▼▼ Head Line ▼▼

傑作ちゃんねる -2ch傑作まとめ TOP  >  スポンサー広告 >  SS >  勇者「戦士、僧侶、魔法使いを連れていく奴は情弱。情強は――」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勇者「戦士、僧侶、魔法使いを連れていく奴は情弱。情強は――」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:04:50.45 ID:k9u45pUC0
王「勇者よ、街にある酒場で仲間を集めていけばいいだろう」

勇者「は?」

王「いや、独り旅ではなにかと苦労が多いだろうし」

勇者「いや、酒場で仲間を得るとか面白くないし」

王「面白くないって」

勇者「俺は自力で探す。それが冒険の醍醐味っしょ」

王「おぬし、口の利き方に気をつけよ」

勇者「超絶イケメンの俺ならすげーやつを仲間にしてみせますし、魔王なんてデコピンで倒しますし」

王「……」

勇者「金くれ」

王「やらん。即刻立ち去れ」





2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:08:23.96 ID:k9u45pUC0
――外

勇者「さてと、国外追放された勇者とか俺が初めてなんじゃね?」

勇者「あの王は魔王倒したら、絶対に復讐してやりますし」

勇者「さてと……とりあえず噂にきいたあの場所にいってみっか」

勇者「楽しくなりそうだぜ」

勇者「できれば可愛い子もほしいな」

勇者「こっちか」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:12:19.03 ID:k9u45pUC0
――雪山

勇者「確か噂ではここに……」

「だれじゃ?」

勇者「ん?」

「誰じゃ?ここは人間が足を踏み入れて良い場所ではないぞ?」

勇者「……」

「死にたくなければ立ち去るがよい」

勇者「あんたは?」

雪女「妾のことなどどうでもよかろう。さあ、立ち去るのじゃ」

勇者「雪女さん?」

雪女「……答える義理はない」

勇者「やっぱり。なあ、俺と一緒に魔王を倒さないか?」

雪女「何を言っておる?早く去れ。氷漬けになりたくはあるまい?」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:16:35.58 ID:k9u45pUC0
勇者「俺、勇者なんすよ」

雪女「早く出ていけ」

勇者「で、仲間を集めている最中で、あんたみたいな不思議系の仲間を集めようって思ったのね」

雪女「おい、聞こえぬのか?」

勇者「なあ、仲間になってくれよ」

雪女「断る」

勇者「なんで?超絶イケメンの俺が頼んでるのに?ありえないんですけど」

雪女「己を卑下する者も美化する者も妾は嫌いじゃ。去れ」

勇者「仲間になってください」

雪女「断るといっておろうが!!」

勇者「じゃあ、どうしたら仲間になってくれるんです?」

雪女「人間の仲間になどならん」

勇者「訳あり?」

雪女「去れと言っておろうが!!」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:18:53.78 ID:k9u45pUC0
――村

勇者「くそ……吹き飛ばされた」

勇者「とりあえず寒いし、今日は宿屋で休むか」

勇者「大将、やってる?――おろ?」

店主「」

勇者「もしもーし!!」

勇者「氷漬けになってる……」

勇者「てことは……」

勇者「泊まり放題じゃん!!」

勇者「やったね!」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:22:54.63 ID:k9u45pUC0
――翌日 雪山

勇者「ちーっす」

雪女「おい!!」

勇者「これお土産にドライアイス。あげるよ」

雪女「貴様は妾をなんだと思うておるのじゃ?」

勇者「雪女でしょ?あんたの力があれば魔王も倒せると思うんだけどなー」

雪女「おぬし、近くの村には行ったか?」

勇者「うん」

雪女「村の者はどうなっておった?」

勇者「氷漬けになってた」

雪女「そうだ。おぬしもそうなりたくはあるまい?」

勇者「うん」

雪女「ならば、去れ」

勇者「なんで?」

雪女「……」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:26:59.52 ID:k9u45pUC0
勇者「なんか食べる?冷凍食品をいくつか持参したけど」

雪女「妾は人間ではない。何かを口にすることはない」

勇者「マジで!?食費浮くわー、仲間になってくれ」

雪女「……」

勇者「ねえねえ、お給料も払うし」

雪女「……氷漬けになりたいのか?」

勇者「なりたくねえよ」

雪女「もう出ていってくれ……人間の顔など見たくないのじゃ」

勇者「なーんでだよー」

雪女「……」

勇者「にしてもここ寒いな。暖炉ないの?」

雪女「風邪をひくまえに去れ」

勇者「あ、俺、炎出せるんだった。すごいっしょ?」

雪女「……こいつ、嫌い」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:30:37.61 ID:k9u45pUC0
勇者「すげー!よくみたら外壁が氷だ!!マンモスとかいねーの?」

雪女「おらん」

勇者「ひゃー、冷たい!!」

雪女「……」

勇者「かき氷、何人分作れんだ?これで飢饉を乗り越えられるんじゃないか?」

雪女「おい」

勇者「なに?」

雪女「いつまで居座るつもりだ?」

勇者「雪女ちゃんの支度が整うまで」

雪女「おい。ちゃん付けはやめんか」

勇者「なんで?可愛いのに」

雪女「人間に可愛いなどといわれとうない!!」

勇者「可愛い!可愛いよ!!」

雪女「やめんか!!」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:34:54.02 ID:II5wbBJ20
ドラクエ6で雪女いたよな



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:35:21.27 ID:k9u45pUC0
勇者「もー、こんな寒いところに引き籠ってないでさぁ、世界に出て見聞を広めようぜ!」

雪女「妾はここが好きなのじゃ」

勇者「変わってるね。まあ、だから仲間にしたいんだけど」

雪女「……」

勇者「にしても肌白いな。スベスベしてそうなんだけど、触ってもいい?」

雪女「やめい!!近付くでないわ!!汚らわしい!!」

勇者「あ、ピーンときた。あんた男に捨てられたな?」

雪女「……っ」

勇者「図星だー!!なーんだ、男に振られたから引き籠ってんの?メンヘラか」

雪女「……お前、命を捨てる覚悟はできたな?」

勇者「お?」

雪女「氷漬けになれ!!!」

勇者「ちょ!?」

雪女「おまえなんか嫌いだー!!!」

勇者「落ち着いて!!ごめん!!調子にのったかもしれない!!」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:40:46.33 ID:k9u45pUC0
雪女「はぁ……はぁ……」

勇者「あ、あぶねえ……雪女、マジこぇ~」

雪女「その割にはなんか余裕じゃな……」

勇者「もう、男に振られたぐらいなにさ。もっといい男が世の中にはいるって。例えば、ここにな!」

雪女「もうよい。許してやるから去れ」

勇者「……」

雪女「妾は本当にあの者を愛しておった……じゃが……」

勇者「雪女だから捨てられたのか?」

雪女「理由はわからん。でも、そうであろうな。所詮は魔族。人間とは結ばれるはずもない」

勇者「そっか。可哀想に」

雪女「同情なぞいらん。帰れ」

勇者「分かった!!」

雪女「え?」

勇者「寒いし帰るわ!!ごめんな!!」

雪女「え?あれ?……帰るの?」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:45:05.65 ID:k9u45pUC0
――村

勇者「大将!今日も泊まるわ!ツケといて!!」

店主「」

勇者「さてと、明日は何を持って行こうかな……?」

勇者「今日と同じ物を持っていったら呆れられちゃうし」

勇者「なにすっかなぁ」

――商店

勇者「へい、大将!!」

店員「」

勇者「この冷凍薬草と冷凍マグロ貰っていくな!!」

勇者「これで雪女ちゃん、喜んでくれるかな?」

勇者「酒とスルメももってくか」

勇者「明日は酒盛りだな」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:49:28.37 ID:k9u45pUC0
――翌日 雪山

雪女「……」

勇者「雪女ちゃん!!おっはよ!!」

雪女「あ……な、なにしに来たんだ!!去れ!!」

勇者「これ、お土産な。全部凍ってるし、丁度いいと思って」

雪女「……いらんというておろう」

勇者「はい!」

雪女「な、なんだ?」

勇者「あの村で一番高級な酒だ。飲もうぜ。スルメもあるし」

雪女「だから……」

勇者「俺は熱燗で飲むけど、雪女ちゃんは?」

雪女「おぬし、何歳だ?」

勇者「16」

雪女「未成年が飲むな!!」

勇者「いや、勇者ですし、そこは問題なくね?」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:53:10.49 ID:k9u45pUC0
雪女「あるわ!!」

勇者「えー?」

雪女「勇者なら、尚更だ。見本になるように生きろ」

勇者「でも、ここには雪女ちゃんしかいないし。雪女ちゃんが黙ってればいいだけでしょ?」

雪女「妾はすぐに喋るかもしれんぞ?」

勇者「俺は雪女ちゃんが口が軽いとは思わない」

雪女「なぜじゃ?」

勇者「なんかガード固そうだし」

雪女「意味が分からん」

勇者「え?マジ?じゃあ、ちょっと胸揉ませてくれない?」

雪女「殺す」

勇者「あ、すんません」

雪女「全く……」

勇者「で、飲む?」

雪女「……す、すこしだけ」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:58:52.58 ID:k9u45pUC0
雪女「―――ぷはぁ!!で、そいつはいったんじゃぞ?妾を一生愛してくれるって!!」

勇者「うんうん」

雪女「なのに……なのに……他の女がすきになったとぬかしよって……ぐすっ……」

勇者「よしよし」

雪女「ひっく……なんじゃ……あんな小娘にほれよって……妾と400年以上も歳の差がある小娘じゃぞ!?」

勇者「ひどいなぁ」

雪女「そう思うじゃろ!?だから……ぐすっ……妾は人間を信じないことにしたのじゃ……ひっく」

勇者「もうその辺で」

雪女「飲まずにやってられるか!!―――グビグビグビ!!!」

勇者「相当、溜まってたんだ」

雪女「当たり前じゃ!!ひっく……もう恋なんてせんぞ……せん……ぐすっ……ふぇぇぇん!!」

勇者「あ、泣いた」

雪女「ひっく……うっ!」

勇者「……あ、吐く感じだ」

雪女「―――オロロッ!!」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 16:59:41.97 ID:jE1fpSE/0
何を吐くのだろうか
肴と酒と水?氷?

