▼▼ Head Line ▼▼

傑作ちゃんねる -2ch傑作まとめ TOP  >  スポンサー広告 >  SS >  面接官「この空白の期間はなんですか?」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

面接官「この空白の期間はなんですか?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 15:30:50.15 ID:9BKwGWbc0

俺「職についていなかった期間です」

面接官「それは働きたいけど働けなかったということですか?」

俺「働きたくなかった期間です」

面接官「ニートですか?」

俺「はい」

面接官「なぜ最初からニートだったと言わないのですか?」

俺「横文字が嫌いなんです」

面接官「そうですか」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 15:33:44.56 ID:9BKwGWbc0

面接官「ではこの空白の期間に取り組んだことはありますか?」

俺「人間性の向上です」

面接官「それは素晴らしい具体的にどんな結果を出しましたか?」
面接官「取った資格などあれば教えてください」

俺「形に見えるものはありません」
俺「怒らない人間になろうと必死に取り組んでいました」

面接官「は?」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 15:38:04.49 ID:9BKwGWbc0

俺「私はすぐに怒る人間や心の狭い人間が何よりも嫌いでありそういう人間になりたくはありません」

面接官「」

俺「ですから些細なことで怒らないように自分を律するトレーニングをしてきました」

面接官「例えばそれはどんなことですか?」

俺「親兄弟から無理難題を言われても絶対に怒らず善処することです」

面接官「もっと具体的にお願いします」

俺「掃除をしとけと言われれば掃除をしました」
俺「洗濯が間に合わないと言われれば洗濯をしました」
俺「食事を作っておけと言われればカレーを作りました」
俺「カレーに飽きたと言われれば魚のムニエルを作りました」

面接官「」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 15:41:44.95 ID:9BKwGWbc0

面接官「失礼ですがあなたの母親は何をなさっているのですか?」

俺「パートをしています」

面接官「なるほど」
面接官「ちなみにそれは週何回ほど?」

俺「週6回です」

面接官「それは大変ですね」

俺「母親も大変と言っています」

面接官「要するに家事を分担していたんですね」

俺「はい」

面接官「ちなみに週何度程度手伝っていましたか?」

俺「6日、もしくは7日手伝っていました」

面接官「」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 15:45:58.63 ID:9BKwGWbc0

面接官「それは最初から毎日のようにしていたのですか?」

俺「いいえ、最初はお願いされたのでやりました」
俺「しかし2ヵ月程度経った頃にはやっているのが当たり前の状態になっていました」

面接官「それで一度も怒ったりはしなかったのですか?」

俺「いいえ、最初の頃は怒っていました」
俺「特にカレーに飽きたと言われたときには怒りましたが半年経つ頃には怒らずにやれるようになっていました」

面接官「」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 15:51:07.80 ID:9BKwGWbc0

面接官「ちなみにそれは全てあなたが家事をやっていたのですか?」

俺「いえ違います」
俺「私が活動できるのは庭先までなので買出しは弟がしてくれていました」

面接官「弟ですか」
面接官「ちなみに母親は」

俺「母親は気づくと何もしなくなっていました」
俺「弟は怒らずに過ごそうとしている私に触発されたのか」
俺「それくらいならやるよと買出しを担当してくれるようになりました」

面接官「ちなみに弟さんのご職業は?」

俺「弟は私と違い優秀なのでホテルマンをしています」

面接官「よくできた弟さんですね」

俺「でも弟は些細なことで怒りますよ」

面接官「」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 15:54:44.60 ID:9BKwGWbc0

面接官「先ほど庭先までしか出られないと言いましたが」
面接官「それはなぜですか?」

俺「当時外に出ると他人に笑われている錯覚がしたからです」

面接官「錯覚ですか」

俺「はい、錯覚でした」

面接官「なぜ錯覚だとわかったのですか?」
面接官「失礼ですが病院等に行かれたとかではないですよね?」

俺「聴力を鍛えました」

面接官「」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:00:42.42 ID:9BKwGWbc0

面接官「聴力ですか」

俺「はい、何か言われているような曖昧なことにビクビクしていてはいけないと思い」
俺「全て聞き取れるようにしました」

面接官「それは具体的にどんな努力ですか?」

俺「自分の周囲の雑音を全て聴き取るトレーニングです」

面接官「もっと具体的にお願いします」

俺「テレビでトレーニングしていました」
俺「音量を聞き取れる限界まで下げ画面を見ず喋っている言葉を一言一句漏らさず聴き取ることです」
俺「テレビから発する雑音や車が通った雑音からも逃さず音を聴き取り、慣れてきたら限界を下げていくトレーニングです」

