゃないけど……)


偽姫「ね、ね」
魔王「何だ?」
偽姫「わたしね、まおうさんのことすき」
魔王「……そうか」
偽姫「おやすみなさい」
魔王「お休み。私も、お前が嫌いではないな」
偽姫「……うん」




141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:31:41 ID:5wApOi/I
次の日─

魔王「すっかり元気になったな」
偽姫「うん!」
魔王「では、今日は久々に散歩でも」

バァンッ!!

側近「大変だ魔王!!」
魔王「何だ騒がしい」
側近「あの国の奴等……姫を見捨てやがった!!」
魔王「……何?」
偽姫「え………」


夜─

偽姫「ふあ……」
偽姫「…………あ」
偽姫「そっか……ねちゃったんだ」
偽姫「ないちゃったな……いっぱい」
偽姫「まおうさん……どこいったのかな……」
偽姫「……ぅ」




142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:34:29 ID:5wApOi/I
偽姫「……うぐ」
偽姫「ひっ……ぅ……あう」

偽姫(わたしはにせもの)
偽姫(にせものだから、すてられた)
偽姫(にせものは……やっぱりいらなくなる)
偽姫(まおうさんもいらなくなるのかな)
偽姫(わたしのこと、すてちゃうのかな)

偽姫「ひっく……う、ぇ……っく」
偽姫「どうして……ど……して」
偽姫「わたしは…………ど、して」
偽姫「にんげんなんかに……うまれたの……」
偽姫「う、う……うぇえ……ひ、ぐ」




143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:36:09 ID:5wApOi/I
次の日─

魔王「起きたか」
偽姫「うん……」
魔王「それでは、お前の処遇についてだが……」
偽姫「………ぅぐ」
魔王「聞く前に泣くな」


魔王「悪い話ではない。まあ、聞け」
偽姫「う、うん」
魔王「ここにいたいと、昨夜言ったな」
偽姫「……うん」
魔王「ならば、お前…魔王になる気はないか」
偽姫「……え」





144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:43:08 ID:5wApOi/I
魔王「私には後継者…つまり、子供がいない」
偽姫「……」
魔王「お前さえ良ければ……私の跡継ぎとして、城に迎えてやろう。どうだ?」
偽姫「そ、それ…って」
魔王「魔王の父親は、嫌か?」
偽姫「う………ううん、すき」
魔王「決まりだ。よろしく、娘」
偽姫「よ、よろしく!」


魔王「今日からお前は魔王の娘だ」
偽姫「むすめ……」
魔王「つまり、本物の姫君だ」
偽姫「ほん……もの?」
魔王「ああ」
偽姫「…………ない?」





145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:44:10 ID:5wApOi/I
魔王「何だ」
偽姫「わたしのこと……すてたり、しない?」
魔王「……私はお前の何だ?」
偽姫「え……あ、あの、おこらない?」
魔王「ああ」
偽姫「おと……さん……?」
魔王「……ああ」


魔王「お前が偽物なのではない」
魔王「その、国王とやらが偽物の父親だったのだ」
姫「あ」
魔王「そう考えれば良いだけの話」
姫「う、うん」
魔王「お前は本物だよ。本物の、私の子だ。そして私は子を、捨てん」
姫「うん。うん」





146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:45:56 ID:5wApOi/I
魔王「まあ、今は難しいことを考えるな」
偽姫「うん」
魔王「お前は私……いや、私達が守ってやる」
魔王「そして、お前が己のために生きられるよう、この世界を変えてやる」
魔王「私はお前のために、魔王であろうと誓う」
魔王「だから……もう、泣かなくていい」
偽姫「う、うん。ごめんなさい……ごめ、なさい」


魔王「泣くな、と言っているわけではない。謝るな」
偽姫「うん。うん」
魔王「…………全く。仕方のない奴だよ、お前は」
偽姫「…………てね」
魔王「何だ?」
偽姫「ずっと、いっしょに、いてね」
魔王「勿論だとも」





147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:47:40 ID:5wApOi/I
───………

朝─

娘「……ああ」
娘「お父さん……」
娘「そうだね、難しく考えることはないのかもね」
娘「私が、私として生きるために」
娘「彼を救いに行きますか」


店主「そうかい……もう行くのか」
娘「お世話になりました。これ……少ないですけど」
店主「ああ、宿代……な?! こ、こんな大金貰えないよ!」
娘「いえいえ、良くして頂いた分ちょっと色を付けただけですよ」





148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:49:07 ID:5wApOi/I
店主「しかし、これじゃあ正規の値の倍以上だ……それにお嬢ちゃん、金に困っているって」
娘「都合がついて、もう安心なんです。ですからどうかお納め下さい。お願いします」
店主「……分かった。ありがとう」
娘「こちらこそ、色々良くして下さって本当に感謝しています」
店主「そんな大袈裟な。しかしお嬢ちゃん、随分すっきりした顔だが、何かいいことでもあったのかい?」
娘「ふふふ、分かります?」