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:01:22.81 ID:2QekFtko0
シャーベットだろ直飲み余裕



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:02:29.62 ID:k9u45pUC0
雪女「……はぁ」

勇者「どう?落ち着いた?」

雪女「すこし……まだ、世界が回っておるが」

勇者「ここは氷嚢にこまんないな」

雪女「……」

勇者「なに?」

雪女「変な男じゃな、お前」

勇者「変な人に変って言われると、照れるな」

雪女「……酒、感謝する」

勇者「きにすんな、タダだし!」

雪女「……もう、帰れ。妾を仲間にしても仕方あるまい」

勇者「わかった!!」

雪女「……」

勇者「じゃあ、また明日な!!」

雪女「……え。あ、うん」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:06:52.54 ID:k9u45pUC0
――数日後 雪山

勇者「雪女ちゃん、やっほー」

雪女「おかえり」

勇者「ただいま!!はい、おみやげ」

雪女「今日はなんじゃ?」

勇者「葡萄酒だ」

雪女「そうか。いつも貢いでもらってすまんな」

勇者「気にスンナ。タダだし!!」

雪女「……なんか、おぬしがここにいるのも普通になってきたな」

勇者「俺も。ここが家みたく思ってきた」

雪女「……なあ、おぬしさえよければ……ここに住まんか?」

勇者「え?」

雪女「わ、妾はお前となら……その……」

勇者「ごめん!めちゃくちゃ嬉しいけど、俺は魔王を倒さないといけないんだ!イケメン勇者だし!!」

雪女「……ま、魔王などどうでもいいではないか」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:07:41.74 ID:2lo/UUpJ0
デレた!

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:07:47.62 ID:Ggj/BIUW0
この勇者策士や

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:08:50.82 ID:FZoYMN/c0
これが三顧の礼か。

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:09:20.70 ID:FVWHqZac0
パンツ窓から投げた



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:11:44.42 ID:k9u45pUC0
勇者「いやぁ。魔王を倒せるのって俺だけなんだよね」

雪女「……」

勇者「その俺が魔王から逃げちゃカッコ悪いじゃん?俺、イケメンだからカッコ悪いの嫌なんだよね」

雪女「……そうか」

勇者「だから、雪女ちゃん。一緒にここを出ようぜ!」

雪女「しかし……妾は人間ではないぞ?」

勇者「気にスンナ!!」

雪女「え?」

勇者「俺も国を追放された身だ。雪女ちゃんと境遇は変わんないから!!」

雪女「そ、そうか……おぬしも大変なんじゃな」

勇者「うん。だから、雪女ちゃんの手助けがいるんだ」

雪女「妾の?」

勇者「うん!雪女ちゃんが必要なんだ!!!」

雪女「ちょ……声が大きい……」

勇者「行こうぜ!外に出ようぜ!!こんなところにいたら風邪ひいちゃうし!!」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:12:01.16 ID:Ggj/BIUW0
わっふるわっふる



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:16:14.41 ID:k9u45pUC0
勇者「いえーい!!」

雪女「こら!!腕をひっぱるでない!!自分で歩ける!!」

勇者「あ、ごめん。興奮しちゃった」

雪女「って、妾は旅に出るとはいっておらんぞ!?」

勇者「ねえねえ」

雪女「なんじゃ?」

勇者「雪女ちゃんはなんか知り合いに不思議な子っていないの?」

雪女「不思議な子?」

勇者「エルフとかドワーフとか、そっち系」

雪女「うーん……あ、数百年前に出逢ったことがあるの」

勇者「誰誰?」

雪女「しかし、今もいるかはわからんぞ?」

勇者「とりあえずそこにいくぜ!!雪女ちゃん、案内してくれ!!」

雪女「う、うん……あ、いや、だから妾はまだ仲間になるとは―――こら!!腕をひっぱるな!!」

勇者「ひゃっほー!!雪女ちゃんゲットーだぜ!!」



63: 【16m】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/11/06(日) 17:17:49.73 ID:3Gja7C2n0
楽しくなって来やがったぜ

65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:20:39.72 ID:2QekFtko0
エルフはよはよ




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:21:00.07 ID:k9u45pUC0
――花畑

雪女「ここじゃ」

勇者「へえ……すごい長閑なとこだな」

雪女「理由は忘れたが……ここを訪れたときにそやつと出逢ったのじゃ」

勇者「ふーん」

雪女「……そういえば村の呪いを解いてなかったの」

勇者「いいじゃん。雪女ちゃんに酷いことした男の村なんて世界が平和になってからで」

雪女「そ、そうか?」

勇者「あれだけ綺麗に凍ってたら魔物に襲われることもないしな」

雪女「おぬしがそういうなら」

勇者「にしてもここはすげーなぁ!!寝よ!!」

雪女「こら、いきなり倒れる奴があるか」

勇者「きもちいー!!雪女ちゃんも一緒に寝ようぜ!!」

雪女「う、うむ……では、失礼して―――」

「ぎゃ!?誰誰!?私の上に乗る人は!!重いし!!」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:25:29.92 ID:k9u45pUC0
勇者「やべえ!?雪女ちゃんのお尻が喋った!!」

雪女「え!?妾のお尻、喋るのか!?」

勇者「ひくわ」

雪女「ひ、ひかないで……おねがい……」

「ちょっと!!どいてください!!」

勇者「ん?」

雪女「……な、なんじゃ?」

妖精「はぁ……びっくりした。内蔵飛び出るかとおもいました」

勇者「おぉぉぉ!?」

妖精「ぎゃ?!な、なんですか!!そんな握りしめないでください!」

勇者「なんだこいつ、ちっさ可愛い!!」

雪女「こ、これ!!勇者よ、早速浮気とはいい度胸じゃ!!」

勇者「お前、誰?」

妖精「私は花の妖精ですよ?―――つか、早く離してください!!中身がでちゃう!!」

勇者「すげー!!これはすごい!!――なあ、一緒に魔王を倒そうぜ!!」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:29:05.05 ID:k9u45pUC0
雪女「おぬしは」

妖精「あ、雪女さんじゃないですか。お久しぶりですね」

勇者「雪女ちゃんの知り合い?」

雪女「うむ」

妖精「何百年ぶりですかね」

雪女「覚えておるわけ無かろう」

妖精「ですよねー」

勇者「妖精ちゃん、一緒に魔王倒しにいかない?」

妖精「……なんですか、この人?」

雪女「勇者じゃ。なんでも魔王を倒すための仲間を集めておるらしい」

妖精「それはそれは、頑張ってください」

勇者「ありがとう。頑張るから仲間になってくれ」

妖精「いやですよ」

勇者「なんで?」

妖精「私は花の妖精ですよ?戦えるわけないじゃないですか」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:33:30.54 ID:k9u45pUC0
雪女「だそうじゃ。他をあたるぞ」

勇者「そうだな。仕方ないな」

妖精「わーーー!!!なんで袋にいれるんですか!!私は道具じゃありませーん!!」

勇者「おっと、うっかり」

妖精「びっくりした……びっくりして涎でちゃった」

雪女「無理矢理はいかんぞ」

勇者「でも、ほしいなぁ」

妖精「ですから、私ではその辺の魔物にすら勝てませんよ」

勇者「何ができるの?」

妖精「私は花が出せます」

勇者「マジ!?じゃあ、ちょっと俺の周りに薔薇をいっぱいだしてくれない?」

妖精「い、いいですけど……そーれっ!!」

勇者「―――荒ぶる神々よ。俺の美しさの前にひれ伏せ」

妖精「バカですか、この人?」

雪女「……かっこいい」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:34:52.68 ID:jE1fpSE/0
雪女がダメ女になり始めている



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:37:52.32 ID:k9u45pUC0
妖精「え!?」

雪女「……あ、いや、なんでもない」

勇者「じゃあ、次は雪女ちゃんと妖精ね」

雪女「な、なんじゃ?」

勇者「顔を寄せて、寄せて」

妖精「こ、こうですか?」

勇者「よし。そこで百合の花をいっぱい出して」

妖精「てい。―――これでいいんですか?」

勇者「で、雪女ちゃんが「愛してるわ」って言って、妖精さんが「いけませんわ、御姉様」って言って」

雪女「……愛してるわ」

妖精「いけませんわ、御姉様……」

勇者「ハイ。ありがとう」

妖精「何の意味が?」

雪女「……しらん」

勇者「その力、きっと魔王を倒すのに役にたつ!!さあ、一緒に行こう!!」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:44:01.54 ID:k9u45pUC0
妖精「意味がわかりません!!」