面接官「それで他人の話を聞き取れるようになったのですか?」

俺「はい」
俺「私のことを馬鹿にしていると思っていた会話全てを聞き取った結果」
俺「全てが他愛ないおしゃべりでした」

面接官「」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:08:46.87 ID:9BKwGWbc0

面接官「他にどんな努力をしましたか?」

俺「窓を開けて生活をする努力もしていました」

面接官「」

俺「私は窓を開けて生活していると誰かに覗かれているのではないかという恐怖心があり」
俺「窓を開けて生活できませんでした」

面接官「誰に覗かれるんですか」

俺「わかりません」

面接官「」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:12:55.38 ID:9BKwGWbc0

面接官「それはどうやって克服しましたか?」

俺「覗かれても他人の手本になるよう健全な生活を送るように心がけました」

面接官「」

俺「恥ずかしいことをしていなければ覗かれても恥ずかしくはないと気づいたんです」

面接官「ちなみに恥ずかしいとはどのようなことですか?」

俺「以前の私は本当に恥ずかしい私生活を送っていました」
俺「モデルガンを片手に戦場にいるごっこを一人でやったりと」
俺「覗かれていれば赤面してしまうようなことをしていました」

面接官「」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:18:53.69 ID:9BKwGWbc0

俺「そんなところを覗かれてしまえば変な人間が住んでいると思われてしまうと思い」
俺「趣味を書道へ変えました」

面接官「書道ですか」
面接官「あなたが覗かれてもいいと思う具体的なこと」
面接官「今の私生活を教えてください」

俺「朝6時に起床し布団を畳み押入れにしまって一日をスタートさせます」
俺「家族の朝食を準備し全員を送り出したあとゴミを捨てに行きます」
俺「ゴミを捨てに行っても無愛想にせず、当番で立っている近所のおばさんと10分世間話をするようにしています」

面接官「」

俺「家に帰ったら洗濯をし、午前中の間に掃除を済ませます」
俺「土曜日は私と弟、日曜日には両親の布団を干します」

面接官「」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:23:22.22 ID:9BKwGWbc0

面接官「ゴミ出しに行けるのですか?」

俺「当初は怖くて出来ませんでした」
俺「しかし他人から笑われている錯覚を克服したあと行けるようになりました」

面接官「そうですか」

俺「そのときに近所のおばさんのヒソヒソ話を聞きました」
俺「私の両親はゴミ出しのときにせかせか帰ってしまい近所付き合いやっていないと」
俺「世間話を心掛けてたのはそのためです」

面接官「」

俺「」

面接官「続けてください」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:30:23.74 ID:0jHOpcJT0

優秀すぎる



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:31:06.44 ID:9BKwGWbc0

俺「昼食にも手を抜かずに作ること」

面接官「」

俺「昼食を作るのは好きでした」
俺「私が唯一自分のために料理を作れるのはこの昼ご飯のときだけだからです」

面接官「よく主婦の方に料理を作るのが飽きたという方がいますが」
面接官「あなたはそうならなかったのですか?」

俺「はい」
俺「近所のおばさんと会話しているとやはり年齢差から話す内容がなくなってしまいます」
俺「そんなときによく料理のレシピを教えてくれました」

面接官「」

俺「レシピを聞くだけでなく、実際に作り感想を伝えれば話も盛り上がりますし」
俺「そういうことでも昼食を作るのは楽しかったです」
俺「たまに近所で取れた筍など貰ったりしました
俺「下処理した筑紫をプレゼントすると喜んでくれました」