娘「色々吹っ切れたんです。ここに来て良かったと思います」
店主「そうかい、何か知らんが良かったなあ」
娘「はい! あ、お土産をこの辺で買って行こうかと思うんですけど、お勧めがあれば教えて頂けますか?
店主「おう、お安いご用さ。誰にあげるんだい?」
娘「家で待つ、父と兄に」
店主「家族想いなんだねえ」
娘「えへへ……なんたって、自慢の家族ですから」




149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/25(日) 01:55:15 ID:5wApOi/I
娘「それでは、本当にお世話になりました」
店主「おう。またこっちに来ることがありゃ、是非ご贔屓に頼むよ」
娘「ふふ……また近い内に来るかも知れません」
店主「お、もしかしてあの騎士様絡みじゃあ……」
娘「んー、ご想像にお任せします。ありがとうございました!」
店主「ああ! またいつでも来てくれよ!」


娘「ふう……お土産も買ったことだし、そろそろ行くかな」
娘「これでこの街ともお別れか。いたのは数日だったけど、何だか名残惜しいな……」
娘「ま、どうせまた来るんだけどね」
娘「そう……また来るよ。来なくっちゃいけないものね」
娘「さて、まずは主の所に行かなきゃ」





166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 02:13:08 ID:4DUhGw/g
洞窟―

娘「おは」
竜「む」
魔王「娘!!」
娘「……へ?」


魔王「ああ!夢にまで見た娘だ!本物だ!うちの娘だ!!」
娘「な、何でお父さんがいるの」
魔王「見ろ主!こいつが言っていた、私の娘だ!可愛いだろう?そのくせ凛々しいだろう?」
竜「落ち着け陛下。何度も顔を合わせているのだから、知っている」
魔王「何しろ国を一つ落とした実績があるのだからな。流石は私の娘。よく出来た子だ」
竜「私の話に耳を傾けてはくれぬのだな、陛下」
娘「何なの、これは」





167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 02:14:02 ID:4DUhGw/g
竜「先程やって来られてな。それからずっと、お前の話を聞かされている」
娘「それはその……父がご迷惑をお掛けして、すみません……」
竜「構わん」
魔王「……久々の再会だと言うのに、冷たいな。私はお前の顔が見れて、嬉しいぞ」
娘「え……その……私もう、嬉しいけど」
魔王「うんうん。そうだろうとも」


娘「でも本当に、何しに来たの?」
魔王「お前を迎えに来た。帰るぞ」
娘「唐突に?!何かあったの?!」
魔王「何を言う。それもこれも、お前達が勝手に動くから悪い」
娘「……私、何かやっちゃった?」
魔王「いや、少し抜けていただけだ」
娘「?」




168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 02:16:17 ID:4DUhGw/g
魔王「こいつが今の時期、人間を襲うわけがないだろう」
娘「あ、それはもう分かって……うん?」
竜「……」
魔王「お前がいつ来ても、こいつはこの洞窟にいたはずだ」
娘「そうだけど……何で知ってるの?」
魔王「それはお前、卵を守るため動けないからに決まっているだろう」
娘「え」


娘「……え?もう一回」
魔王「だから、数十年に一度卵を産み、孵化まで付きっ切りで見守るという」
娘「卵?!どこに?!」
魔王「何だ、やはり知らなかったのか」
竜「姫からは、私が邪魔で見えてはおらなんだろうな」
娘「え……えええ……」





169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 02:18:10 ID:4DUhGw/g
魔王「と、言うことだ。こいつが外をうろつくはずがない」
娘「じゃ、じゃあ最初から無駄足だったってこと?」
魔王「ああ」
娘「何よそれー……」
竜「…………うむ」


竜「我が子を狙う者が、極稀にやって来るため……なるべく卵のことは他に伏せておきたくてな。すまん」
娘「あ、いいよ気にしないで。子供が大事なのは当然だもの」
竜「……ああ」
魔王「しかし、今の時期は気が立っているはずだろう。見知らぬ者が来て、よく牙を剥かなかったな」
竜「仮にも陛下の子を名乗る者だ。そのようなこと、出来るはずが無い」
魔王「……相変わらずだな、お前は」





170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/07(土) 02:20:01 ID:4DUhGw/g
娘「でもお父さんが主と知り合いだって知ってたら、無駄足にならずに済んだのにー……」
魔王「私に言わぬ、お前と側近が悪いのだ。何かあったらこれからはまず、私に言え」
娘「今回は知り合いだったけどさ……引き篭りのお父さんに、実際知り合いってそんなにいないよね?」
魔王「何を言うか。私はこの世に生きる魔物の生態等、ありとあらゆる情報を把握しているのだぞ」
娘「……はい?」