勇者「その能力は必要だ!!」

妖精「ですから!!こんなしょぼい力じゃなにもできませんて!!」

勇者「なに?その花は無限に出せるんじゃないの?」

妖精「出せますよ?」

勇者「じゃあ、すごいじゃん」

妖精「いや……」

勇者「例えば、花の香りで相手の嗅覚をマヒさせたら逃亡するとき役に立つでしょ?」

妖精「それは……」

勇者「あと大量に降らせることで敵をかく乱できるし、その隙に俺が斬りかかることもできる」

妖精「……」

勇者「トドメは敵の口の中に花を大量に押し込んで窒息死させる手もある。ほら、君はすごいよ!!」

妖精「……わ、わたし……すごいんですか?」

勇者「もう世界最強の妖精じゃないの?」

妖精「さ、最強……花を出すだけの……私が……?」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:46:08.59 ID:lxr7UpNgO
なんかヒソカがガムで王を窒息死させられるみたいな無茶な理論だなww

85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:46:09.11 ID:RsmNI2F6O
勇者の提案が鬼畜過ぎるwww



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:50:56.81 ID:k9u45pUC0
妖精「い、いや……あなたの口車には乗りませんよ!!」

雪女「勇者、無理に誘うことはよさぬか。妾は別に良かったが、花の妖精はこの土地に強い思い入れがある」

勇者「そうなの?」

妖精「私はこの花畑を守る役目を担っていますから。そう簡単に離れるわけにはいかないのです」

勇者「マジか」

雪女「妾のときとは状況が違うのじゃ」

勇者「じゃあなんで紹介したんだよ!!」

雪女「おぬしが紹介せえと言ったからではないか!!」

勇者「なんだと!!俺の所為か!!」

雪女「そうじゃ!!」

勇者「それはすまん!!」

妖精「あの……ケンカしないで……」

勇者「じゃあ、少し寝ていってもいい?疲れたし」

妖精「あ、ど、どうぞ。それぐらいでしたら」

勇者「はぁ……花のベッドはきもちいい~♪」



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 17:57:39.81 ID:k9u45pUC0
勇者「すぅ……すぅ……」

雪女「ふふ……寝顔はまだまだ少年じゃな……かわいい」

妖精「……変わりましたね、雪女さん」

雪女「な、なにがじゃ!?」

妖精「少し前までは本当に氷みたいに冷たい感じだったのに」

雪女「数百年もあれば変わるわ」

妖精「まあ、そうですね」

雪女「おぬしは変わってはおらんな」

妖精「私は常に花と共にいますからね。こうして人間とお話したのもいつ以来か」

雪女「そうか」

妖精「で、本当に魔王を倒すんですか?無茶だと思うんですけど。雪女さん、熱に弱いし」

雪女「それをいうな」

妖精「……でも行くんですね」

雪女「こやつが妾を必要だと言ってくれたからな。妾はいく」

妖精「そうですか……じゃあ、あそこに行ってみてはどうですか?昔、黄金の国ってところにありとあらゆる加護を齎せてくれる術師がいると聞いたことがあります」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:01:47.97 ID:k9u45pUC0
雪女「黄金の国とな?」

妖精「はい。現存されているかはしりませんが」

雪女「そこで熱の加護を受けろと?」

妖精「そうしたら雪女さんもまあ、戦えるようになるのでは?」

雪女「ふむ……そうじゃな」

勇者「むにゃむにゃ……ゆ、おん、なぁ……すき……」

雪女「え!?」

妖精「おぉ?」

勇者「ゆき、おんなのかき氷……すき」

雪女「……」

妖精「行きます?」

雪女「うむ。――おきろ、勇者」

勇者「つめてぇ!?なにした!?」

雪女「耳に息を吹きかけただけじゃ。情けないのぉ、こんなことで驚いてからに」

勇者「耳はやめろよ」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:05:40.01 ID:k9u45pUC0
勇者「じゃあ、行ってくる」

妖精「あの……」

雪女「これ、やめろ。道具袋からだしてやりんせ」

勇者「ちっ」

妖精「あなた、本当に勇者さん?」

勇者「このイケメンぶり、勇者以外にある?」

妖精「人間の美的感覚はよくわかりません」

雪女「すまんかったな、妖精。色々、ありがとう」

勇者「じゃあ、またな」

妖精「はい。また会える日を楽しみにしています」

勇者「いい子だったなぁ」

雪女「……わ、妾がおるからいいであろう?」

勇者「え?まあ、そうだけど。二人じゃ辛いし、あともう一人ぐらいは欲しいよな」

雪女「そ、そうか?」

勇者「うん!もっと不思議な奴がほしい!!雪女ちゃん以上の奴なんてそうはいないだろうけどな」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:10:24.56 ID:k9u45pUC0
――黄金の国

勇者「ここか」

雪女「ふむ。不思議な奴はいそうにないのう」

勇者「変わった建物が多いけど……人がいないな」

雪女「じゃが、趣がある。見てみよ、全て木でできておるぞ」

勇者「マジだ。レンガじゃないんだ。すげーなー」

雪女「妾はこういうが好きじゃ」

勇者「じゃあ、魔王を倒したら木の家を建ててやるよ」

雪女「ま、まことか!?そ、そこは妾とおぬしの……」

勇者「雪女ちゃん用の家なら簡単に作れるだろ」

雪女「あれ?おぬしは一緒に住まんの?」

勇者「え?なんで?」

雪女「……おぬし、嫌い」

勇者「なんで?なんで?家を建てるっていってんじゃん」

「お前ら、誰だ?ここは神聖な場所だ。土足であがってくんな」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:15:21.56 ID:k9u45pUC0
勇者「お!?」

雪女「だれじゃ?」

「誰だって?あたしはここの巫女だ。おまえらこそ―――」

勇者「すっげー!!なんか変な奴服着た変な奴がいる!!」

「あ?ちょ!?やめろ!!」

勇者「すげー!!雪女ちゃん、ほらほら触ってみなよ。これ本物だぜ!!」

雪女「ほお……確かに獣の尾じゃな」

勇者「耳もあるし、誰だ!!」

狐娘「だから!!巫女だっつってんだろ!!!」

勇者「巫女ってなんだ?」

狐娘「この社を守護する者だよ」

勇者「ふーん」

狐娘「お前らは誰だよ?帰ってくれ」

雪女「ここであらゆる加護を受けられるときいたのじゃが?」

狐娘「あー、それね。じゃ、金だしな。一加護、10万だ」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:20:25.29 ID:k9u45pUC0
勇者「お金とるのか……尻尾を揉むぞ」

狐娘「揉んでもいいけど。別に性感帯じゃねーし」

雪女「勇者、路銀はあるか?」

勇者「流石に10万はないな」

雪女「だそうじゃ。すまんがツケでやってもらえんか?」

狐娘「アホか。こっちだって食べていくには金がいるんだ。文無しは帰ってくれ」

雪女「勇者、どうする?」

勇者「じゃあ、体で払うわ。向こうにいこうぜ」

狐娘「お、おい……」

雪女「勇者!!!」

勇者「冗談だから……そのつららの切っ先を向けないで」

雪女「浮気は許さんぞ」

狐娘「結婚式ならやってやるよ」

勇者「マジで?でも、俺は狐の嫁はいらんなぁ」

狐娘「なんであたしがお前に嫁入りしないといけないんだよ!!」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:26:48.03 ID:k9u45pUC0
雪女「ところでここには人がおらんようじゃが?」

狐娘「ああ、魔王に滅ぼされたからな」

勇者「マジで?」

狐娘「嘘ついてどうすんだよ」

雪女「にしては、家屋に傷はなさそうじゃが?」

狐娘「加護の力だ。あたしがここにいる限り、この土地が朽ちることはない」

勇者「もしかして、凄い人なんです?」

狐娘「まーな」

勇者「仲間になってもらえませんか?」

雪女「何故、腰が低くなっておるのじゃ?」

狐娘「仲間ぁ?」

勇者「魔王を倒すために」

狐娘「魔王だと……?」

雪女「うむ。実はいうと魔王を倒すために旅をしておってな……」

狐娘「そうだったのか。詳しい話を聞きたいから、社のほうにいこう。お茶ぐらいは出す」



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:31:28.71 ID:k9u45pUC0
――狐の社

狐娘「狭いとこだけど勘弁してくれ」

勇者「ほんとだな」

狐娘「遠慮なしか」

雪女「ふむ……だが、空気は清浄じゃな。落ち着く」

狐娘「魔族でもそう感じるのか?」

勇者「あれ、狐ちゃんは魔族じゃないの?」

狐娘「あたしは神族だ。魔族と真逆だよ」

雪女「なるほど。だから様々な加護が」

狐娘「そういうこと。あ、お茶だすな。――おーい!!」

狐幼女「な、なに?」

勇者「なんだ!?ちっちゃい狐ちゃんがいる!?」

狐娘「あたしの妹だ。お茶だしてくれ」

狐幼女「うん……すこし待ってて」

雪女「家族か」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:35:59.80 ID:k9u45pUC0
勇者「じゃあ父狐や母狐もいるの?みてー!!」