面接官「」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:40:50.39 ID:9BKwGWbc0

俺「午後は夕飯の支度に取り掛かる夕方5時までを趣味の時間にしていました」
俺「月水金はレンタルDVD店で借りたDVD鑑賞」
俺「火木土は書道をしていました」

面接官「レンタルDVDでそんなに鑑賞したいタイトルがあるのですか?」
面接官「途中で借りたいものがなくなったりしないのですか?」

俺「はい、洋画もアニメも鑑賞したいタイトルはすぐなくなってしまいました」

面接官「その場合どうするのですか?」

俺「数の多い韓流ドラマを鑑賞していました」

面接官「面白いのですか?」

俺「最初は暇つぶし感覚だったのですが」
俺「史劇を鑑賞するようになって価値観が変わりました」

面接官「」

俺「近所のレンタルDVD店には日本の大河ドラマだと古いものがなく」
俺「手頃にレンタルできたのが韓流だったというのもありますが」
俺「気づくとどっぷりはまっていました」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:45:44.08 ID:9BKwGWbc0

面接官「しかし決まった趣味のローテーションで毎日を過ごしていると飽きたりしませんか」

俺「飽きます」
俺「そういう時は庭の手入れをしていました」

面接官「」

俺「一週間に一度は庭の草むしりをしていた方がいいので」
俺「趣味に没頭しているときにも週一度の草むしりのペースは守っていました」

面接官「」

俺「書道もDVD鑑賞もしたくないときは一週間丸々庭の手入れをしていました」

面接官「庭の手入れとは具体的にどのようなことをするのですか?」

俺「自家製野菜を作ったりガーデニングを楽しんだりしていました」

面接官「」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:46:58.65 ID:prIMhwpr0
高性能すぎる

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:49:03.93 ID:vl+Hd0pZ0
もう就職しなくていいだろwwww



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:50:59.31 ID:9BKwGWbc0

俺「自家製野菜と花の配置がなかなか決まらないんです」
俺「庭全体を美しく見せつつ花と野菜の絶妙な位置取り」
俺「それが季節と共に変わっていくんです」

面接官「」

俺「植木鉢で育てていれば配置も自由に変えられるのですが」
俺「最初はそれがわからなくてじか植えし失敗してしまいました」
俺「それから植木鉢で育てるようにし、場所をちゃんと作り土にもこだわるようになりました」

面接官「すみません」
面接官「凄く面白そうな話ですがわからないです」

俺「すみません」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 16:59:25.04 ID:9BKwGWbc0

面接官「話を戻しますが趣味の時間が終わったあとは?」

俺「夕飯の下ごしらえを終わらせお風呂を洗います」

面接官「下ごしらえって何をするんですか?」

俺「家族が帰ってきたら温かい状態ですぐ食べられる状態まで作ることです?」

面接官「あとは焼くだけの状態ですか?」

俺「はい」

面接官「私も帰りが遅いと妻に怒られますが」
面接官「あれはどういう心境ですか?」

俺「すみません、わかないです」

面接官「」

俺「うちは残業でもない限り全員8時には食卓に揃うので」

面接官「うちの妻は残業でも怒ります」

俺「私は怒らないように心掛けているので怒りません」
俺「家族も遅くなるなら前もって連絡をくれるので」

面接官「」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 17:07:16.48 ID:9BKwGWbc0

俺「夕飯を食べたあと、両親や弟が買ってきたデザートを食べて団欒を楽しみます」
俺「そのあと全員がお風呂からあがるまでに食器を洗い最後に自分がお風呂に入ります」

面接官「私の妻の理想的な生活ではお風呂はそのとき洗ってカビをふせぎます」

俺「確かにそうです」

面接官「ですよね」

俺「うちはお風呂の湯を洗濯で使うんで朝までそのままです」

面接官「」

俺「半年に一度やっているカビ取りのとき」
俺「どっちが正しいのかいつも考えます」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 17:15:25.68 ID:9BKwGWbc0

俺「そのあとは各自自室に行き自分の時間を過ごします」
俺「これなら他人に覗かれても恥ずかしくないと思います」

面接官「わかりました」
面接官「ありがとうございます」

俺「ありがとうございます」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 17:20:42.37 ID:tlNdZtWz0
俺と激似すぎてリアルに死にたくなったぞ

85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 17:29:44.95 ID:l95a7gu80
あっさり終わったな

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/07(土) 17:51:04.00 ID:mIL9Hklc0
面接でここまで話せるニートはそういない
関連記事
スポンサーサイト
・無料で女の子と出会ったったwwwwww
[ 2013年09月03日 23:23 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。