娘「ぜ、全部?何百種類じゃ済まないくらいいるのに全部?」
魔王「魔王としては当然のことだろう」
娘「側近はそんなこと一言も」
魔王「いや何、この知識をあいつの前で披露する機会が今まで皆無だったのでな。知らんのも無理は無い」
娘「何よそれー……」
魔王「どうした娘、いきなりへたり込んで」
主「くっくっく……陛下も相変わらずのようだな」
魔王「……どういう意味だ」





173 :みんなの暇つぶしさん:2009/11/08(日) 14:18:45 ID:dSk8ANKU
ようやく魔王の見せ場きたー




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/09(月) 00:23:57 ID:edA0enbg
街道─

騎士「はあ……まだ何の手がかりも見つからないとはな」
兵1「隊長」
騎士「何だ。にやにやして」
兵1「知ってますよー。隊長は早く仕事を終わらせて、イイ人に会いたいんですよね」
騎士「な、な、な?!」


騎士「何を言い出すんだお前は?!」
兵1「何って……あれだけあからさまに追っかけといて今更ですよ。他の皆もその噂で持ちきりですし」
騎士「くっ……」
兵1「まあいいじゃないっすか。家柄とか身分とか、障害があるほど燃えるって言うじゃないですか」
騎士「一応言っておくが……彼女とは、お前達が思うような関係ではないからな」
兵1「あー、まだいいお友達止まりなんすね。頑張って下さい隊長殿!」
騎士「……」
兵1「何ですか隊長ー。無視は酷いですよー」




176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/09(月) 00:26:01 ID:edA0enbg
騎士(ああ……)
騎士(確かに最初は姫の面影を見ていた)
騎士(だが……今になっては、本当に、彼女のことを……)
騎士(もう会えなくなるなんて……嫌に決まっている)
騎士(しかし引き止めるわけにもいかない……彼女には何か悩みを抱えているようだし……)
騎士(また、私は思い人について、何一つ知らないままなのか)


騎士「……いや。何とか、してみるさ」
兵1「何をですか?」
騎士「こちらの話だ」
兵1「つれないですねー、そんなんじゃあ愛しの彼女に嫌われて」
兵2「隊長!あちらから煙が上がっています!」
騎士「?!今行く!」




177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/09(月) 00:28:34 ID:edA0enbg
洞窟─

娘「ま……まあいいや。ちょっと荷物預かっててね、すぐ戻るから」
魔王「仕事は終わりだぞ、どこに行く?」
娘「ちょっと野暮用がね。あ、お父さんいい物持ってるじゃない」
魔王「ああ、一応持って行けと側近がな」
娘「貸してくれるよね」
魔王「構わんが。剣など何に使うつもりだ?」
娘「後で説明するよ」


魔王「何かは知らんが、危ない事はするなよ。急ぐと転ぶぞ、気を付けてな。それから……」
娘「えへへ、ありがと。じゃあ行って来るね」
竜「……待て」
娘「どうしたの?」
竜「何処からか微かに、人間の血の臭いがする。それも複数」
娘「……始まったか」
魔王「む?」
竜「やはりか。首を突っ込んで、何になると言うのだ姫よ」





178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/09(月) 00:29:53 ID:edA0enbg
竜「人間の争いなど、我ら魔物には何の関係も無いはずだ」
娘「……」
竜「何をするつもりだ、姫」
娘「とある人間を、助けるつもり」
竜「何」
魔王「ほう」


竜「まさかとは思うが……人間に情が移ったか?」
娘「……説明している暇は無い。行くね」
魔王「ああ、行ってこい」
竜「陛下?!」
娘「じゃあ二人とも待っててね!行って来ます!」




179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/09(月) 00:32:56 ID:edA0enbg
竜「……陛下」
魔王「何。子を信じて送り出すのも、親の責務だろう。あいつなら心配いらんよ」
竜「……」
魔王「納得出来んか?ならば私の代わりに、あいつの野暮用とやらを見届けて来るが良い」
竜「な」
魔王「卵なら私が見ていてやろう。どうだ?」
竜「……」


娘「さあて」
娘「ふんふん……あっちか」
娘「血の臭いと悲鳴と怒号」
娘「どうか間に合って」
娘「私達のために……!」





180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/09(月) 00:36:14 ID:edA0enbg
街道外れ─

娘「……おっと」


キィンッ…!
「大人しく降伏しろ!そうすれば、命までは取らない!!」
「クソ!こんな大人数が来るなんざ聞いてねえぞ……?!」
「一人たりとも逃がすな!追え!!」


娘「随分と荒っぽい捕り物だなあ……やれやれ」
娘「あの人は……ああ」
娘「怪我した部下を庇いながら剣を振るうだなんて。全く騎士の鏡だね」
娘「とりあえず生きていたか。良かった」