狐娘「悪い。ここに住んでるのはあたしと妹だけだ」

雪女「まさか、魔王に?」

狐娘「そうだ。魔王が全てを奪った……家族も友人も……全部」

勇者「ひっでー!!俺だったら保護するのに」

狐娘「保護してなにすんだ?」

勇者「尻尾とか耳を触りまくる」

狐娘「うぇ」

狐幼女「よ……ほ……」

雪女「危なっかしいのぉ」

狐幼女「あ、あわ……」

狐娘「ゆっくりでいいぞ?」

狐幼女「う、うん……もうちょっと……だから……よいしょ、おまたせ」

勇者「こっちにおいでー」

狐幼女「なに?」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:39:57.01 ID:k9u45pUC0
勇者「はぁ……かわいい、柔らかい……」

狐幼女「あの……」

勇者「ごめん。もうちょっと抱かせてて」

狐幼女「あぅ」

雪女「勇者!!妾も抱かんか!!」

勇者「雪女ちゃんは冷たいからなぁ。お腹冷えるし」

雪女「ぐぬぬ」

狐娘「妹に変なことすんなよ」

勇者「はぁぁ~かわいいなぁ」

狐幼女「うざい」

狐娘「そうだ。加護だったな。なんの加護が欲しいんだ?」

雪女「やってくれるのか?!」

狐娘「魔王を倒す手助けができるならいくらでも。ロハでやるぜ」

雪女「おぉ……すまぬな!!」

勇者「じゃあ、この子くれ!!ちっちゃい狐ちゃんと一緒に寝たいし」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:44:28.23 ID:k9u45pUC0
狐幼女「……たすけて……」

狐娘「そりゃできない。あたしだったらいいけど?」

雪女「!?」

勇者「マジ?」

狐娘「それが魔王を倒すためになるならな」

勇者「なるなる!!」

狐娘「んじゃ、向こうにいこうぜ」

勇者「やっほー!!」

雪女「勇者!!なにをいっておるのじゃ!!!」

勇者「悪い……背に腹はかえられないんだ」

雪女「また妾は人間に捨てられるのか……よよよ」

狐娘「一緒に寝るだけだろ?」

雪女「おぬし!!男と寝るの意味がわかっておるのかぁ!!」

狐娘「何をそんなに怒ってんだ?」

勇者「モフモフしてえ」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:45:21.78 ID:E527f0Yo0
雪女可愛い



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:48:59.80 ID:k9u45pUC0
雪女「ともかくいかん!!いかんぞ!!」

勇者「ちぇー」

狐娘「まぁいいか。ともかくなんの加護が欲しいんだ?」

雪女「熱じゃ。妾は熱に弱くてな」

狐娘「ああ、存在そのものがか。てことは完全な加護は無理だ。人並みに平気になる程度だけど、いいか?」

雪女「今よりも耐性がつくのなら」

狐娘「わかった。じゃあ、その服を脱いで」

雪女「え!?」

勇者「むむ?」

狐娘「加護の術はその身に紋を書き込むことで得られる。だから背中とかに書くんだけど」

雪女「そ、そうなのか……・ふむ」

勇者「……かまわん。ここでやれ」

狐娘「つか、ここでしかやれないけど」

雪女「勇者……外へ出ててくれんか?」

勇者「ノーだ」



140: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2011/11/06(日) 18:51:28.23 ID:E527f0Yo0
あぁ、ノーだな



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:54:01.36 ID:k9u45pUC0
雪女「おぬしは乙女の裸を堂々と見る気か!?」

狐娘「いいじゃん裸ぐらい。何回もみせてんだろ?」

雪女「見せたことないわ!!妾は軽い女ではない!!」

勇者「でも、恋人いたんだろ?慣れてんだろ」

雪女「う、生まれてこのかた……殿方に裸体をさらしたことなんでありゃせんわ」

勇者「うそぉ!?」

狐娘「処女?マジで?」

狐幼女「しょじょってなぁに?」

勇者「君みたいな純粋な子のことだよー?」

雪女「だ、だって……そういうのは結婚して、から……じゃろ?」

狐娘「あんた、あたしより貞操観念が強いな。偉いよ」

雪女「お、おぬしだってそうじゃろ!?」

狐娘「残念。あたしはもう経験済み。一応、結婚もしてたし」

勇者「旦那さんは狐?」

狐娘「ううん。村の人間。殺されたけどな……」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 18:58:54.68 ID:k9u45pUC0
勇者「そうか」

狐娘「恥ずかしいならあたしが壁になってやるから、脱いだ脱いだ」

雪女「う、うむ……」

勇者「ハァハァ」

狐娘「肌白いな」

雪女「は、はよしてくれ……」

狐娘「はいはい……ちょっとまってよ……」

雪女「ひゃん♪お、おいくすぐったいぞ……?」

狐娘「筆で書いてるからな。我慢しろ」

雪女「で、でも……あぁん♪」

勇者「なんか興奮する」

狐幼女「ん?なんかお尻にあたってる……?」

勇者「あ、ごめん」

狐幼女「いい加減、はなして」

勇者「そうだな。これ以上は理性がもたない」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:04:03.80 ID:k9u45pUC0
狐娘「はい、終了」

雪女「これで熱につよくなったのかえ?」

狐娘「問題ないけど、魂そのものが熱に弱いからな。人間並みに強くなっただけだ」

雪女「いや。それで十分じゃ。すまなかったな」

狐娘「いやいや」

勇者「じゃあ、仲間になってくれ!!」

狐娘「最初にいったろ?あたしがいるからこの土地は姿を保っていられるんだ。あたしはここを離れられない」

勇者「マジでー?」

狐娘「こいつの面倒もみないといけないし」

狐幼女「おねえちゃん……」

勇者「なら仕方ないな……はぁ……いい人材は見つかるのに……どうして仲間になってくれないの……?」

雪女「妾がおる。何も気に病むことはない!」

勇者「……はぁ」

雪女「なんじゃ、そのため息は!?」

狐娘「この先は魔王の領地になるから気を付けろよ?――あ、そうだ。人外が欲しいなら魔王の領地にある森にいけよ。人外はいっぱいいるぞ?」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:23:56.12 ID:k9u45pUC0
――魔王の森

勇者「はぁ……はぁ……」

雪女「勇者……すこ、し……やすまぬか……?」

勇者「そうだな……ふぅ」

雪女「つかれたの」

勇者「全くだ……雪女ちゃんって意外と体力あるんだな」

雪女「妾は魔族じゃなから」

勇者「そうか……羨ましいというか……」

雪女「しっかりしやれ、勇者」

勇者「ごめん……はぁ……」

雪女「妾の冷気で熱した体を冷ましてやろうか?」

勇者「抱きしめてくれるのか?」

雪女「な、なにをいっておる!!」

勇者「じゃあ、いい」

雪女(しまった……なぜ素直になれんのじゃ……くすん)



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:28:01.43 ID:k9u45pUC0
勇者「魔物が多いな……ここは」

雪女「魔王の領地じゃからなぁ。致し方あるまい」

勇者「狐ちゃん、ここで仲間を得られるとか言ってたけど嘘だな」

雪女「話をする前に襲ってこられてはたまらんの」

勇者「まったくだ」

雪女「勇者よ、ここで仲間を得るのは諦めたらどうじゃ?」

勇者「うーん……」

「がおー!!にんげんはどこだー!!」

勇者「……」

雪女「……」

ゾンビ娘「がおー!!にんげんはどこだー!!たべちゃうぞー!!」

ハーピー「バカ!!向こう向こう!!」

ゾンビ娘「おお、こっちか。ふっふっふ、覚悟しろー!!」

勇者「すっげえ、弱そうな奴が来たぞ」

雪女「一掃してしまうかえ?」




205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:33:59.65 ID:bV1yvwZC0
ゾンビてことは目玉が垂れてたり、内蔵が露出してたりするんだよな?

209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:35:47.02 ID:4zjdjCwY0
>>205
決して孕むことのない冷たい子宮を命の元で満たしてやる事ができる



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:34:32.32 ID:k9u45pUC0
ゾンビ娘「ハーピー姉さん!!バカにされてますよ!!怒った方がいいですよ!!」

ハーピー「いや、バカにされてるのあんただから!!」

ゾンビ娘「なにー!!びっくりして首がもげちゃったよ!!」

勇者「はぁ……」

雪女「リビングデッドとハーピーじゃな」

ゾンビ娘「おまえらが勇者一行だな!たべちゃうぞ~?」

勇者「てい!」

ゾンビ娘「ぎゃぁぁ!!!斬られたぁぁ!!」

勇者「次はお前だ。下りてこい、ハーピー」

ハーピー「弱いわねえ……とんだ屑だわ。いいわ、そこで野垂れ死になさいな」

ゾンビ娘「あれぇ!?姉さん!!たすけてよぉ!!」

ハーピー「あんたのお守りはもうたくさんよ!じゃあね!!」

ゾンビ娘「ひとでなしー!!」

ハーピー「私は鳥だ!!」

ゾンビ娘「そうでしたね」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:39:02.02 ID:k9u45pUC0
勇者「……はい。下半身」

ゾンビ娘「これはご親切にどうも」

雪女「おぬし、捨てられたようじゃな」

ゾンビ娘「ですね。これからは野良ゾンビとして生きていきます」

勇者「おう。がんばれ」

雪女「それではの」

ゾンビ娘「まてぇ!」

勇者「なんだよ?」

ゾンビ娘「ここであったが100年目。勇者を倒し、見事返り咲いて―――」

勇者「てい」

ゾンビ娘「あぁぁん!!斬られた!!」

勇者「じゃあな。下半身は貰ってく」

ゾンビ娘「そんなぁ?!下半身をどうする気ですか!!スケベ!!」

雪女「妾もそれは許容できんぞ?」

勇者「冗談だから……氷に剣を首元にちかづけるな……」



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:40:25.93 ID:4zjdjCwY0
下半身だけ持っていくか・・・
その発想はあった



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:43:24.23 ID:k9u45pUC0
ゾンビ娘「よかったぁ……下半身は大事ですからね」

勇者「君って子ども産めるの?」

ゾンビ娘「はい。産めますよ?」

勇者「へぇぇ」

雪女「こら」

ゾンビ娘「まあ、ゾンビはゾンビの子しか産めませんけどね」

勇者「なんだ」

雪女「妾は……ちゃんと、産めるぞ?」

勇者「ふうん」

雪女「……勇者、嫌い」

勇者「ところでゾンビちゃん」

ゾンビ娘「なんでしょう?」

勇者「この際、君で良いから仲間になってくれない?」

ゾンビ娘「仲間ですか?どうして?」

勇者「なんか一緒にいたら面白そうだから」



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:49:28.74 ID:k9u45pUC0
ゾンビ娘「はぁ……でも、ゾンビですし、勇者とは敵対関係ですし」

勇者「まぁまぁ。勇者と一緒にいれば「あのゾンビ、勇者を従えてるぜ!かっけー!!」って思われるからさ、多分」

ゾンビ娘「マジですか?!」

勇者「おうよ。もうゾンビ株うなぎ昇りのストップ高だね」

ゾンビ娘「な、なんかいい響きですね……ストップ高」

勇者「だろ?」

雪女「また適当な事を……」

勇者「どうせ捨てられた身だし、いいじゃんいいじゃん。仲間になろうず」

ゾンビ娘「そうですね。ゾンビ株がストップ高になるなら、仲間になろうず!!」

勇者「おっしゃー!!二人目、ゲットだー!!」

ゾンビ娘「いえーい♪」

雪女「そんな簡単に決めていいのか?こやつ、使い物にならん気がするが」

勇者「そんなのは後々考えればいいだけだ」

ゾンビ娘「だけだー」

雪女「はぁ……二人旅もここまでか……長いようで短かったな……ほろり」



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:50:20.11 ID:cAUTD5q80
やっと進展だな…



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 19:55:48.77 ID:k9u45pUC0
勇者「で、この森を抜けると魔王の城とかあるわけ?」

ゾンビ娘「山を一つ越えないといけませんが」

勇者「山越えか……楽しくなってきたぜぇ」

雪女「その山、普通ではないのであろう?」

ゾンビ娘「ええ、もうヤバい魔物がわんさか住んでますよ」

勇者「なんだと……?つまり、人外がいるのか?」

ゾンビ娘「ええ。そりゃもう」

勇者「よし……そこでチャンスがあるなら仲間を手に入れるか」

雪女「まだ増やすのか?」

勇者「魔王は強い!3人はいる!!」

雪女「二人でいいのではないのか?!」

ゾンビ娘「れっつごー!!」

勇者「進むぞー!!」

雪女「あぁ……勇者……」



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:01:28.41 ID:k9u45pUC0
――火山

雪女「はぁ……はぁ……」

ゾンビ娘「やばいですぅ……体がとけるぅぅ」

雪女「妾の台詞じゃ……とる、でない……わ……」

勇者「何でこんなに暑いんだ?」

ゾンビ娘「こ、この山は……地熱がすごいことで有名なんですよ……ひぃ」

雪女「そ、そういうことは……はやめに……いわんかぁ……はぁ……」

ゾンビ娘「す、すんまそ……」

雪女「は、んせ、い……しておらん、な……?」

勇者「大丈夫か?まだ頂上でもないんだぞ?」

雪女「無茶をいうな……これ、でも……がんばっとる……ほうじゃ……」

ゾンビ娘「勇者さんは……げん、き……ですね……」

勇者「イケメンだからな。あと勇者ってこともあるけど」

ゾンビ娘「な、なるほど……」

雪女「と、ともかく進もう……早く越えなくては……はぁ……」



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:07:56.26 ID:k9u45pUC0
――頂上 火口

勇者「おー!!すっげー!!この下、溶岩が流れてるぞ!!」

雪女「はぁ……汗がとまらん……」

ゾンビ娘「皮膚がただれる……」

雪女「おぬし、気持ちわるいな」

ゾンビ娘「雪女さんだって軽く火傷してますよ?」

雪女「妾は生まれつき熱に弱いのじゃ。しかたあるまい」

勇者「おし。いくか」

ゾンビ娘「すいません……途中の魔物、全部勇者さんに任せてしまって」

勇者「気にすんな。お前らは俺のイケメンぶりを後ろから眺めてればいいんだ」

雪女「ここではそうするしかなないのぉ」

ゾンビ娘「ですね……」

勇者「よぉし!!進むぞ!!」

「―――待て。ここから先は通さんぞ?」

勇者「いや、普通に通るけど?」



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:14:26.35 ID:k9u45pUC0
ゴーレム「いや、通るな」

勇者「なんだ。お前は?無駄にでかい図体しやがって」

ゴーレム「僕は魔王様にここの警護を任されたゴーレムだ!!」

ゾンビ娘「でたぁぁ!!」

雪女「ゴーレム……初めてみたわ……なんという巨体じゃ」

勇者「そっか。がんばれよ」

ゴーレム「だから、通っちゃだめー!!」

勇者「ごふ!?」

雪女「勇者!?」

勇者「―――おいおい、その怪腕をいきなり振うか?」

ゴーレム「僕の言うことを聞かないから悪いんだぞ」

勇者「いい度胸だ。やってやるぜ」

雪女「やめんか。体格差が違いすぎる」

ゾンビ娘「ですよ!!」

勇者「ふっ……関係ない!!―――おしてまいる!!」



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:20:39.33 ID:k9u45pUC0
ゴーレム「ふんすーーー!!!」

ゾンビ娘「ぎゃぁぁぁ!!!でっかい拳がくるぅぅ!!!」

勇者「よし!」

ゾンビ娘「はえ?」

勇者「くらえ―――ゾンビ眼つぶし!!!」

ゾンビ娘「きゃぁぁぁ!!!」

ゴーレム「なに?!ゾンビがとんでき―――」

ベチョ!!

ゴーレム「うわ!?なんだ!?前がみえないぞ!?」

勇者「隙あり!!――足払い!!」

ゴーレム「ぎゃぁ!?」

雪女「妾の息で……手足を凍らせ、拘束してやろう」

ゴーレム「あ……ぎぃ……?!」

勇者「よし。勝った」

ゾンビ娘「うえーん!!体がバラバラになったぁぁ!!勇者さん、パーツひろってー!!」



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:21:19.45 ID:cAUTD5q80
ゾンビ娘さんの扱いがwwwww



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:27:27.55 ID:k9u45pUC0
ゾンビ娘「右手の親指~どこ~?」

勇者「ゴーレムとは魔王も本気か」

雪女「早くここを抜けねば。妾の冷気もここではあまりもたんぞ?」

勇者「そうだな。いくか」

ゾンビ娘「あった!!よかったぁ……」

勇者「死体ちゃん!早くしろ!!」

ゾンビ娘「死体!?こういう生き物なんですけど!!」

ゴーレム「ま、まてぇ!!まってえ!!いかないでぇ!!」

勇者「なんで?」

ゴーレム「ぼ、ぼくが……魔王様に怒られる……から」

勇者「しーらね」

ゴーレム「きちくー!!」

勇者「バーカ!!俺は勇者だぞ!!俺に命令できるのは俺だけだ!!」

ゾンビ娘「かっこいい!!」

雪女「うむ……妾の夫になるのであればそれぐらいの気概がなくては困るの」



325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:33:03.56 ID:k9u45pUC0
勇者「あばよっ!」

雪女「すまんな」

ゾンビ娘「お世話になりました」

ゴーレム「本当にいっちゃった……はぁ……解体されちゃう……」

「あら?やられちゃったの?」

ゴーレム「あ!?いや……これは……その……えっと……」

「情けないわねえ。でも、力があってもおつむは子どもじゃ、仕方ないか」

ゴーレム「ごめんなさい……お姉ちゃん……」

「いいわ。可愛い弟のためですもの。私が勇者を狩ってきてあげる」

ゴーレム「あ、ありがとう!!」

「ふふ。待ってなさい……」


勇者「―――よし。だいぶ涼しくなってきたな」

雪女「遠くにみえるのが魔王の城じゃな」

ゾンビ娘「ゾクゾクしてきましたよ」

勇者「よし、このままいくぜ」



334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:39:05.22 ID:k9u45pUC0
「待ちなさい」

勇者「え?」

雪女「何者じゃ?」

ゾンビ娘「……?」

「残念だけど、ここで死んでもらうわ」

勇者「は……?人間か?」

「ふふ……くらえ!!ロケットパンチ!!」

ゾンビ娘「え―――ぎゃぁぁぁ!!!!」

雪女「ゾンビ!?」

勇者「お前、なにしやがる!!ゾンビちゃんの腹に風穴があいただろう!!」

ゾンビ娘「これはなんかやだーー!!私の腹部はどこー!!!」

ゴーレ娘「魔王様が丹念に作ってくださった、ゴーレムよ。さあ、覚悟しなさい」

勇者「ゴーレム?」

雪女「……おぬし、騙されておるぞ?」

ゴーレ娘「な、なにが?」



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:45:46.91 ID:k9u45pUC0
勇者「ゴーレムっていうのはなんか表面は石みたいな感じで、ごつごつしてて」