181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/09(月) 01:00:09 ID:edA0enbg
ガギッ!!
騎士「くっ……!」
賊「おらおらどうした?!早くくたばっちまえ!」
騎士「くそ!!」
ザシュッッ!!
賊「ぎあぁあっ?!」
騎士「生憎……まだ、やるべき事があるんでね」


兵1「……た、隊長」
騎士「さあ、傷を見せてみろ。この程度なら、応急処置で何とかなるだろう」
兵1「……隊長」
騎士「どうした、早く手当てを」
兵1「すみません」
騎士「な」




188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/15(日) 03:10:31 ID:V5yqxoxE
キイン!!!!

娘「……残念」
兵1「なっ?!」
騎士「……な、何故」
娘「ごめんなさい。でもね」
兵1「ひ……や、やめ」
娘「ちょっと黙ってて」


ガギィイイイッ──ン!!

騎士「ま、待って下さい!!」
娘「……何をするんですか。貴方の命を狙った輩を、何故庇うのですか」
騎士「助けて頂いたことは感謝します!しかし、部下を守るのも私の使命だ!」
娘「全く……もう。貴方のせいで逃げられたじゃないですか。ああ、違うか。逃がしたのでしょうか?」
騎士「……そう取って頂いても、構いません」
娘「ふふ……愚直ですね。私はそういうの、大好きですよ」
騎士「……」




189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/15(日) 03:12:31 ID:V5yqxoxE
騎士「本当に何故、貴女がここに」
娘「嫌な噂を耳にしましてね。貴方が命を狙われているとか、何とか」
騎士「……彼がその手先だったと」
娘「その様子じゃあ、慣れているみたいですね。話が早くて助かりますよ。あ、どこに行くんですか」
騎士「少し離れていますが、聞こえるでしょう……私の部下が、まだ戦っています」
娘「そうですね」


騎士「私は、行かねばなりません」
娘「まだ部下の中に裏切り者がいないと限らないのに?そうそう都合よく、助けが入る保障はありませんよ?」
騎士「それでも私は部下を……民を見捨てることなど出来ません」
娘「ふふ……」
騎士「?」
娘「良かった」




190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/15(日) 03:15:45 ID:V5yqxoxE
騎士「何が……でしょうか?」
娘「お気になさらず。私もご一緒しますよ」
騎士「い、いけません!娘さんはここにいて下さい!」
娘「あら、先程実力はお見せしたと思いますよ。私にも、何か出来ることがあるはずです」
騎士「……どうあってもついて来るおつもりですね」
娘「よくお分かりで」


騎士「分かりました……私の側を離れないようにして下さいね」
娘「ありがとうございます」
騎士「貴女のことが、ますます分からなくなってきましたよ……一体、何が目的なんですか?」
娘「ふふ。でしたら道すがら、私の話を聞いて下さいませんか。手短に済ませますから」
騎士「……はい」




191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/15(日) 03:38:37 ID:V5yqxoxE
娘「どこから話せばいいのやら……私は小さい頃、とあるお方に拾われたんです」
娘「とても立派な身分あるお方でしたけど……ちょっと怖くて、最初はあまり好きになれませんでした」
娘「でも何の気紛れか、そのお方は私をとても可愛がってくれました」
娘「美味しいものを食べさせてくれたり、綺麗なお花を見せてくれたり」
娘「風邪を引いた時なんか、一晩中手を握っていてくれたんですよ」
娘「あの時は本当に、暖かくて、嬉しかったな……ふふ」


娘「気付けば私はそのお方のことが、大好きになっていました」
娘「気付けば大好きなそのお方は、私の父になっていました」
娘「優しい父は約束してくれました。私を守ってくれると。そしてずっと、私と一緒にいてくれると」
娘「やむを得ない事情があって、二つ目は最近まで破られていましたけど……」
娘「それでも今は私のことを、ちゃんと側で守ってくれているんですよ」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/15(日) 03:44:01 ID:V5yqxoxE
娘「守られていると感じることは、それだけでとても幸せなことです」
娘「でも私はもう、守られるだけの子供じゃありません」
娘「まだまだ半人前ですけど……自分で考え戦うことが出来る」
娘「だから私は決めました。父が私のために生きると誓ったように、私も父のために生きると」
娘「父がいつまでも側にいて、私に微笑みかけてくれるような……そんな平和な世界を作るんだって……誓ったんです」
娘「守る幸せも、欲張りな私は味わってみたいんです」