雪女「それでいて巨体じゃ。少なくともおぬしように華奢ではない」

ゴーレ娘「いや、でも……魔王様がゴーレムだっていったのよ!?」

勇者「でもなぁ……」

雪女「ちがうじゃろ、常識的に」

ゴーレ娘「そんなことないわ!!私はゴーレムよ!!」

勇者「まあ、いいや。めんどくさいし。じゃあ、俺たちは先を急ぐから」

ゾンビ娘「あったー!!!よかったぁ……もう離さない、私の腹部……♪」

ゴーレ娘「待ちなさい……誰が逃がすか……!!」

勇者「やる気か?」

雪女「やめんか」

ゴーレ娘「くらいなさい!!―――ミサイル発射!!」

勇者「な!?」

雪女「え―――」

勇者「うわぁぁぁ!!!おっぱいがとんできたぁぁ!!!」



347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:46:30.29 ID:QepljUME0
男のロマン―――おっぱいミサイル。

348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:46:53.79 ID:qlIQNtE+0
ワロタwww





358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:51:30.36 ID:k9u45pUC0
ゾンビ娘「―――あ、勇者さん!?」

ゴーレ娘「ふっふっふ……!!どうよ、私の力……魔王様が言うには『かがく』とかいう魔法らしいけど」

勇者「―――あ?!」

雪女「……だ、大丈夫かえ?」

勇者「雪女ちゃん!!俺を庇って……!?」

雪女「心配するでない……熱にはつよくなっておる……」

勇者「ゆるさない……許さないぞ……!!」

ゴーレ娘「ふん……人間が私に勝てるわけないのよ」

勇者「ゾンビちゃん!!こい!!」

ゾンビ娘「は、はい!!」

ゴーレ娘「なにする気?」

勇者「―――くらえ!!ゾンビミサイル!!」

ゾンビ娘「なんかデジャヴ!??」

ゴーレ娘「あっはっはっは!!ゾンビを投げてもよければ問題ないわね!!」

ゾンビ娘「あぁぁぁぁ!!!岩にぶつかる――――んぎゃ!?」



364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:56:31.41 ID:k9u45pUC0
ゴーレ娘「何がした―――」

勇者「であぁぁぁ!!!」

ゴーレ娘「!?」

勇者「もらったぁぁ!!!」

ゴーレ娘「きゃん!?な、なにをするの!?胸を鷲掴みにして!!」

勇者「これがあるからいけないんだ!!」

ゴーレ娘「やめ……ろ!!ミサイル発射!!」

勇者「うわ!?!」

ゴーレ娘「ふん……バカな男」

ゾンビ娘「そうでもないですけど?」

ゴーレ娘「え!?」

ゾンビ娘「よし、背中側ならおっぱいは飛ばせないでしょう?」

ゴーレ娘「まさか……囮は勇者のほう!?」

ゾンビ娘「さあ……あなたが機械ならこれが効くはずです……オロロッ!!」

ゴーレ娘「な、なにを吐いて……!?ちょ!!体が溶けてる!?!?まさか、酸!?」



365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:57:43.60 ID:xQDoRTZo0
                _ U ∴ ol
               / /∴ U :l
              |   | U o∴。l
              |   | : ∴ ol    ゴクゴク!!!!
              |  ∨∴ U∴U
             ∧  ∨U o∴ l
             /  \ ∨∴ oUl   _ノ!
             | (゚ ) Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ ノ
             |      ̄ ̄ ̄| ̄
             》         }
            /         /
            /         │
           │         │



366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 20:58:34.11 ID:hWD9R9dJ0
>>365
準備よすぎワロタ



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:01:37.23 ID:k9u45pUC0
ゾンビ娘「胃酸です」

ゴーレ娘「きたねえ!」

ゾンビ娘「汚いとは酷いなぁ」

ゴーレ娘「やばい!!服がとけて……からだも……やだ……やだ……」

ゾンビ娘「うひひひ」

ゴーレ娘「は、はやく背中からはなれて!?」

ゾンビ娘「じゃあ、降参ですか?」

ゴーレ娘「降参!!降参するわ!!だからこれ以上、魔王様から頂いた体を汚さないで!!」

勇者「――よし、ゾンビちゃん、もういい」

ゾンビ娘「はーい」

ゴーレ娘「はぁ……はぁ……恐ろしい攻撃を……」

ゾンビ娘「どうでしたー勇者さーん?」

勇者「いいこいいこ」

ゾンビ娘「えへへへ♪」

雪女(いいな……妾も頭を撫でてほしいな……)



380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:06:24.34 ID:k9u45pUC0
勇者「よし……もう大丈夫だ」

ゴーレ娘「あ、ありがとう」

雪女「ではまいろうか」

勇者「そうだな」

ゾンビ娘「魔王様をやっつけろー!!」

ゴーレ娘「無理よ」

勇者「え?」

ゴーレ娘「貴方たちじゃ、魔王様なんて倒せるわけがないわ」

勇者「どうして?」

ゾンビ娘「首が簡単にもげるからですか?」

雪女「やめんか。はしたない」

ゴーレ娘「単純にパワー不足よ」

勇者「でも、ここまで来たしな。もう後には退けないぜ」

ゴーレ娘「死ぬ気?」

勇者「勿論、死ぬ気でやらないとな」



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:10:16.39 ID:k9u45pUC0
ゴーレ娘「待って」

勇者「なんだよ?」

ゴーレ娘「私も連れて行って」

雪女「ならん!!」

勇者「え?!雪女ちゃんが決めるの?!」

ゴーレ娘「なんで?」

雪女「このパーティは3人までじゃ!!」

勇者「そうだったのか」

ゾンビ娘「初耳ですね」

雪女「そもそもなんで付いてくる?」

ゴーレ娘「魔王様に聞きたいの……私がゴーレムかどうかを」

勇者「そんなの俺たちが死んでから聞けばいいじゃん」

ゴーレ娘「あなた達が万が一、魔王様を倒しちゃったら聞けないでしょ?」

勇者「なるほどね」

ゴーレ娘「だから……連れていって」



396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:13:42.79 ID:k9u45pUC0
勇者「どうする?」

ゾンビ娘「いいんじゃないですか?」

雪女「これは罠じゃ!!」

勇者「どういう?」

雪女「背中をおっぱいで狙うつもりきまっておる」

勇者「マジか。じゃあ、やめとくか」

雪女「それがいい」

勇者「よし、拒否する」

ゴーレ娘「ふぇ!?」

勇者「いくぞ」

ゾンビ娘「おー!!」

雪女「ふう……よかった」

ゴーレ娘「ちょっと……なんでよ……」

ゴーレ娘「なんでよぉぉ!!!」



402:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:17:43.65 ID:k9u45pUC0
――花畑

妖精「……」

「気になるの?」

妖精「え……?」

「最近、ずっと考え事してるね」

妖精「そうかな……?」

「行ってきなよ。私たちは大丈夫だから」

妖精「でも……」

「勇者様が必要だっていってくれたこと、嬉しかったんでしょ?」

妖精「うん……」

「なら行くべきだよ。僕たちは大丈夫だから」

妖精「……少しの間だけ、ゆるしてね?」

「うん……世界を救う花の妖精……かっこいいよ?」

妖精「ありがとう……行ってきます!!」

「お土産に高級な肥料をおねがーい!!」



405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:18:31.98 ID:ENkFU16P0
>>402
まさか来るとは

409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:20:33.76 ID:TFaLg59j0
>>402
完全に忘れてた

411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:21:15.14 ID:cAUTD5q80
ずいぶん昔の事に感じるな



415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:22:14.11 ID:k9u45pUC0
――黄金の国 狐の社

狐娘「……あいつら、大丈夫かな?」

狐幼女「お姉ちゃん……いってあげて……?」

狐娘「なにいってんの。あたしがいないとここは……」

狐幼女「わたしががんばるから……」

狐娘「お前……」

狐幼女「お姉ちゃんのかわり……はできないかもしれないけど……がんばるから」

狐娘「辛いぞ?」

狐幼女「仇……とってきてほしい……から」

狐娘「……!?」

狐幼女「おねえちゃんに魔王をやっつけてほしいから!!わたし、がんばる!!」

狐娘「……分かった。しばらく留守にするぞ。しっかりやってくれ」

狐幼女「うん……頑張って……お姉ちゃん」

狐娘「うし!!いってくっか!!――最高の油揚げ、期待してろ!!」

狐幼女「うん!!いってらっしゃい!!」



431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:26:44.31 ID:k9u45pUC0
――火山 頂上

ゴーレム「お姉ちゃん!!」

ゴーレ娘「ふん……負けちゃったわ」

ゴーレム「はぁ……そうなんだ」

ゴーレ娘「ねえ……私ってゴーレムよね?」

ゴーレム「そうだよ?」

ゴーレ娘「でも……勇者たちが違うって」

ゴーレム「人間の言うことなんて信じなくてもいいよ」

ゴーレ娘「でも……確かにあなたとは色々とつくりが違うし……似てないし」

ゴーレム「それは……」

妖精「通りまーす」

狐娘「ちょっとごめんよ」

ゴーレ娘「誰!?」

ゴーレム「誰が通すかぁぁ!!」

妖精「うるさいですよ、もう」



448:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:31:19.86 ID:k9u45pUC0
狐娘「誰だ、てめーら?」

ゴーレ娘「ふん、魔王様にここの番を任されている者よ」

ゴーレム「そうだぞー!!」

狐娘「よし―――あらよっと」

ゴーレム「な……?なにを描いた?」

狐娘「あんた、道をあけな」

ゴーレム「どうぞ」

狐娘「サンキュー」

ゴーレ娘「な、なにをしたの?!」

狐娘「こいつの体にあたしへの守護の紋を描いた。こいつはもうあたしに攻撃できない」

ゴーレ娘「な、に……?!」

妖精「さあ、早く勇者さんを追いましょう」

ゴーレ娘「勇者!?勇者を追ってるの!?」

狐娘「ん?そうだけど?」

妖精「なにか?」





463:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:35:56.11 ID:k9u45pUC0
――魔王の城

勇者「よし、行くか」

ゾンビ娘「カラスが私を狙ってる気がするんですが」

勇者「気の所為だろ。いくぞ」

雪女「勇者……少しいいかえ?」

勇者「どうした?」

雪女「……先に言っておこうとおもうてな。この先、生きて帰ることが難しい」

勇者「まあ、そうだな」

雪女「妾を妻にせぬか?」

勇者「……」

ゾンビ娘「じゃあ、私は娘に?」

雪女「じゃまするな。妾は真面目だ」

ゾンビ娘「私も真面目なんですが」

勇者「その返事は、無事に故郷に帰ってからじゃだめか?」

雪女「今、聞きたいのじゃ、勇者」



480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:39:45.68 ID:k9u45pUC0
勇者「うーん……」

雪女「何故悩む!?」

勇者「いや……どうしようかなって」

雪女「ちょ……まさか、もう許婚が?」

勇者「いや、いないけど」

雪女「ならば!!」

勇者「一つ聞くけど、雪女ちゃんは政治とかできる?」

雪女「は?」

勇者「できるの?」

雪女「……わからん」

勇者「だよねー。じゃあ、側室ってことでいい?」

雪女「側室とな!?」

ゾンビ娘「側室ってなんですか?」

勇者「妻以外の妻だ」

ゾンビ娘「第二の嫁!?」



497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:44:40.82 ID:k9u45pUC0
勇者「よし、いくぞ」

雪女「まて!!妾は正妻に向いてないということか!?」

勇者「いや。十分に俺は雪女ちゃんに惚れている」

雪女「な、ならば……!!」

勇者「だけど……王の妻になるなら政治ができないとだめだ」

雪女「王!?」

ゾンビ娘「なんかすげー」

勇者「ああ。俺は魔王を倒したら国に戻って、俺を国外追放した王を追放する。んで、俺が王になる」

雪女「そ、そんなことができるのか……?」

勇者「魔王を倒せばこっちのもんだ。世論が味方についてくれる」

ゾンビ娘「じゃあ、私もー!側室になりまーす」

勇者「いいぞ。なれなれ。側室は何人いても困らない」

ゾンビ娘「やったー!!」

雪女「ちょ……勇者……?」

勇者「さあ!!いくぜ!!」



505:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:46:19.22 ID:QepljUME0
勇者に取られる前に
妖精は俺の側室



514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:49:04.47 ID:k9u45pUC0
―――魔王城 謁見の間

魔王「……」

勇者「あれが……魔王か」

ゾンビ娘「なんか怖いイメージがありましたけど、可愛いですね」

雪女「いつまで柱の陰に隠れておるつもりだ?」

勇者「いや、寝込みを襲おうかなって」

雪女「バカ者。あんな奴に負けるわけないだろう。いくぞ」

魔王「……ん?」

雪女「魔王!!おぬしの首、もらいうける!!」

魔王「だれにゃ?」

勇者「勇者だ!!」

雪女「雪女ぞ」

ゾンビ娘「ゾンビでーす!!」

魔王「我は猫だにゃ」

勇者「……猫か」



517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:50:00.34 ID:4zjdjCwY0
なんだ猫か



535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:54:11.84 ID:k9u45pUC0
魔王「猫が魔王になってなんか文句あるかにゃ?」

雪女「ないが」

魔王「さあ、かかってこい」

勇者「まて……これは明らかに影武者だ」

雪女「なるほど。おい猫、本物の魔王はどこにおるのだ?」

魔王「そ、そんな影武者とか……バカいうにゃよ」

ゾンビ娘「猫じゃ、あのゴーレムさんを作れないですし」

魔王「お前ら……言ったな?」

勇者「すげえ!?猫が2本足で立ち上がった!?」

魔王「我は魔族の中でも由緒ある猫だにゃ。それ以上……バカにしてみろ……殺すぞ?」

勇者「この威圧……マジもんかよ……」

雪女「下がれ!!勇者!!くるぞ!!」

魔王「くらえ!!!猫ファイヤー!!」

雪女「冷気で壁を作る。二人とも、妾のうしろへ!!」

ゾンビ娘「ひぃぃん!!」



546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 21:59:23.99 ID:k9u45pUC0
魔王「あっはっはっは!!紅蓮の炎に焼かれてしまえー!!」

雪女「くっ……!?」

勇者「雪女ちゃん!?」

雪女「大丈夫だ……耐えられる……」

魔王「いつまでもつかな、氷の女神よ……にゃにゃにゃにゃ!!」

ゾンビ娘「あ、そうだ。猫って習性がいっぱいありますよね?」

勇者「習性?」

ゾンビ娘「よっこいせ……」

勇者「お、おい……目玉をとってどうするんだ?」

ゾンビ娘「こうするんです……コロコロコロ」

魔王「にゃ!?」

雪女「うっ……はぁ……止んだ?」

魔王「にゃー♪にゃんにゃん♪」

ゾンビ娘「丸い物をみると遊びたくなる、です」

勇者「すごいけど……なんか気持ち悪いから止めとこうな」



549:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:00:14.30 ID:Ixpmjm6m0
んでんでんでwwwwwwwwwwww



554:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:03:32.50 ID:k9u45pUC0
ゾンビ娘「えー?」

勇者「はい、これは返す」

魔王「にゃ?!―――おまえら、また我をバカにしたにゃ?」

ゾンビ娘「良い考えだとおもったんですけどね」

勇者「よし、続きだ」

魔王「ゆるさん!!キャット・フレア!!」

雪女「くっ……またか!?」

勇者「万事休すか……」

妖精「―――勇者さん!!」

勇者「妖精さん!?どうしたの!?」

妖精「助けにきましたよ!!」

勇者「妖精さん……よし……じゃあ、あの猫の周りを飛び回ってて」

妖精「わかりました!!――えーい」

猫「にゃんだ!?こやろ!!まて!!」

勇者「ふう……しばらくは妖精を追いかけ回すだろう。その間に作戦会議だ」



560:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:08:08.48 ID:k9u45pUC0
妖精「ぶーん!」

猫「にゃぁぁ!!」

勇者「さてと……やつをどうするか」

ゾンビ娘「動きをとめなくてはいけませんね」

雪女「そうだな……」

狐娘「お、いたいた。やっと見つけたぜ」

ゴーレ娘「ここが魔王様の……初めてみた」

狐娘「で、魔王はどこにいるんだ?」

勇者「あそこだ」

猫「にゃあぁぁん!!」

狐娘「あのやろう……ふざけたなりしやがって」

勇者「え?」

狐娘「あれは第1形態だ。真の姿じゃない」

勇者「なんだと……?」

魔王「ふっふっふ……その通りだにゃあ……これは世に忍仮の姿なんだにゃ……にゃにゃにゃ」



572:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:15:01.10 ID:k9u45pUC0
雪女「面白い……その姿見せてみろ」

魔王「いいだろう……ここまで我をコケにしくさって……生きて帰れるとおもうなにゃ!!」

ゴーレ娘「魔王様!!」

魔王「お前は!?キラーマジ―――ゴーレム!?」

ゴーレ娘「魔王様、私は……ゴーレムなんですよね!?」

魔王「あ、ああ。そうだにゃ」

ゴーレ娘「弟と実の姉弟なんですよね!?」

魔王「うん」

ゴーレ娘「やっぱり……そうなんですよね。安心しました」

ゾンビ娘「どういうことですか?」

狐娘「あいつは弟とずっと二人で火山の番をしてたんだとよ」

妖精「それで自分と弟が全く似てないことに最近気付いたらしくて、もしかしたら本当の弟じゃないのかもって悩んでたらしいです」

勇者「そうだったのか」

ゴーレ娘「ふふふ……さあ、これで私は人間の味方をする意味が無くなったわ!!きなさい!!」

魔王「にゃにゃにゃ!!さあ、いけ!!キラーマジ―――ゴーレム!!」



576:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:17:28.75 ID:ySO6aSa60
>>572
姉ってマジンガ様かよ



574:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:17:13.55 ID:DfzRj18W0
かむなよw



577:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:18:55.62 ID:k9u45pUC0
勇者「くそ……!!」