娘「そのためには、貴方が必要なの」
騎士「……娘さん」
娘「私の平和な世界のためには……」
騎士「娘さん、わ、私は」

ザン……ッ

娘「貴方のような、愚かな人間が必要なの」
騎士「……?!」




206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:41:04 ID:u.sOYEjs
騎士「くっ……ぁ」
娘「急所は外してあるから、死にはしないでしょう。動けないとも思うけど」
騎士「ま、まさか……貴女も、私の命を」
娘「貴方を殺したって、私に利益はない。むしろ生きててもらわなきゃ」
騎士「なら……ば一体……、っがは」


騎士「ぅ……あぁ」
娘「無駄口はそこまで。続きは後にしましょう」
騎士「ま、まて」
娘「すぐ戻るわ。そこで黙って待っていてね」
騎士「なに……を」
娘「ふふ。下準備、かな?」




207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:41:58 ID:u.sOYEjs
兵2「そこまでだ!!」
賊2「ち、畜生……あ?」
娘「……」
兵2「何故こんな所に人が……!危険だ!下がれ!」
賊2「よ、よし!そこの女!この剣が見えるな?!大人しく一緒に来てもら――――ぅぁがっ?!」
兵2「?!」
娘「……ふ」


兵2「つ……強いな、あんた」
娘「まあね」
兵2「しかし、ここは危険だ。非難しろ」
娘「いいえ、それは出来ません」
兵2「見て分からないのか?!ここは戦場」
娘「いいえ」




208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:43:51 ID:u.sOYEjs
娘「ここが戦いの場所?」
娘「そんな大それたものではないわ」
娘「ちょっとした遊び場、と言った方が正しいんじゃないかな」
娘「ねえ、貴方はどう思う?」
娘「何だ……もう動かないなんて拍子抜け」


騎士「な……な、なぜ」


娘「別に期待していたわけじゃあないんだけどね……」
娘「弱いなあ、本当弱い。っと、また一人」
娘「二人、三人……はい、これで六人目」
娘「所謂悪者側が何人で、自己申告の善人側が何人だか数える気も無いけれど」
娘「どの道、もう少し斬り応えのある得物じゃなきゃ……」
娘「折角の剣が泣くじゃない」


騎士「何故……っ!何故だ?!」




209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:45:28 ID:u.sOYEjs
兵13「た、隊長?!しっかりして下さい隊長!」
騎士「あ、あ……生きて、いたか」
兵13「あの女にやられたんですか?!何なんですかあの女!突然現れて!!」
騎士「に……逃げろ」
兵13「隊長を放って逃げられる訳が――――ぁ、」
騎士「あ、あ……」
娘「これで最後かな?」


娘「はい、終わり?」
騎士「……く」
娘「その顔は終わりみたいね。さっきで全部。本当静かになったもんだね」
騎士「くそ……くそ……クソっっ!!」
娘「この場所でもある程度見えるように、悲鳴が届くように、工夫してあげたんだからね。感謝してよ」
騎士「お前は……い、いった……ぐ」
娘「あ、まずい死んじゃう」




210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:46:42 ID:u.sOYEjs
娘「はいはい仕方ないな。治癒魔法掛けてあげるからさ」
騎士「……な」
娘「ちょっとはマシになったでしょ? あ、でも動かないでね。手元が狂うと本当に殺しちゃうから」
騎士「何故、私を生かす?!何故他の者たちと同じように殺さない?!」
娘「さっき言ったじゃない。貴方が必要なんだってば」
騎士「必要……だと?」


娘「そう。貴方がいないと困るの。まあ別に……貴方でなくてもいいことはいいんだけど」
騎士「……」
娘「その辺は私個人の裁量と言うかー……うん、まあ、適当に決めちゃったの」
騎士「お前は、一体……何者なんだ」
娘「私?」




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:48:27 ID:u.sOYEjs
娘「ふふ……聞きたい?聞きたいわよね?」
娘「貴方が昔思いを寄せていた、姫様の面影を宿した女」
娘「さぞかし気になったことでしょうね」
娘「興味以上の感情も、抱いてしまっていたかもしれないけれど」
娘「ごめんなさい。貴方、私のタイプじゃないの」
騎士「そんなことは聞いていない!!」
娘「もう……大きな声を出さないでよ。分かったわよ」


娘「まずは出て来てもらいましょうか」
騎士「何の話だ……?」
娘「いるんでしょ、主」

ズンッ!
騎士「な?!」
竜「よく分かったな。この辺りは見通しが悪いと言うのに」
娘「匂いで分かるよ」
騎士「な、な、あ……」




212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:51:08 ID:u.sOYEjs
娘「紹介するわね。この近辺の主よ」
竜「ふん」
騎士「な、何故」
娘「何故ばかりね。少しは自分で考えて御覧なさい」
竜「……私は何をすべきなんだ。食えと?」
娘「いてくれるだけでいいよ。あと、食べちゃダメ。こんなの絶対マズイから」


騎士「な、何故魔物が、平気なんだ」
娘「……」
騎士「答えろ!!」
娘「……私は亡き姫の姿をやつして世を歩く、高貴な魔物」
騎士「?!」
娘「そして……魔王の娘よ」
騎士「魔王?!」





213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:56:33 ID:u.sOYEjs
娘「ええそうよ。そしてあの国を滅ぼし、父を再び解き放ったのは私」
騎士「あ……あああ!!!」
娘「これでようやく、ご理解できたかしら?」
騎士「嘘だ……!ウソだ!!!」
娘「この期に及んで尚その言葉が出るとはね」
騎士「出鱈目を言うな!そんな話、聞いたことがない!!」
娘「だからよ。だから、貴方を生かすんじゃない!」


娘「私の存在は、人間に知られていない」
娘「だってそうよね。この前の一件では、あの場にいた人間は皆殺しにしちゃったから」
娘「だから人間達は知らないのよ。魔物達を率い、あの国を落としたのが一体誰なのか」
娘「別に今まではそれで良かった。私はお父さんを取り戻せただけで、満足だった」
娘「でもね、今回色々あって心を入れ替えたの。私はこれから、立派な魔王の娘として生きることにしたわ」





214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 21:58:31 ID:u.sOYEjs
娘「私ね、近々あの街を潰すつもりなの。人間も、皆殺し一歩手前にするわ」
騎士「な、何だって?!」
娘「今日はその予告。これはその予告がはったりじゃないっていう、証拠よ」
騎士「何故だ!何故街を襲う?!」
娘「決まってるでしょ。主が、安心して暮らせるように、よ」
竜「……姫」


娘「ね。いいわよね、主」
竜「私としては喧しい人間が減れば嬉しいが……陛下にお伺いは立てたのか?」
娘「ううん。これは私の独断で、一人でやるつもりだったから」
竜「そうか。まあ、陛下なら僻地の街一つなど、問題になさらぬだろうよ」
娘「ふふ……だよね」
騎士「な、な」




215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:00:32 ID:u.sOYEjs
騎士「ふざけるな!人の命を、何だと思っているんだ?!」
娘「何とも?だって私、人間じゃないもの」
騎士「く、く……」
娘「貴方達だってそうでしょ。魔物の命なんて、何とも思っていないんでしょ?」
騎士「それは……」
娘「第一、私は今まで何人もの人間を斬り捨ててきたわ。今更思うところなんて無い」


娘「そしてもう一つ予告。この国も、貰うわ」
騎士「?!」
娘「この顔と名を広めるため、せいぜい派手に盗らせてもらうわ。期待しててね」
騎士「……ない!やらせない!貴様に我が国を好きにはさせない!!」
娘「そう!その意気込みよ!」




216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:03:04 ID:u.sOYEjs
娘「貴方みたいな希望と夢しか知らないような人間が、私は欲しいのよ」
娘「私の悪行を声高に弾劾し、私の悪名を心地よい悲鳴で叫んでくれるような、貴方みたいな人間が!」
娘「絶望まみれの世界なんかもういらない!私が欲しいのは平和な世界!」
娘「愛する人が側にいて、美味しいご飯を食べられる……そんな平和な世界が欲しい!!」
娘「そこに邪魔者はいらないの。人間という、邪魔者なんか!!」


娘「だから、これは宣戦布告のほんのご挨拶。せいぜいこれから、よろしくね」
騎士「……一つ、聞かせて欲しい」
娘「何かしら」
騎士「姫は……あの国の、姫は」
娘「『私が殺した』。これでいい?」
騎士「っっ貴様あああああ!!!」




217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:05:29 ID:u.sOYEjs
ザンッ…ドサ。

娘「あーあ」
騎士「あ、う……うで、が……」
娘「余計な事をするからよ。利き腕じゃないだけ、マシと思ってくれないと」
騎士「ひ、がぁ……く」
娘「まあ、これで余計に因縁は増えたかしらね。思わぬ展開も、良い方向に転ぶものだね」


娘「……ちょっと、聞いてるの?」
竜「加減を間違えたようだな。死んではおらぬようだが、すっかり気を失っておるわ」
娘「うわー……ちょっとやりすぎたかも」
竜「して、どうするのだ。この人間の処遇は」
娘「街の外れまで運ぶわ。ここに放置して、死なれると困るもの」
竜「これに、姫の存在を広めさせるのだったな」
娘「ええそうよ」