妖精「この人の相手は私が!!」

ゾンビ娘「加勢します!!」

雪女「よし妾もいこう」

ゴーレ娘「ふん……なにができるというのかしら?」

狐娘「勇者、やるぞ。あたしたちは魔王だ」

勇者「よっしゃ!!」

魔王「にゃにゃにゃ!!真の姿で戦ってやるにゃぁ!!!」

狐娘「来るぞ!!」

勇者「……!?」

猫娘「さあ、こい!!」

勇者「いったらぁぁぁ!!!」

狐娘「コンコーン!!!」

猫娘「うわ!?本気か!?」



585:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:23:20.96 ID:k9u45pUC0
勇者「よっしゃ!!捕えたぞ!!」

狐娘「ガルルルル!!!」

猫娘「いたい!!いたい!!!足をかむな!!!」

狐娘「夫の仇だ!!」

ゴーレ娘「魔王様!?」

雪女「どこをみておる?―――おぬしの相手は妾たちぞ!!」

ゴーレ娘「ふん……ミサイルをくらえ!!」

妖精「御姉様!!」

雪女「よくってよ!」

妖精・雪女「花・吹雪!!」

ゴーレ娘「な!?視界が花で!?」

ゾンビ娘「捕まえた♪」

ゴーレ娘「ぎゃぁぁ!!!」

ゾンビ娘「オロロッ!!」

ゴーレ娘「やめてぇぇ!!!ゲロはいやぁぁ!!!」



588:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:25:49.31 ID:RsmNI2F6O
ゾンビいい加減ゲロやめれwww

592:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:27:05.20 ID:TFaLg59j0
ゲロ万能説



596:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:29:12.07 ID:k9u45pUC0
勇者「よし……勝った……」

雪女「はぁ……はぁ……なんとも辛い戦いだった……」

ゾンビ娘「へとへとです……」

狐娘「辛勝でも勝ちは勝ちだ……はぁ……」

妖精「はい……私たちは魔王に勝ったんです……!!」

魔王「くそ……まけたにゃ……」

ゴーレ娘「魔王様……逝かないでください……」

魔王「さ、さいごに……おまえにいわなければならんことが……あるにゃ」

ゴーレ娘「魔王様!?」

魔王「お、まえは……ゴーレムではなく……キラーマジンガ……にゃ」

ゴーレ娘「……」

魔王「ゴーレムつくってたら、なんかキラーマジンガになってしまったにゃ。ごめんにゃ?」

ゴーレ娘「……うぅ……完敗ね……」

魔王「にゃふ……」

勇者「魔王……安らかに眠れ」



605:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:34:34.16 ID:k9u45pUC0
狐娘「勇者はこれからどうするんだ?」

勇者「故郷に帰って即位してくる」

狐娘「そ、そうか」

雪女「勇者……あの……」

勇者「ん?」

雪女「妾……政治の勉強をする……だから正妻にしてくりゃれ」

勇者「雪女ちゃん……本気か?」

雪女「うむ……勇者のためならそれぐらいの学問は修めてみせる」

勇者「分かった。その言葉を信じるぞ?」

雪女「ああ、お前の妻としてふさわしい女になる……だから捨てないで」

勇者「……よしよし」

ゾンビ娘「やったー!!勇者さんの側室だー!!」

狐娘「あ、そーだ。油揚げ買ってからないとな」

魔王「にゃんにゃん!!」

妖精「えーん!!ついてこないでくださーい!!」



606:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:35:00.39 ID:jE1fpSE/0
生きてるー!?

614:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:37:43.57 ID:cAUTD5q80
なんだハッピーエンドか



615:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:38:48.77 ID:k9u45pUC0
―――勇者の故郷 王城

兵士「王!!大変です!!勇者殿が戻ってきてしまいました!!」

王「なんだと!?」

兵士「魔王を倒したこともあり、既に民衆は勇者殿の味方に……!!」

王「して、勇者は!?」

兵士「今、街頭演説をしています」

王「な、なんのために!?」

兵士「内容は……王の追放を謳うもので」

王「どういうことだー!!!」

兵士「恐らく、国外追放扱いにされたことを怨んでいるのでは?」

王「それは勇者が私にたいしてフランクな話し方するから」

兵士「ですが、時すでに……」

王「勇者のもとに案内しろ!!」



636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:45:34.14 ID:k9u45pUC0
―――中心街

勇者「―――で、あるからして、私が即位した暁には、みなさんが幸せに暮らせる国作りに励む所存であります!!」

「勇者様ーすてきー!!」

「王様をついほうしろー!!」

「「追放!追放!追放!追放!追放!追放!」」

勇者「わっはっはっはっは!!」

雪女「流石は勇者じゃ……民衆の心を一人占めではないか」

ゾンビ娘「すっごいですね」

魔王「にゃにゃん!!これは我が負けて当然だったわけだにゃ!!」

妖精「ですねぇ」

ゴーレ娘「すごい……こんな大人物だったんだね……」

王「―――まてぇぇ!!勇者!!これは何事だ!!」

勇者「来たな、諸悪の根源め!!―――姫を残してさっさと街からでていけ!!」

王「貴様!!私の娘をどうする気だ!!」

勇者「側室にするしかないだろう!」



661:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:51:47.31 ID:k9u45pUC0
王「勇者……調子にのるなよ……!!」

勇者「悪いが調子に乗らせてもらう。この通り、魔王を倒したのだからな」

魔王「にゃー」

王「ぐぬぬ」

勇者「安心しろ。俺も鬼じゃない。王が慎ましく生活できるだけの資金援助はしてやるつもりだ」

王「おのれ……勇者!!」

「自分を貶めた王にすら施しをするなんて、勇者さまお優しい!!」

「未来の国王様だ!!」

勇者「さあ、王。ここで反論、反抗してみるか?資金援助の話もなしになるぞ?」

王「ぐぅぅ……!!」

勇者「おい。ゾンビちゃん、ゴーレムちゃん。あいつを投獄しろ」

ゴーレ娘「はい」

ゾンビ娘「了解!」

王「なんだ、貴様ら!?はなせ!!はなせぇぇ!!!」

勇者「―――これより、この国は私こと勇者が治めます!!」



677:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 22:57:02.42 ID:k9u45pUC0
―――数ヵ月後 王城

勇者「やあ、おはよう」

兵士「おはようございます!!」

勇者「ちょっと、席を外す」

兵士「はい!!」

ゾンビ娘「王様ー!!狐さんきたよー!!」

勇者「おお!!」

狐娘「よ。なんか見違えたな」

狐幼女「ど、どうも」

勇者「まさか俺の要望に応えてくれるとは」

狐娘「故郷の復興に全力を出してくれたんだ。感謝してもし足りない」

勇者「ふふ……そうか」

狐娘「で、わたしたちをそくしつにしたいって話だけど、そくしつってなんだ?」

狐幼女「……」

勇者「これからいい生活ができるってことだ」



693:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 23:02:25.73 ID:k9u45pUC0
―――1年後 王城

「お、でてきた!!」

「王様すてき……。王妃様も美しいわ」

勇者「今日は私が王になってから1年がたった記念すべき日である。―――と固い挨拶は抜きにして、パーティだ!!」

「「おおおお!!!」」

勇者「ふふふ」

雪女「よかったのか?きちんと演説はしたほうがよいぞ?」

勇者「構うものか……ん」

雪女「ん……もう……」

狐幼女「だんなさまー、お姉ちゃんがよんでるよー」

勇者「そうか……では行こうか」

雪女「何かあるのかえ?」

勇者「今日はパーティだぞ?ふふふ」

狐幼女「?」

勇者「さあ、いこう!!」



704:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 23:08:02.60 ID:k9u45pUC0
―――特別室

姫「王……今宵は逃がしませんよ……ふふ」

ゾンビ娘「私でも……満足できますかぁ?」

妖精「ちっちゃいけど……がんばるよ……私」

狐娘「熟練された妙技を見せてやろう……」

狐幼女「なにするの?」

ゴーレ娘「私たちは何もできないから隅で遊んでましょう」

雪女「ふぅ~……どうじゃ?」

勇者「うひぃぃ!?……お前の息はすばらしいな」

雪女「ふふ……ありがとう」

魔王「にゃんにゃん!!勇者はモテモテだにゃあ」

ゴーレ娘「魔王様には私が」

魔王「おお。ありがとう、キラーマジン子」

勇者「さあ、楽しもう。今日は記念すべき日だ」

雪女「そうじゃのう……寝かせはせんぞ……勇者?」



738:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 23:17:16.00 ID:k9u45pUC0
―――王城 屋上

勇者「ふぅ……もう疲れた」

雪女「ふふ……ようがんばったの」

勇者「今だけだ。衰えたらお前を満足させるだけで精一杯になる」

雪女「だめじゃ……また興奮してしまうであろう?」

勇者「そうか」

雪女「勇者よ……妾は幸せじゃ……ずっと傍にいさせてくれるかの?」

勇者「当たり前だ。俺の隣にいていいのはお前だけだ」

雪女「側室の多さは……目に余るがの」

勇者「英雄、色を好むってな」

雪女「馬鹿者が……だが、そんなおぬしが好きじゃ……あいしておるぞ……」

勇者(俺は正しかったな。戦士、僧侶、魔法使いを連れていく奴は情報弱者の極み)

勇者(情報強者は―――)

雪女「もう……どこにもいくな……♪」

勇者「とにかく美しく従順な者を選ぶのだ。そう、俺のようにな。わーっはっはっは!!」
                                                      おしまい。



742:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 23:18:34.16 ID:Vl1iHD7t0






関連記事
スポンサーサイト
・無料で女の子と出会ったったwwwwww
[ 2014年07月03日 23:02 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。