218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:10:19 ID:u.sOYEjs
娘「これで、人間の方にも私の名前が広まるわ。魔物の姫としてね」
竜「その上また国を一つ落としたともなれば、他の魔物にも聞こえが良いものな」
娘「魔王陛下の娘は魔物のためならば、人間なんか根絶やしにする。その実力と覚悟がある、ってね」
竜「……滅茶苦茶だな。後も先も、考えてはいない」
娘「先なんか考えてちゃ、魔王の娘なんかやってらんないよ」
竜「そうだな。そうかもしれんな」


娘「さてと……行ってくるね」
竜「私も行こう」
娘「あ、じゃあちょっと目立っちゃおうか」
竜「何をするつもりだ」
娘「この人返すついでに、先にちょっと暴れておこうかと。入口付近で何人か、ね」
竜「……本当に、良いのか。仮にもお前は元来」
娘「違うわ。私は違う」





219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:12:58 ID:u.sOYEjs
娘「私は魔物で、あの人の娘だから」
娘「あの人と過ごした時間……それが私の全てだから」
娘「魔王の娘になったあの日に、人だった私は死んだのよ」
娘「私が生きていける場所は、お父さんの側だから」
娘「人との繋がりなんて願い下げ」
竜「……そう、か」


娘(そう)
娘(……これでようやく、人を捨てられる)
娘(だから……嬉しいはずなのに)
娘(この人のこと、何とも思っていないはずなのに)
娘(どうして……胸が苦しいの)
娘(変なの)


竜「……なあ、姫よ」
娘「何?」
竜「私も、お前の世界に居ても良いのか?」
娘「もちろん!」
竜「ふっ……ありがとう」
娘「こちらこそ、ありがとう!」





220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:15:02 ID:u.sOYEjs
兵1「く、くそ……あの女、本当に強いとは」
兵1「失敗が都に伝わる前に……次の手を打たないと……」
兵1「妹……待っててくれ。これが終われば……お前とまた、暮らせるんだ」
兵1「人質なんて、もう終わりにしてやるからな……」
兵1「……ひとまずここに隠れるか」


洞窟─

魔王「遅い……」
魔王「遅いな……」
魔王「あいつらは一体、どこまで行って、何をしているのだか」
魔王「なあ卵よ。お前の母はまだ帰らんぞ」
魔王「……遅いな」





221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:17:39 ID:u.sOYEjs
兵1「?!」
魔王「お」
兵1「ま、ま、魔物?!」
魔王「人間か……まさかこの卵を狙ってか?」
兵1「何だってこんなところに魔物がいるんだ?!」
魔王「違うようだな。しかし、ならば何故こんな場所に」
兵1「う、う、う、うわあああああああああ!!!」
魔王「む」


ガキィッン──!!!!

兵1「あ、あ……!!」
魔王「いきなり斬りかかるとは、不躾な奴だな。折角の剣を無駄にするな」
兵1「く、来るな!来るな化け物!!」
魔王「あれこれと注文の多い奴だな。少し、喧しいぞ」
兵1「ひ、ひぃ!」





222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:19:26 ID:u.sOYEjs
兵1「た、た」
魔王「た?」
兵1「助けてくれ!この通りだ!!」
魔王「ほう」
兵1「何でもするから、い、命だけは!!」
魔王「……そうだな」
兵1「た、頼む!助けてくれ助け」


パチン

兵1「っっっああああああああっ!!!」
魔王「悪いな、人間よ」
兵1「あ、ぐ、だ、すけ……」
魔王「別段お前を殺すことに、意味などないのだ」
兵1「い……いもう、と」
魔王「ただ、私は昔決めてしまってな。これだけはどうしても破れんのだ」
兵1「…………」
魔王「私が救う人間は、あいつが最後でいい。とな」




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:21:08 ID:u.sOYEjs
魔王「そうだろう、娘よ」
娘「そうだね、お父さん」
魔王「何をして来たんだ、あちこち血で汚しおって。お前の血ではないようだが」
娘「ちょっと運動。ねー、主」
竜「ああ」
魔王「全く……」


娘「ねえねえ、お父さん。ちょっと聞いて欲しいことがあるの」
魔王「何だ?」
娘「私ね、これからもいっぱい頑張るよ。お父さんの、娘として!」
魔王「そうか。頑張れよ」
娘「だからね、ずっと側で……見ていてね」
魔王「勿論だとも」
娘「うん!」


娘「主も一緒に頑張ろうね!」
竜「ああ」
魔王「ふっ……一体何を始めるつもりだ?」
娘「平和のために、努力するの!」
魔王「平和か。良い言葉だな」
竜「全くだ」
娘「ふふ……いいよねー」




224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:23:35 ID:u.sOYEjs
──……


魔王城─

娘「んー。今日もいい天気だねー」
魔王「そうだな」
娘「平和だねー。いいことだねー」
魔王「全くだらけおって……もう少し、しゃんとしろ」
娘「だって……今日は久々のお休みなんだもの。いいじゃない」
魔王「まあ、確かにそうだな……ゆっくりするか」
娘「うん。えへへー……」


バァンッ!

側近「お前は仕事だ馬鹿野郎!!」
魔王「……はあ」
娘「あ、大丈夫。片付けておいたよー」
側近「ああああ?!」
魔王「……ふう」





225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:25:24 ID:u.sOYEjs
娘「お父さんと一緒にまったりしたいの!」
魔王「よしよし。よく出来た子だ。褒美に撫でてやろう」
娘「わーい」
側近「……頼むから、これに仕事させてくんね?外聞があるから」
娘「もう構わないじゃない。その分私が頑張るって決めたんだから」
側近「いやまあ……そうなんだけど、釈然としねえ……」
魔王「我が儘な」
側近「うるせえ。お前はこの件に関して口を開くな」


側近「ったく……調子はどうだ?」
娘「もう絶好調だよ」
側近「そうだろうなあ」
魔王「これでもう、あの国の三割を手中に収めたのだったな」
娘「うん。これからもじっくり追いつめていくつもり」
側近「ま、あまり無理はするなよ?」
娘「えへへ。ありがと」





226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:27:20 ID:u.sOYEjs
側近「ああ、娘ちゃんにいくつか報告。あそこの主の卵、最近孵ったってさ」
娘「わあ!じゃあ早速、明日にでもお祝いに行かなきゃね!」
魔王「では、一緒に行くか」
娘「うん!」
側近「そしてもう一つ……」


側近「言ってた、隻腕の王族さん?そいつが主体になって、他国と同盟結んでうちに対抗するそうだ」
娘「……ふうん」
側近「如何なされますかな?我らが姫様は」
娘「当然、一網打尽よ」
側近「ふはは……だろうな。頼もしいよ、ほんと」





227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:30:28 ID:u.sOYEjs
娘「この戦いが終われば、魔物の勢力は一体どれだけ増すんだろうね」
側近「さあね。ま、好きにやってみろよ。また、俺らがしっかりフォローするからさ」
娘「うん。よろしくね」
魔王「娘。無理はするなよ?」
娘「大丈夫!」


娘「私にはお父さんと、側近と、魔物達がいるんだもの。何だって平気よ」
魔王「そうか……良かったよ」
側近「嬉しいこと言うなあ。褒めてやるよ、よーしよし」
娘「わーい」
魔王「おい、私の許可なくそいつに触るな」
側近「堅いこと言うんじゃねえよ。お前がいない間、誰が面倒見てたと思ってるんだ」
魔王「む……」
娘「あはは」




228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:32:18 ID:u.sOYEjs
娘「ねえ。私、頑張るね」
魔王「ああ」
娘「もっともっと平和な、世界のために!」
魔王「頑張ろうな……娘」
側近「嫌というほど協力してやるよ」
娘「うん!」


その昔、人を捨てた娘がいた。

それは理を断ち切る悪しき選択だった。
交わってはいけない縁だった。
取ってはいけない手だった。
愛してはいけないはずだった。

彼女はただ、一つを願っただけだった。
愛する者達が側にいて、共に歩んでいける当たり前の世界。
それは果たして悪なのか。善なのか。きっと誰にも分からない。

ただ一つ言えるのは……。





229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:34:27 ID:u.sOYEjs
娘「さーて、まずはご飯にしましょ。お腹減ったよ」
魔王「そうだな、昼にするか」
側近「じゃあ俺もご一緒させて頂こうかね」
魔王「親子の団欒を邪魔する気か」
側近「当たり前だろ。なんか腹立つんだよ」
魔王「くっ……魔王に向かって、何だその言い草は」
娘「あーもう、二人とも喧嘩しないの!」



彼女は平和をこの上なく、愛していた。
それだけだった。


魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」
【終】




234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/01(火) 22:47:25 ID:u.sOYEjs
終わった!粗が目立つけど終わった!!

こういう、勢いに任せた微妙なものが書きたかったという話です。
前作を読んでいない人でも読めるようなものが目標でしたが…早々と諦めました。難しい。
人により好き嫌い別れるオチかもしれませんが、個人的にはとても楽しめたので満足です。
しかし三ヶ月もかかるとは…。並行して色々書きすぎか。猛省。

支援下さった方、読んで下さった方。本当にありがとうございました!
幾分かでも、暇潰しになれば幸いです。またお会いできましたら、よろしくお願いします。

魔王「今日も平和だ飯がうまい」
魔王の娘「今日も平和でご飯がおいしい」
魔王「どうか、***」




関連記事
スポンサーサイト
・無料で女の子と出会ったったwwwwww
[ 2014年04月14日 15:36 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。